【注意】墨家プロジェクトには気をつけろ!【詐欺】

先日、とある自動売買システムを購入した方から、悲痛のメールを貰いました。

その内容は、酷いシステムを購入して損失を出したので検証してほしいというもの。
現在返金を求めているそうなのですが、簡単に返金してはくれない雰囲気だというのです。

一体どんなモノか聞いてみると、「墨家プロジェクト」というものでした。

sumi

この墨家プロジェクトは、日本一スローライフを楽しむ男の永久収入ノウハウを完全無料で手に入れる!という無料オファーの後に出てくる商材のようです。

この商材は自動売買システム(EA)で、単に稼働させるだけで、とんでもないパフォーマンスを叩出すそうなのです!

値段は約20万円。ここに書かれていることが本当ならば安いものですが・・・。

詐欺的なセールスレター

さて、この墨家プロジェクトですが、セールスレターが異様に長いです。
何が書いてあるかを箇条書きにしてまとめました。

EAの特徴

・月収50万円以上の収入を確実にする。
・24時間完全にほったらかしでOK
・ジョン・ヒルの認められた手法を「墨攻」という自動売買のシステムに!
・自動売買システム「墨攻」は10億円以上の収入を達成
・100人中100人が稼げる完全自動売買システム
・全額返金までつけているので参加者は完全にノーリスク

主張
・佐藤氏以外の商材販売者の殆どが嘘つき
・他の商材販売者は「証拠」を出さない詐欺師ばかりである
・人を騙す人が許せない
・稼げない教材やツールは「モニター・実践者の声」がほとんどない
・リスクコントロールが大事

 

煽りまくりのセールスレターです。
まずはジョン・ヒルがどんなところを認めたのか具体的に書いてほしいですね。

そしてEAで確実に勝てることを明言しているのにも関わらず、どんなロジックかほのめかすことすらありません。
色々な形容詞を付けて「誰でも勝てる」ことをアピールしているだけです。

また、特筆することが無いために、他の商材をけなせるだけ貶して、 相対的に自分の商材が優れているように思わせるような書き方がされています。

これを読んだだけで「怪しい」と思わなくてはいけません。

レター中に「他の販売者は証拠を出さない」と言いながら、10億円稼いだ証拠を出していませんし、ジョン・ヒルが認めた証拠もありません。
掲載されているのはEAのバックテストのデータだけです。

確実に勝てるんでしょ?何で特定商取引法に基づく表示で弱気になるんだ?

確実に勝てることをアピールしまくっているセールスレターですが、特定商取引法に基づく表示では変なことを書いています。

sumiie3

まず上部分の注意書きですね。「確実に」という単語を幾度となく出したのに、利益や効果を保証するものではないそうです。ずいぶんと弱気です。

次に返金規定です。後半部分が面白いです。

条件としてある、1ヶ月以内にドル円において500PIPS以上の変動というのはハッキリ言ってほとんど起きません!大体起きた場合は10年に1度の『大災害』と言われるほど起きる確率は極めて低いです。その『大災害』に関しては相場は生き物ですので、私もハッキリ言ってどうすることもできませんが、そんな事故はほとんど起きませんのでご安心ください。

い、いやぁ、1ヶ月以内にドル円において500pips以上の変動は10年に1度・・・ですか?
本当にそうかなと思ってドル円の週足チャートを見ることにしましょう。

chart

チャート真ん中下の黄色い線の長さが500pipsに相当します。
私の目には週単位での500pipsの変動すらもここ数年で幾度となくあるように見えて仕方がないのですが・・・。

ハッキリ言ってどうすることも出来ないようなこと」がこんなに頻繁にあったら安心できないですよ。

インフォトップやインフォカートでの販売ではない

販売ページから購入ページへのリンクをクリックすると、インフォトップやインフォカートの販売ページではなく、独自の決済ページに飛んでいきます。

ali

インフォトップ等の業者に販売を委託すると、中身が本物かどうか、
セールスレターが過度に誇張されすぎていないかの「審査」があります。

この審査に通った商材だけが販売を許可されるのですが、墨家プロジェクトのように独自の決済ページで購入させるということは、何の審査すら受けていない、やりたい放題、嘘つき放題の商材、と考えることもできるのです。

DLマーケットで販売されている、PDF数ページしかないのに数万円する商材と同じようなものです。

検証する価値もない商材

以上の事から、墨家プロジェクトは勝てる可能性は非常に低いシステムだと考えられます。
楽に儲けたい人を煽りに煽って20万円近くのシステムを購入させ、後はトンズラ・・・。

私にはそういったシナリオが見えてきます。
世の中にはこういった商材もありますので、ご注意ください。

 現実問題としてトンズラしてしまって、現在は販売元のリンクも消えています。
メルマガやってます!

おすすめの記事