エキスパート・MI・ストラテジーFX(エキストFX)の検証【2020年1月分完了】

エキストFXの2020年1月分の検証結果です。

検証ルール

■検証通貨ペア
ユーロ円、ポンド円

■検証時間帯
日本時間16時~19時、21時~24時

■エントリールール
エキストFXのシグナルに従うルールに加えて、上位足に動きがないときは避けるルールを追加する。

上位足の動きの有無は、とあるインジケーターで無裁量で判断する。
また、追撃のポジションは取らない。

 エントリーフィルターに関するルールとツールについては、当ブログからの特典としてプレゼントしています。

■エグジットルール
損切りはマニュアル通りに行う。
利食いはMI Judgeと決済シグナルを参考にしてできる限り伸ばす。(無裁量)

1月3日~10日の検証結果

新年早々イラク問題で市場が大きく荒れて一時はリスクオフムードになりましたが、次第にリスクオンに向かいドル円やクロス円は上昇しています。

やはり年明けは相場がよく動きましたが、エキストFXはどのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips41.5pips79.6pips121.1pips
トレード回数424890
勝率(%)45.2%45.8%45.5%

トータルではプラスでしたが、少し勝率が低めの結果となりました。
要因としては動くときは大きく動くものの、それ以外は動きが今ひとつだったことが挙げられます。

特に今回の検証ルールでは少しポジション保有を長めにしているため、トレンドを大きく取れた事もあれば、逆にある程度含み益が出たのに損切りで終わったトレードも多くありました。

一応この損小利大型の検証ルールでやっているので仕方がありませんが、高勝率を求めるのであれば、エキスト内で解説してある早めの決済方法を採用されると良いかと思います。

1月13日~17日の検証結果

1月3週目は引き続き株高・円安の流れが続きました。

そのため、ドル円は上昇しましたが、本検証通貨ペアであるユーロ円やポンド円は今ひとつボラティリティも少なく、日によっては上げて下げて・・・といった分かりにくい動きをする事も多々ありました。

その中でどのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips37.5pips20.4pips57.9pips
トレード回数364581
勝率(%)55.5%53.3%54.3%

トータルではプラスでしたが、これまでのエキストの検証の中では一番苦戦したかなと感じます。

その理由はやはり値動きの悪さ。
一日の動きが悪くなると、やはりスキャルピングでも取れる値幅が小さくなりますし、本検証のように利大を目指すルールでは、含み益が出た状態から一気に損切りになってしまうトレードも多々ありました。

この点についてはどういったエグジットルールを採用するかで結果は違ってくるとは思いますが、いずれにしても今週のような低ボラな動きは、やはりエキストも辛いということは分かりました。

これについてはどんな手法でも同じですね。

1月20日~24日の検証結果

1月4週目は、週前半は目立った動きはありませんでしたが、中盤から中国発のコロナウィルスによる世界経済リスクが意識されてリスクオフの動きとなり、円高の動きとなりました。

そのため、週後半からは大きな動きとなりましたが、エキストはどのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips112.6pips66.5pips179.1pips
トレード回数284472
勝率(%)53.6%52.3%52.8%

ユーロ円がかなり好調でした。
その要因としては、検証ルールに入れているエントリーフィルターがかなり有効に機能したことにあります。

エントリーフィルターは、相場の動きが悪い状態を察知してエントリーを避けるために利用しています。ユーロ円は月曜日や火曜日は動きが悪く、ダマシシグナルも多かったのですが、エントリーフィルターのおかげで無駄なトレードを避けられました。

そして木曜日、金曜日の大きな動きの時に効率よく取る事ができましたので、良い結果となりました。

1月27日~31日の検証結果

1月最終週のユーロ円とポンド円は目立った下窓からスタートしました。

しかし、その後は目立って大きな動きはなくユーロ円はレンジ、ポンド円は少し下げてから反発上昇という流れでした。

エキストにとっては得意ではない動きでしたが、どのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips23.3pips50.1pips73.4pips
トレード回数233255
勝率(%)43.5%46.9%45.5%

トータルではプラスでしたが、勝率が低めです。
また、トレード回数も少なめですが、この理由は独自ルールのエントリーフィルターによってエントリーを見送った箇所が結構多かったからです。

サイン全部に従っていたら、もっと厳しい結果になっていたと思います。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事