ネオ・スキャルピングFX【評価とレビュー】
ブレイクアウトを狙う1分足スキャルピング手法
  1. 実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・7点/10点
  2. コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点
  3. サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点
  4. 販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点
  5. 売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

合計:22点!!(コレは良い!)

ドラゴン・ストラテジーFXやプロトリFXなどシグナルツールの商材を多く販売することでで知られる、グローバル・ロイズ社より新商材のネオ・スキャルピングFXが販売されました。

新商材は、シグナル系にしては珍しい1分足のみを利用するツールで、主に相場のブレイクアウトを狙っていくロジックになっています。

考案者は倉本知明氏という書道家さん。
これもまた珍しい経歴ですね。

少し異色の商材ですが、どのようなツールなのか、そして優位性があるのかについて検証したいと思います。

ネオ・スキャルピングFXの概要

使用時間足1分足
推奨通貨ペアユーロドル、ポンドドル、ポンド円、ユーロポンド、ドルスイス、ドルカナダ、オージードル、ドル円
内容ブレイクアウトを狙うスキャルピングツール
販売元グローバル・ロイズ株式会社
価格53,784円

ネオ・スキャルピングFXの長所

長所
  • 数少ない1分足専用のトレードツール
  • 完全無裁量から半裁量取引まで使える
  • トレード回数が多く、対応通貨ペアも多い
  • ロジックがある程度公開してある
  • 日本時間の夕方~深夜にかけて良いチャンスが発生しやすい

ネオ・スキャルピングFXの短所

短所
  • チャンスが多い分、エントリーを厳選する必要がある
  • 1分足トレードなので、チャートに張り付く必要がある
  • スキャルピングなので向き不向きがある

倉本知明氏とは?

ネオ・スキャルピングFXの考案者である倉本知明氏は元々は書道家で、書道の動きを相場に応用させて手法を完成させたそうです。

このようなアーティスティックな感性は、プロトリFXの考案者であるコウスケ氏と考えが似ていますね。

そして、「倉本知明」と検索すると、彼のツイッターアカウントがあり、それを見るとプロトリFXのコウスケ氏と一緒の写真が掲載してあります。

更に詳しく調べると、倉本氏はコウスケが運営していると考えられる「OvalPrimeFX」(オーバル・プライム株式会社)に所属するトレーダーであることが分かりました。

オーバル・プライム株式会社は、自社でもインジケーターやノウハウ、EAなどを販売しています。
そのほかにもグローバル・ロイズ社とも提携しており、コウスケ氏のプロトリFXやネオ・スキャルピングFXは、ロイズ社の販売網を利用して商材を出したものと考えられます。

  オーバル・プライム社は、少し異色のトレーダーが所属しているようです。

ネオ・スキャルピングFXの中身について

ネオ・スキャルピングFXを購入すると、下のような購入者サイトにログインできるようになります。

このサイト内で、必要なインジケーターをダウンロードしたり、動画解説やPDFを閲覧して手法を学んで行くことになります。

動画解説では、倉本氏が解説しており、それをPDFにまとめたファイルもダウンロードできますので、ルールを見返すときに便利です。

また、動画解説のページには、他の購入者の質問コメントとそれに対する回答が掲載されています。

寄せられた質問に対して、倉本氏が真摯に対応しておられます。
ツールを使用してトレードをする上で重要だと思われるテクニックも書かれていますので、購入された方はぜひ読んでみられることをオススメします。

また、遠隔サポートとしてネオスキャFXの導入代行も無料で行っています。
インストーラーが付いていますので、MT4へのインジケーターのインストールはクリック一つで可能ですが、初心者で自信の無い方には良いサービスだと思います。

ネオ・スキャルピングFXで使用するチャート

ネオ・スキャルピングFXで使用するチャートは以下のようになります。

基本的には、サインが出現して利食いポイントが表示されるシグナルツールです。
そのほかにも様々な使い方が解説してあります。

各ツールについてご紹介していきます。

トレンドメーター

トレンドメーターは、チャート右上に表示される情報表示型のインジケーターです。

以下のような情報が表示されます。

トレンドメーターの表示内容
  • 現在のトレンド方向を色で表示
  • 表示させている通貨ペア名と時間足
  • 現在のスプレッド
  • 現在の足が確定するまでの残り時間
  • 推奨通貨ペア(クリックするとその通貨ペアを表示)

 

この手のインジケーターはグローバル・ロイズ社のツールの中によく組み込まれている「定番」ですが、ネオ・スキャルFX版は更に進化しており、表示されている通貨ペア名をクリックすると、その通貨ペアにパッと切り替わります。

これはかなり便利です。

シグナル部分

ネオ・スキャルピングFXでは、エントリーシグナル追撃シグナルの2種類のサインが表示されます。

エントリーシグナル

メインとなるのが大きな矢印のエントリーシグナルです。

基本なルールで使用し、決済ポイントもしっかりと示されるので完全無裁量のトレードが可能です。初心者の方は、まずはこのエントリーシグナルを使ったトレードから始めていくべきでしょう。

ロジック自体はシンプルで、サインが点灯する前から「どの辺りでサインが出るか?」が分かるので便利です。

エントリーシグナルの利食いポイントは×のサインで行います。

 エントリーシグナルは、レンジからのブレイクアウトしたところで点灯します

 

追撃シグナル

もう一つ表示されている小さな矢印が追撃シグナルです。

応用的なエントリールールで使用し、増し玉時や新たなエントリーチャンス時のサインとして利用します。

ローソク足の上下に表示されているパラボリックのような橙色と緑色の横続きのドットはトレンドステップというインジです。現在のトレンド方向を示します。このインジは、追撃シグナルのフィルタリングとしても利用します。

追撃シグナルの利食いは、×のサインか✔のサインで行います。

 追撃シグナルは、1分足の押し目や戻りのポイントで点灯します。

 

グリーンバンド&レッドライン

グリーンバンドとレッドラインは大きな時間足の流れを示すインジです。
これらは、応用ルールでエントリーする際の高勝率なポイント見極めや、利食いの判断や応用的な損切りなどに利用します。

  グリーンバンドやレッドバンドは、基本ルールでは陰が薄い存在ですが、裁量を加える応用編ではなくてはならない存在になります。

ネオ・スキャルピングFXのルール

ネオ・スキャルピングFXでは、大きく分けて基本ルールと応用ルールに分かれています。

基本ルールはエントリーチャンスが少なめですが、完全無裁量でトレードを行うことが可能です。

一方で応用ルールでは追撃シグナルも利用するためエントリーチャンスが増大し、さらに裁量を加えることで効果的なエントリーや利食い・損切りを行っていきます。

基本ルール

基本ルールは非常にシンプルで、エントリーサインが出現したら、その方向にエントリーして、決済シグナルが出るのを待つだけです。

サインが出ていなくても、現状は「買い待ち」なのか「売り待ち」なのかも分かります。

損切りポイントも事前に分かっていますので、損切りの逆指値を入れられるのも精神的に良いですね。

リアルタイムの動きをGIF動画にしましたのでご覧ください。

レンジの部分が灰色で表示され、それを抜けて来たところでサインが出ます。
さらにブレイクが続くと再びエントリーサインが出ます。

このため、大きく動く相場ほど沢山取れるルールになっています。
逆にレンジ幅を抜けない場合は、エントリーチャンスがありません。

 エントリーシグナルが出る根拠については、この手のツールにしては珍しく公開してあります。また、損切り・利食いポイントも事前に分かっているためOCO注文も入れられます。

応用ルール

応用ルールでは、基本ルールに加えて追撃シグナルを利用してトレードしていきます。

使い方としては、トレンドステップをフィルタリングとして利用して、追撃シグナルが出たところでエントリー、基本ルールのエグジットポイントである×マークや追撃シグナル用のエグジットポイントの✔で利食いします。

トレード例をご覧ください。

上記の応用ルールであれば、ほぼ無裁量でトレード可能です。

ここから更に応用的な使い方として、

更に応用的な使い方
  • グリーンバンドやレッドラインを利用して角度の高いエントリーポイント
  • 早めに利食いしておくポイント
  • 早めに損切りしておくポイント

など解説があります。
これらの判断については裁量が必要ですが、使いこなすことができれば、その時の相場に合ったトレードができるようになります。この辺については、実際に利用して慣れてきたら実践に移すと良いでしょう。

もちろん、シグナルだけでトレードしたい方は、基本ルールのみ、または無裁量の追撃エントリーだけでも優位性は得られます。

大きな動きが出やすい時間帯や曜日

ネオ・スキャルピングFXは大きく二つのエントリーポイントがあります。

ネオ・スキャルピングFXで狙うポイント
  • 基本エントリー:レンジからのブレイク
  • 追撃エントリー:レンジブレイク後の1分足レベルの押し目や戻り

どちらにしても、まずはレンジからのブレイクが発生しなければチャンスはありません。
また、レンジをブレイクしても、その勢いが続かなくては損切りになってしまいます。

つまり、ネオ・スキャルピングFXでは相場に動き出そうな時間帯や曜日を厳選することで更に勝率を高めることが可能です。

例えば、欧州勢が入ってくる16時~18時、NY勢が入ってくる21時~22時過ぎの時間帯は大きな動きとなりやすいですし、曜日で言えば、水曜日や木曜日は目立った動きをしやすい傾向にあります。

実際の例

下のチャートは8月15日木曜日ポンドドルのチャートです。
(クリックで拡大できます)

16時過ぎから相場が上昇を始め、基本エントリーや追撃エントリーのシグナルを何度も出しながら上げ続けました。

(結果的にはこの日はロンドン時間開始からニューヨーク時間過ぎまで上げ続けましたが、16時~18時頃までのシグナルは特に信憑性が高いです)

 

同じく8月15日木曜日のユーロドルのチャートです。
(クリックで拡大できます。)

ユーロドルでは、16時から18時までの間はチャンスはありませんでした。
しかし、19時を過ぎてエントリーサインが点灯。残念ながら損切りでした。
(19時~21時前くらいはレンジになることが多いです)

その後、ニューヨーク勢の入ってくる21時を過ぎると逆にショートサインが出現し、そのまま大きく下落していきました。

このように、動くやすい曜日や時間帯を狙ってトレードしていく事で、より効率の良いトレードができるようになります。

ネオ・スキャルピングFXの勝率は?どれくらいの優位性があるの?

ネオ・スキャルピングFXのセールスレターでは、勝率7割以上と書かれてはいるものの、現実的には6割程度かと思います。

もちろん裁量を駆使して効率を高めれば勝率は上げられると思いますが、シグナルだけの無裁量ではそこまで高勝率は望めません。

しかし、エントリーポイントについては、しっかりとした根拠から組み立てられたロジックで優位性はありますので、続けていけばトータルでは勝てます。特に前項で解説した時間帯に絞ってトレードするだけでもかなり効率の良いトレードができるようになるかと思います。

ネオ・スキャルピングFXがお勧めできる人

ネオ・スキャルピングFXがオススメできる人
  • 1分足専用のスキャルピングツールが欲しい人
  • 多くのトレードチャンスを求める人
  • ロンドン時間~ニューヨーク時間にトレードができる人
  • 長くポジションを持つのが苦手な人
  • サインに従ってトレードしたい人
  • サインだけでなく裁量も加味してトレードしたい人

1分足専用のスキャルピングツールということで、人を選ぶかとは思います。

しかし、総合してみれば優位性のあるロジックで、ツール全体としてもかなり完成度の高い仕上がりになっています。

少々値段は高いですが、シグナルだけでスキャルピングしたい人や、裁量も加えてステップアップしていきたい人には良い商材になると思います。

このブログからの購入者特典!

ネオ・スキャルピング専用特典

ネオ・スキャルピングFX専用特典
  1. 逆行をチャンスに変える方法(PDF)
  2. トレンドの起点を見極める方法(PDF)
  3. ダブルトップの認識を活用したエントリー(PDF)
  4. 倉本知明流・待つべき決済(動画)

通常特典もあります

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で商材のご購入をお願いします。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事