FX取引をやる上で欠かせないもの、それがFX業者です。
この存在無しにはトレード出来ません。

では、FX業者はどうやって儲けているのか考えたことがありますか?

FX業者は、我々個人トレーダーの注文を受けてくれる存在です。
しかも、日本国内の業者は

  • 手数料なし
  • 基本的には口座維持手数料なし
  • 超低スプレッド
  • 最新のニュースやセミナー
  • 高機能のトレードツール
  • スマホ用アプリ
  • 取引量による食品のプレゼント

などなど、至れり尽くせりのサービスを我々に提供してくれます。

それらのサービスは、当然コストがかかっているわけですが、FX業者もボランティアでやっているわけではありません。

ではどうやってFX業者は利益を出しているのでしょうか?

今回は国内業者に多い、相対取引方式の業者(DD、OTC)の儲けの仕組みについて解説していきたいと思います。

まず相対取引とは何?

相対取引はDD(Dealing Desk)方式、OTC(Over The Counter)方式とも呼ばれています。

DDやOTCは、FX業者とトレーダーが1対1で為替取引をすることになります。
株式取引では、証券会社が顧客と取引所とを「仲介」するだけなのに対して、相対取引ではFX業者とトレーダーが直接取引することになるのです。このような場合、FX業者はマーケットメーカーとしての役割を持ちます。

相対取引の業者は、提携している銀行やインターバンクのレートを参考にして、顧客に提示する為替レートを決めます。顧客から注文があっても、それを実際にインターバンクに流すかどうかは業者の自由です。つまり呑みをやってもいいのです。

そのため、業者によって価格レートも少し違うことがあります。
特に重要指標発表でボラティリティが大きく広がっている時は、業者間のレートの乖離も大きく、業者間アービトラージが使える時でもあります。

補足NDD取引といったタイプもある

相対取引とは別にNDD取引というものもあります。

NDDとはNon Dealing Desk の略で、インターバンクのレートをそのまま顧客に提示して、顧客の注文があれば、そのままインターバンクに流します。
呑みをやらない業者と言うのが一番わかりやすいでしょう。

日本国内でNDD取引をやっているFX業者は少ないですが、海外のFX業者ではNDDを売りにしているところが多くあります。

NDDの場合はスプレッドは狭いものの取引手数料がかかるところが多いです。
スプレッドと取引手数料を合わせると、相対業者よりも取引コストは上がります。

しかし、レートの信頼性が高く、業者のレートずらしなどの可能性が無いため、特に上級者から好まれています。

相対取引業者の利益の源

相対取引業者がどんなものかわかったら、どうやって儲けを出しているのかがわかってくると思います。

FX業者の利益の源は、5つに分けられます。

FX業者の利益の構造
  1. スプレッド
  2. スワップの金利差
  3. マリー
  4. 呑み
  5. ショック相場時の異様なレート提示&約定拒否

1と2につきましては、トレーダー側から見たところの「取引コスト」に相当します。
それぞれについて詳しく見ていくことにします。

1.スプレッド

FX業者の為替レートは、提携している銀行のレートにスプレッドを加えてトレーダーに提示しています。これが利益の源の一つです。

ただし、銀行のスプレッドも常に変動していますので、スプレッド固定の業者は毎回必ずしもスプレッドで利益がでるわけではありません。

特に最近は低スプレッド競争が激化しています。
時には銀行のスプレッドよりも狭いスプレッドで価格を提示しないといけない時もあることでしょう。

しかし、3で解説するマリーをすると、スプレッド分が丸々と利益になることもあります。

2.スワップの金利差

金利差のある通貨ペアで取引すると、スワップポイントが付きます。
しかし、FX業者のスワップポイントを見ると、同じ通貨ペアをロングした時とショートした時ではスワップポイントに違いがあります。

swap
(画像はヒロセ通商の例です)

上のように、同じ通貨ペアで同じロットで両建てしたとしても、スワップ損益はゼロとはならず、ほとんどのケースでマイナスになります。
このスワップポイントの差もFX業者の利益となります。

3.マリー

マリーとは、FX業者が顧客同士のポジションを相殺させることです。
業者によってはマッチングと呼んだりもします。

例えばFX業者の方に、ドル円のトータルの買い注文が1000万通貨あって、逆に売り注文が1200万通貨あったとします。

この時、インターバンクに1000万通貨の買い注文と1200万通貨の売り注文を同時に流す(カバーする)のは非効率です。カバーするにも手数料がかかるからです。

こんな時は売りと買いの1000万通貨を業者側で相殺して、200万通貨分だけインターバンクにカバー注文を入れるのです。

すると、1000万通貨分のスプレッドは確実に業者の利益になります。
マリーはFX業者にとっては無リスクの非常に美味しい利益の源です。

マリーをするためには多くの注文が必要です。
FX業者は多くの注文を得るために、広告宣伝、ツールの向上毎月のキャンペーンなどをやっているのです。

4.呑み

マリー取引でも書きましたが、相対業者の場合は、顧客の注文を必ずしもそのままインターバンクにカバーするかといえば、そうではありません。

実際にはFX業者にもディーラーがいて、自社のポジション具合を見ながら、タイミングを見てカバー取引をすることが多いのです。(現在は全てコンピューターで自動化している所もあります)

FX業者側には、顧客の指値、逆指値がどこに集まっているかがわかります。
ストップロス注文が多くなっているところにレートが近い場合、その値にヒットするのを待てば、顧客の損失が全部業者の利益になります。

数年前まではFX業者が意図的にレートを動かしてストップロスにヒットさせる「ストップ狩り」がよくありましたが、取り締まりが厳しくなって、現在はほとんど無いと言ってもいいでしょう。

しかしFX業者がどれだけ呑みをやっているかは詳しくはわかりません。
顧客からの注文をカバーしない分だけ、業者の利益=顧客の損失となるのは明白です。

一般的にトレーダーの8割はトータルで負けていると言われています。
・・・ということは、律儀にインターバンクに顧客の注文を入れるよりは、呑んだ方が儲かるという考えになるのでしょう。

逆に言えば、顧客の利益は業者の損失です。
儲けている人の口座が凍結されたという噂の多い業者は、カバー率が低くて呑みを多くやっている業者だと考えていいでしょう。

ショック相場時の異様なレート提示&約定拒否

FX市場には希に瞬間的に大きく値が動くことがあります。
「○○ショック」「フラッシュクラッシュ」と呼ばれたりしますね。

有名なものであればスイスフランショック、ブレグジットショック、2019年1月3日のフラッシュクラッシュなどがあります。

このようなショック相場では瞬間的に一気にレートが動きます。
そのため、インターバンク市場も大きく乱れるためスプレッドが広がります。FX業者にとってもリスクが高い状況です。

こんな時にFX業者は以下のような事を行います

ショック相場時のFX業者の対応
  • スプレッドを異様に広げる(100pips以上)
  • インターバンク市場のレートとはかけ離れたレートを提示する
  • 勝手にレート配信を中止して、顧客の注文を受け付けない(インターバンクは動いているのに)

ちょっと信じられないかもしれませんが、2015年のスイスフランショックでは多くの業者で上のような行為が見られました。

例えショックの動きで損切りに当たらなかったとしても、FX業者が異様にスプレッドを広げて、そしてインターバンクとは違ったレートを提示する事で、強制的にロスカットに合ったりするのです。

また、業界大手のD○M証券やライブ○ター証券では、勝手にレート配信を中止して顧客の注文も受け付けなくなりました。おかげで顧客は早い段階で損切りが出来ず、大きく動いてしまってから強制ロスカット&追証を求められるケースが相次ぎました。この件に関しては別の記事にしていますのご覧ください。

また、2019年1月3日のフラッシュクラッシュでは、ヒロセ通商が実質的なストップ狩りを行ったことで大きな批判が生じ、「ヒロセリスク」という言葉も生まれました。

ショック相場は業者にとっては「都合よくストップ狩りができるチャンス」でもあるのです。

 こういったことから、トレード歴が長いトレーダーほどNDDの業者でトレードします。

まとめ

相対業者には、マリーと呑みがあるというところがポイントです。
これらについて悪く言われることもありますが、ここで業者が儲かるおかげで我々に低いスプレッドや優れた取引ツール、きめ細かなサポートを提供してくれているのもまた事実です。

FX業者とトレーダーは持ちつ持たれつ・・・の関係でないと共存できませんからね。
ただ、FX業者がどんなことから利益を出しているのかは知っておいて損は無いでしょう。

メルマガやってます!

おすすめの記事