ピンバーを認識するMT4インジケーターまとめ

今回の記事では、ピンバーを認識するMT4用のインジケーターについてまとめます。

ピンバーはもっとも有名なローソク足のプライスアクションパターンで、たった1本の足で構成されるパターンなのに効果高く、特徴的な形態をしていることもあって、世界中のトレーダーから支持されています。

ピンバーはシンプルな足なので比較的簡単にインジケーターは作れます。
しかし、ピンバーについての厳密な定義付けは無く、インジケーターによって認識する足は全く違ってくるのが特徴です。

ここでは、一般的なピンバーを認識するインジから、ヒゲの長さや実体の割合等を指定できるものまで幅広くご紹介していきます。

pin-bar

最もシンプルなピンバー認識インジです。
実体が小さく、上ヒゲや下ヒゲの長い足が出現した所でサインを出し、アラートが鳴ります。

サインは陰線陽線関わらず下ヒゲが長ければロングサイン、上ヒゲが長ければショートサインとなります。

今回ご紹介するインジの中ではピンバーについての条件が一番緩く、多くのピンバーを認識しますが、設定でピンバーの条件等を変更することはできません。

pinbar-detector


ピンバーが出ると😊マークの出るインジです。

ちょっと可愛らしいサインと裏腹に、このインジでは様々な条件でピンバーを認識することができます。

例えば、実体の比率やヒゲの比率などを細かく指定できますので、「自分の定義した足だけをピンバーとして表示したい」と思う方にオススメです。

PinBarAlert v1

PinBarAlertも自分の条件付けしたピンバーを認識できるインジです。

ローソク足の実体が足全体のどれくらい上方にあればピンバーとみなすか、ヒゲが全体の何割を占めれば良いか、と言ったことを指定できます。

設定次第では「カラカサ」や「トンカチ」だけを認識することもできます。

厳選したピンバーを表示したい方にオススメです。

pin

こちらも設定で条件を絞って厳選したピンバーを表示できるインジです。

ローソク足の値幅に対する実体の割合を指定したり、足の値幅の指定(デフォルトでは20pips以上、100pips以下)ができます。

また、周囲の足の中で最高値や最安値にあるピンバーのみをサイン表示する機能も付いています。

mikko_pinbar

上位足がピンバーとなっている個所をレクタングルで囲むインジです。

どの時間足のピンバーを反映するかの指定は可能ですので、上位足のピンバー出現後の動きを狙いたい方や、マルチタイムでピンバーを利用したトレード手法を検証したい方に便利だと思います。

ただし、ピンバーの条件についての変更はできません。

strict pinbar

私の自作したインジです。
strict pinbarは、私が検証やネット等で得た情報を反映させ、ヒゲと実体の比率、実体の位置などの厳しい条件をクリアした本当の「ピンバー」にのみサインが出るようにしています。

ボラティリティフィルターを搭載しており、その時のボラティリティの中で大きなヒゲを伴った足のみをピンバーとしています。

その結果としてサインの頻度はかなり少なくなりましたが、その分だけ信頼性の高いサインが出ます。

Synthesized_Pinbar

2本のローソク足で構成される「合成ピンバー(隠れピンバー)」を認識する自作インジです。

具体的には以下のような足が合成ピンバーとなります。

比較的緩めの条件にしてあるため、サインの頻度は多いですが、サポレジライン等で出現すると優位性が高まります。

Synthesized_Pin_new

Synthesized_Pinbarの条件をより厳しくしたインジです。

Strict pinbarと同じようにヒゲの部分が十分に長くないとサインが出ないようになっていますので、ダマシを格段に減らすことできます。

その分だけサインの頻度は下がりますが、ピンポイントでエントリーしたい際に便利です。

タイプ別情報商材ランキング
トレードの神髄をメルマガでこっそりお伝えします

現在3500人以上が購読中!

購読特典として将来の価格の値動きを予測するツールウォルフ波動の詳細な解説とウォルフ波動を認識する本当に使えるインジケーターをプレゼントします。このメルマガで、あなたが「勝ち組」に変わります。

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事