「システムでは勝ち続けることはできない!だから裁量トレードだ!」

裁量トレードで取引している人はこう考えているでしょう。

「日々変化する相場に対応するためには、システム的に取引するよりも、自分自身でその時の相場を見て判断する方が効率よく勝てる」

そう考えるから裁量を入れて取引するのです。

しかし、裁量を入れると一言で言っても、様々なポイントで「裁量」が必要になるのは言うまでもありません。
トレードは多くの判断で成り立つからです。

では、どういった具合で裁量を入れるのか?
トレードでは3つの状態があると私は考えています。

1.静観
2.エントリー待ち
3.ポジション保有中

この3つの状態において、適切な「裁量」の使い方があります。
以下に私の考えをまとめてみました。

1.静観

静観の状態は、「自分の手法でエントリーできる状態にはまだ遠い」と判断できるチャートの状態にある時です。

例えば、押し目買いや戻り売りを狙う手法を使っている場合、レンジ相場の時は「静観」するに限りますね。

sairyo01
(チャートはMT4裁量トレード練習君プレミアムで過去チャートを動かしています)

こんな状態の時は、エントリーのことばかりを考えるのではなく、相場の状況・背景について調べておく必要があります。

上位時間軸の流れ、サポート・レジスタンスを見て、どこが注目されそうなのかを把握し、それに合わせて執行時間軸を見て、これからどう動いてきたらエントリーになるのかを頭の中で描いていくのです。

静観と共にチャートは動きます。
相場の動きが自分の当初の考えと違えば、その都度考えを修正していきます。

また、時期によってボラティリティが小さすぎてトレードしにくい時があります。
こんな時は「今日はトレードできる状態ではない」と判断してトレードを休むと選択するのも裁量です。

2.エントリー待ち

エントリー待ちとは、静観の状態から相場が進んで、自分の手法におけるエントリーポイントがすぐに近づいて来ている状態のことです。

押し目買いを狙っている場合は、レンジから上昇トレンドが発生し、押しが入ってきている状態となります。

sairyo02
(チャートはMT4裁量トレード練習君プレミアムで過去チャートを動かしています)

この状態からエントリー条件を満たしてきたらエントリーするわけですが、もし、静観の時から気になっていたサポレジがあって気になったり、トレードのリスクリワードレシオが宜しくない・・・と感じた時は、エントリーを見送ったり、少し監視を続けてから入るのも「裁量」で可能です。

ポジション保有中

トレード条件を満たしてエントリーしたら、「ポジション保有中」の状態になります。
この状態が一番精神的に大きくフラつき易い時ですから注意ですね。

私個人としては、エントリー後は利確と損切の両方の注文を入れておけるOCO注文を入れて、出来るだけ「裁量」を入れないのが好きです。

それでも、思っていた以上に決済に時間がかかったり、重要指標発表が近くなってきた場合には「裁量」で決済することもあります。

自分の裁量の幅を明確にしておこう

以上が私の考えにおける裁量の使い方でした。

裁量とは便利な言葉です。
しかし、下手に使おうとすると、単に思うがままのトレードになります。
好き勝手に判断せずに、自分がどこで裁量権を行使しているのかじっくりと考えるといいでしょう。

メルマガやってます!

おすすめの記事