Black AI・ストラテジー FX (ブラストFX)は逆張りシグナル系ではトップレベル!【検証とレビュー】
シグナルを選別できればかなり勝てる
  1. 実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・9点/10点
  2. コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点
  3. サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点
  4. 販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点
  5. 売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

合計:26点!!(黙ってコレを買え)

当ブログでは長期間にわたってBlack AIストラテジーFXの検証を続けてきました。
その過程でどれくらいのパフォーマンスを発揮できるのかが明確に分かってきましたのでまとめます。

とりあえず、ブラストって何?と言う方は以下のページをご覧ください。
ブラストがどういったツールなのかについて詳しくまとめています。

また、これまでのブラストの検証はブラストFXの検証記事一覧をご覧ください。

Black AI・ストラテジー FXの概要

使用時間足5分足(スキャルピング~デイトレ)
推奨通貨ペアドル円、ユーロ円、ユーロドル、豪ドル円、NZドル円
内容MT4専用のシグナルツールがメイン。自動決済機能あり
販売元グローバル・ロイズ株式会社
価格42,984円(税込)

Black AI・ストラテジー FXの長所

長所
  • 優位性のある逆張り&押し目戻りに特化したツールが手に入る
  • 様々な利食い方法が使える
  • 爆発力のあるエントリーができる
  • 長期にわたって優位性が確認されている

Black AI・ストラテジー FXの短所

短所
  • セールスレターのような結果を得るのは難しい
  • 使い方次第な点はある

逆張り、押し目買い・戻り売りに特化したシグナルツール

ブラストはMT4に表示させるインジケーターツールです。
使用時間軸は5分足。
推奨通貨ペアはユーロドル、ドル円、ユーロ円、豪円、ニュージーランド円の5つです。

ブラストFXのメインはチャート上に表示される「シグナル」になります。

Black・AIストラテジーFXのチャート

このシグナルこそAIを駆使して開発されたものとのことです。

 MT4に表示させることでインジケーターに搭載されたAIが相場を学んでシグナルを出していく・・・といった類いのものではないのでご注意ください。

使用方法としては一般的なシグナルツールによくある、単にシグナルに従ってエントリー&エグジットをするという使い方ではありません。

出現するシグナルの中でも優位性の高いところに絞るために、チャート下に表示されるオシレーターである、AI・アナライズを見てシグナルを選別していく、という使い方になります。

Black・AIストラテジーFXのチャート2

エントリーポイントには多少裁量が入る

ブラストで狙うポイントは主に「トレンド逆張り」と「押し目買いと戻り売り狙い」です。
後述する私の検証方法ではエントリーポイントの約7割がトレンド逆張りでした。

ブラストのセールスレターでは裁量が入らないような記載がありますが、私が解説書やケーススタディを見た限りでは、どうもオシレターであるAIアナライズの解釈に裁量の余地があると感じます。

ですから、シグナルに従うだけで簡単!とはいきません。
ある程度検証して、勝ちやすいポイントを把握していく必要があります。
これはどんなシグナルツールでも言えることですね。

エグジットは明確!

多少曖昧さの残るエントリーとは異なり、エグジットポイントは明確です。

損切りポイントはエントリーポイントが決まった時点で分かりますので、エントリーと同時に損切りの逆指値を入れることが出来るので精神的にも楽ですし、資金管理的にもしやすいです。

また、利食いについては短期決済法と長期決済法があります。
どちらともAIアナライズを利用しますが、エントリーよりは明快です。

私が検証した限りでは、短期決済法の方が勝率は高いものの、トータルの結果としては長期決済の方がはるかに良いですので、長期決済を利用されることをおすすめします。

もし長期決済が精神的に厳しい場合は、短期決済のポイントで半分利食って、残りの半分を長期決済で利食うというやり方も良いですね。

複数の決済手段があれば、その時の相場によって、もしくはトレーダーの性格によって使い分けることが可能なのでトレードの幅は広がると思います。

約1ヶ月間の検証結果

当ブログでは、ブラストFX販売開始から約1ヶ月間、どれくらいのパフォーマンスを発揮するのか検証してきました。
その結果をまとめたいと思います。

Black AI・ストラテジーFXの検証方法について

ブラストを検証するにあたって、出来る限りマニュアルに書かれていることに忠実かつ裁量が入らないように配慮しました。

検証ルールは以下の通りです。

■検証期間
2017年5月22日~6月16日まで

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ユーロドル、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、NZドル円(全て推奨通貨ペアです)

■検証ルール
商材内の「基本ルールBOOK」に忠実に従いつつ、裁量の入らないルールにして検証しました。

基本エントリールール(逆張り)では、黄色ラインが底値圏や天井圏にあっても、水平もしくはUターンしてきてから条件を満たしていなければエントリーは見送っています。

トレンド発生時のエントリー方法については、黄色ラインがトレンド方向の底値圏か天井圏にない場合はエントリーは見送っています。

また、特典に記載してある「トレンド発生の予兆を掴み利益拡大する方法」のエントリーは裁量が入りますので、今回での検証は見送りました。

利食いはマニュアル内の「長期決済」に従い、損切りについてはマニュアル内そのままに従っています。

以上の裁量の入らないやり方を通常ルールとしました。

通常ルールの結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNAUD/JPNNZD/JPNTotal
獲得pips239.2154.0355.7151.7121.61022.3
トレード回数5043505753253
勝率(%)55.048.858.043.450.250.2

勝率はほぼ50%。
セールスレターの勝率9割とは程遠い数字ではありますが、高い損益比のトレードのおかげで、どの通貨ペアでもプラスとなりました。

特にユーロドル、ドル円、ユーロ円は相性が良く、週単位での負けも少なかったですね。

相場のボラティリティとスプレッドを考えても、とりあえずはユーロドル、ドル円、ユーロ円の3つの通貨ペアで取引することをお勧めします。

また、トレード頻度としては平均すると1通貨ペアで1日2回ほどになります。
これは私の考えた「裁量の入らない」ルールで厳密に検証したからこの数字になっただけで、曖昧なポイントもエントリーしたら更にトレード回数は増えるかと思います。

ブラストFXの強みと弱点

ブラストFXは基本的には逆張りの手法ですので下のチャートのようなメリハリのある相場では大活躍してくれます。

Black・AIストラテジーFXの得意な動き

上のチャートでは相場の波を見事に取っています。
天井で2回ショート、底からロング・・・と最強にも思えます。

 

しかし逆に、ゆっくりと上げる相場、ゆっくりと下げる相場では逆張りシグナルが頻発して、損切が連続します。

Black・AIストラテジーFXの苦手な動き

勝ちが続く分には気分が良いものですが、負けが続くと気が滅入ります。
逆張りして損切り⇒すぐにまた逆張りして損切り・・・と続けば、トータルで勝てるとわかっていたとしても、手法が信じられなくなります。

この値動きを何とかならないものかと色々と試行錯誤しました。
その結果、この値動きだけを避けるルールを思いつきました。

このルールで検証すると、前述の5月22日~6月16日までの検証結果が以下のようになりました。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNAUD/JPNNZD/JPNTotal
獲得pips220.2247.8344.6194.0170.51177.1
トレード回数4439434740213
勝率(%)52.353.860.553.341.755.3

結果としては

  • トータル獲得pipsで通常ルール比で154.8pipsのプラス。
  • トータルのトレード回数が通常ルール比で40回減少(約15%減)
  • トータルの勝率が通常ルール比で5.1%向上

という結果になりました。
ブラストの苦手な動きは頻繁に訪れるわけではありませんが、それがやってきた時に高確率で避けられるため、実際の数字以上にストレスを避けられるかと思います。

後述しますが、私の検証ルール及び回避ルールは特典として配布しています

2年近くブラストの検証を続けた感想

当ブログでは、2017年5月から2019年3月までブラストの検証を続けてきました。
⇒Black AI・ストラテジーFXの検証記事一覧へ

これほどまで長期にわたってブラストを検証したサイトは他にありません。

この間、大きく動くトレンド相場から全く動かないレンジ相場まで様々な動きがありましたが、週単位で負ける事はあったものの、月単位ではずっとプラスを継続しました。

当然ながらセールスレターにあるような勝率90%、リスクリワードが7という一種のファンタジーのような数字にはなりませんが、確かに優位性のあるツールであることに間違いはありません。

逆張り型のサインツールとしてはブラストが一番かと思います。

ブラストは勝てない?稼げない?

この手のツールの名前で検索すると「勝てない」という関連ワードが出ます。

ある程度の知名度のある商材なら「勝てない」というキーワードが必ず出てきます(笑)

ブラストはセールスレターでかなり強い煽りが入っているので、勝率9割・リスクリワードレシオ7.0を信用して購入した人であれば「勝てない!」と思うことでしょう。

また、商材内では多少は裁量が入るような言い回しがしてあるため、使用者が明確なルールを決めきれずにトレードを続けて、ルールから大きく外れてしまった結果「勝てない」と思うこともあるでしょう。

どのツールや商材でも言えることですが、使用者とツールや手法にも相性がありますので、それを使いこなせない場合は利益を出すのは難しいでしょう。

しかし、ブラストはツールとしての性能は高いのは事実です。
また、当ブログで購入者特典としてお付けしている無裁量ルールとブラストが苦手な動きを避ける方法を取り入れたら、かなり勝ちやすくなるのは間違いないと思います。

Black・AIストラテジーFXがお勧めできる人

Black AI・ストラテジー FXがオススメできる人
  • 複数の通貨ペアで沢山トレードしたい人
  • 逆張りに興味のある人
  • 利食いや損切りは自動化したい人
  • しっかりとシグナルとルールに従ってトレードできる人
  • 優位性の高いロジックでトレードをしたい人

Black AI・ストラテジーFXは、セールスレターにかなり誇張が見られる表現が使われてはいるものの、上手に使えれば勝率高めで損小利大のトレードを可能にする優秀なツールです。

トレードの初心者から中級者までの方で、シグナルを利用したトレードをしたいと思う方にはぜひオススメしたいですね。

 

⇒Black AI・ストラテジーFXの検証記事一覧へ

当ブログからブラストFXの購入者様へのプレゼント

今回の記事にも書きましたが、ブラストFXの難点は2つあります。

  1. シグナルを選別するためのAIアナライズの解釈方法が曖昧である
  2. 負けが連続してしまう苦手な値動きがある

これら2つの弱点を克服して明快な検証結果を出すために、私がAIアナライズの解釈を厳密にして裁量を排除するルールと、苦手な値動きを察知してエントリーを避けるルールを考案しました。

また、ルールについて考えている際に「鉄板」と思えるエントリーポイントも見つけました。

これらの情報は、ブラストを使う方に非常に有益になると思いますので、当ブログよりブラストを購入された方に無料でプレゼントさせていただきます。
更に詳しい情報につきましてはこちらをご覧ください。

2.販売者様より頂いた特典もあります

他にも、販売者様より頂いた特別特典もご用意しております。

  1. 勝率9割!誰よりも早く大トレンド発生に気付くプロの常識(PDF)
  2. プロトレーダーが実践しているトレンドから利益をごっそり抜く方法(PDF)
  3. 初月から付10万円を達成する魔法のライン(PDF)
  4. 実戦トレード 全通貨ペア共通!含み損0で利益を抜き取るためのコツ (動画)

 

さらにさらに当ブログオリジナル特典もプレゼント!

以上の特典に加えて、当ブログオリジナル特典も期間限定でお付けしています。
特典には特典Aと特典Bがあり、どちらかを選んでいただく形となります。

各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

 

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。
(特典Aと特典Bのどちらを選ばれてもブラストFXの専用特典は入手できます。)

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事