ローソク足のパターンの「包み線」を詳しく解説します(インジもあるよ)

ローソク足のパターンには様々なものがあります。
その中でも、シンプルかつ強力なのが包み線(包み足)です。

今回は包み線について詳しく考察していきたいと思います。
この記事を読めば、包み線を意識することでトレードの精度が上げられることが分かるはずです。

包み線とは?

包み線の定義

包み線とはローソク足2本から構成されるシンプルなパターンです。
具体的には下のようなローソク足の組み合わせとなります。

1本目の足の高値と安値を、次の足がすっぽりと包み込むパターンが包み線になります。
この際、包み込む足が陽線であれば「陽の包み線」、逆に包み込む足が陰線であれば「陰の包み線」と呼びます。

包み線の傾向

包み線が出現した場合、今後の相場について以下のようなことを示唆します。

包み線の示唆
  • 陽の包み線であればその後は上げやすい
  • 陰の包み線であればその後は下げやすい

特に相場が反発しやすいポイントで出現する包み線のパターンは効果が高く、一種の転換や反転を捉えるためのシグナルとして利用されます。

下のチャートは、高値圏と底値圏で包み線が出現し、そのままトレンドが反転した一例です。

下向きの矢印が陰の包み線、上向きの矢印が陽の包み線になります。

包み線を深掘りする

包み線は相場の転換を示すパターンとなりますが、なぜ転換点となりやすいのでしょうか?

それについては、包み線をバーチャートで示すとよくわかります。

陽の包み線

まずは陽の包み線のバーチャートからご覧ください。

1本目は陰線で下落します。
そして2本目では1本目の安値を更新するも、ブレイクとはならずに上昇(ダマシに終わる)。
更には1本目の高値をブレイクすることになります。

言ってみれば、下へのブレイクがダマシとなり、ダブルボトムを形成して上方向にブレイクした形になります。

ダマシの逆方向のブレイクは真のブレイクであることが多いため、包み線は効果が高いのです。

この流れについては包み線の中を小さな時間足で示すとわかりやすいです。

下のチャートは15分足ですが、その上に4時間足のローソク足(赤色と水色の足)を重ねて表示させています。黄色く囲った個所は4時間足レベルでの包み線を示しています。

これを見ると、確かにダブルボトムから大きく反発していることが分かりますね。

陰の包み線

次は逆に陰の包み線のバーチャートです。

考え方は陽の包み線と全く同じです。

1本目では陽線が出現し、次の足では1本目の高値をブレイクするもダマシとなり、今度は逆に安値をブレイクする動きです。

こちらの方ではダブルトップを形成してから下方向にブレイクした形ですね。

4時間足で形成される包み線とその中の15分足の動きについて見てみましょう。

ダブルトップを作って(このケースでは長い上ヒゲですが)下げて来ていることが分かります。

包み線が効く時、効かない時

包み線は相場の転換を示すパターンですが、その効果を発揮する相場と発揮できない相場があります。

ではどこで効いて、どこで効かないのでしょうか?

包み線が効く相場

まず、効果を発揮しやすい相場は、チャートの上下の波が分かりやすく、しっかりとメリハリのある動きになります。

下のチャートがその一例で、包み線が出た方向にしっかりと動いていることが分かります。

使用しているインジケーターは以下の自作インジです。

包み線が効かない相場

包み線が効かない相場は、レンジ相場です。

これはどのローソク足パターンにも共通することですが、ヨコヨコの保合い相場では効果が薄くなり、ダマシとなることが多いです。

下のチャートがダマシの一例です。

値動きの性質上、保合い相場では包み線やはらみ線などが出やすいです。
しかし、これらはダマシの温床となることが多いため、注意しましょう。

使う時間足は大きいほうが良い

基本的にローソク足のパターンは日足の動きから発見されています。

そのため、包み線に関わらずローソク足のパターンは時間足が大きいほど効果が高まります。

逆に言えば1分足や5分足程度ではそれほど参考にならず、ダマシも頻発します。
そのため小さな時間足での使用は個人的には推奨しません。

包み線の使いドコロ

包み線の使い所としては、エントリーとエグジットの2点が考えられます。

エントリーの場合は、「サポレジとなるポイントから包み線を伴って反発してきたらエントリー」というものが基本です。

上のチャートのようにレジスタンスをブレイクしたように見せて、結果的には陰の包み足(しかも実体が大きい)が出現すると、その後大きく下げることが多いです。

包み線は2本のローソク足の組み合わせですから、それほど大きなインパクトを相場に与えることはできません。しかし他の指標等と組み合わせることで、ピンポイントのエントリートリガーとして使えるのです。

また、利食いについてはある程度含み益が出たところで包み線が出現したら利食うというルールを取り入れることで、含み益を必要以上に減らすことなく良いポイントで利食いをすることができます。

包み線を認識するインジケーター

包み線は2本のローソク足から成る非常にシンプルなパターンですので、人間の目で認識することも簡単ですが、インジケーターを使った方が楽ですし確実です。

そこで包み線を認識するインジケーターをご紹介していきます。

Inside OutBar_mtf

名前の通りインサイドバー(はらみ線)とアウトサイドバー(包み線)の両方を認識するインジです。

デフォルト設定でははらみ線と包み線の両方を表示ますが、設定で上のチャートのように包み線だけを表示させることも可能です。

また、マルチタイムにも対応していますので、上位足が包み線になっている個所を確認することもできます。

Tsutsumi

自作インジです。

包み線の中でも「陽の包み線なら前の陰線の高値を終値で超える」、「陰の包み線なら前の陽線の安値を終値で割る」という条件を満たした時のみサインが出るようにしています。

前出のInsideOutbarは、ヒゲレベルで前の足の高値や安値を抜けたものも包み線として認識するのですが、それは包み線としての優位性はありません。

そこでしっかりと終値レベルで包んでいる包み線を認識するためにこのインジを作りました。

Outsidebars

自作インジです。
前出のTsutsumiで認識する包み線の中でも、包む側の足の実体が大きいものだけを認識します。

包む側の足が、ひときわ目立つ大陽線や大陰線の場合、包み線としての効果は倍増します。

包み線を更に厳選するためのシグナルインジです。

Outsidebars_MA

Outsidebarsとグランビルの法則を組み合わせたインジです。
移動平均線にタッチした足が、目立って大きな包み線となった場合にサインが出ます。

MAからの反発が包み線ということで、必然的にサインの頻度は少なくなりますが、その分だけ精度が高く、エントリーシグナルとして利用することが可能です。

OutsidebarsBB

Outsidebarsとボリバンを組み合わせたインジです。

ボリバンの±2σから反発してきた足が、目立って大きな包み線となった場合にサインが出ます。
こちらの方もサインの頻度は少ないですが、ピンポイントで天井や底を当てるポテンシャルを秘めています。

包み線はシンプルで奥が深い

今回は包み線についてまとめました。

私自身、ローソク足のパターンの中では包み線を一番意識していますし、トレードの参考にしています。

必ず勝てるというわけではありませんが、相場の転換時には包み線がよく出現するのは紛れもない事実です。

様々なトレード手法との親和性も高いですから、ぜひ取り入れてみてください。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事