マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”の評価とレビュー
金融工学を取り入れたトレード手法
  1. 実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・8点/10点
  2. コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点
  3. サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点
  4. 販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点
  5. 売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

合計:26点!!(黙ってコレを買え)

今回は「マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”」という商材をレビューします。

手法の考案者はタイトルにもあるように奥村尚氏
かなり凄い経歴を持った金融工学やAIのエキスパートで、現役のヘッジファンドマネージャーでもあります。

そんな奥村氏の考案したトワイライトゾーンでは、トレード方法自体はシンプルながらも、その裏にはマーケットの性質を十分に生かしたロジックが使われています。

「勝率98%」「誰でも簡単に億が目指せます!」といった誇大な文言に辟易としている方は是非ご覧ください。

トワイライトゾーンの概要

使用時間足どれでも可能(15分足を推奨)
推奨通貨ペアどれでも可能
内容金融工学の知識を利用したツール&手法解説
販売元トリオアセットマネジメント株式会社
価格43,780円

トワイライトゾーンの長所

長所
  • トレード手法がシンプルで明解
  • 金融工学を利用した優位性のあるポイントで仕掛けられる
  • 利食いや損切りポイントが明解
  • 時間決済のルールも取り入れられている
  • 金融工学についても学べる
  • 勝率が高い

トワイライトゾーンの短所

短所
  • もう少しトレード例が欲しい
  • リスクリワードは普通

トワイライトゾーンの講師:奥村尚氏とは

セールスレター内の動画によると、奥村氏は、現在はアメリカの大手ヘッジファンドの運用責任を務めており、他にも自身のヘッジファンドも持っているそうです。

経歴としては大学院修了後に日興証券に入社。
ノーベル賞を受賞したウィリアム・シャープ氏との共同研究をはじめとして様々な数理モデルの開発に携わり、退社後も人工知能を含むITの知識とフィンテックの分野のエキスパート、そしてファンドマネージャーとして30年以上も活動されています。

現在関わっているヘッジファンドについては守秘義務等で詳細は明かすことはできないそうですが、かなり凄い経歴の持ち主であることが分かりますね。

本商材のタイトルにもある「マーケットの魔術師 奥村尚」の根拠について

この商材では「マーケケットの魔術師 奥村尚」という少し仰々しい名前が付いています。
マーケットの魔術師と聞いたら、ほとんどの人が投資書籍の金字塔である「マーケットの魔術師」を思い出すかと思います。

奥村氏が「マーケットの魔術師」を名乗る所以について、動画内で以下のように語られています。

マーケットの魔術師の根拠

マーケットの魔術師の監訳で翻訳者の一人でもある「横山直樹氏」は、当時の日興証券の自己売買部門のヘッドであり、奥村氏のボスであった。

それから日興証券を退社後、奥村氏がヘッジファンドに関わるようになって、横山氏から「奥村君もマーケットの魔術師だね」と言われたことから、マーケットの魔術師と名乗ることにした。

横山氏はセールスレター内で推薦のコメントを出しておられます。
コメントからも奥村氏の経歴や実績が本物であることが分かりますね。

トワイライトゾーンの中身について

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”を購入すると、下のような購入者サイトにアクセスできるようになります。

このサイト内で必要なインジケーターをダウンロードしたり、動画等を閲覧してトレード手法について学んでいきます。

大まかなボリュームとしてはメインコンテンツの動画が約3時間で特典が約2時間。
トータルで5時間程度の動画が収録してあります。

トワイライトゾーンFXでは専用のMT4インジケーターを利用するため、トレード手法としては誰でも扱えるほどにシンプル化されています。

しかし、その詳しい仕組みや優位性が生まれる根拠についてはやや複雑なのですが、動画の応用編で金融工学や実際のマーケットの挙動を交えて詳しく解説してくれている点は勉強になりました。

奥村氏の解説も丁寧でわかりやすいです。

 トワイライトゾーンの根拠や仕組みについて理解しなくてもトレードすることは可能です。

また、90日間の電話やメールでのサポートが付いています。
従来の情報商材ではメールサポートが一般的ですが、直通の電話で対応してもらえるのは珍しいですね。

更にはリアルセミナー&ランチ会の無料参加権も付いており、トワイライトゾーンをしっかりと学んでいきたいと考える方にとっては魅力的なサポートが付いています。

 リアルセミナーに参加できない方は、収録した動画を配信してくれるそうです。

コンテンツは追加されている

トワイライトゾーンのコンテンツは定期的に追加されています。

販売開始後も「騰落率から通貨ペアを選ぶ方法」や「利幅を大きくするエントリーテクニック」、「購入者からの質問集」等が追加されており、内容がかなり充実しています。

トワイライトゾーンのトレード手法について

それではトワイライトゾーンFXの手法について解説していきます。

使用するインジケーター

トワイライトゾーンFXではその名前の通り「TwilightZone」というリターン(投資収益率)をベースに考えられて作られたインジケーターを利用してトレードをしていきます。

インジケーターをMT4に表示させると以下のようになります。

インジケーターとしては赤いラインと青いラインの2本のみが表示されるシンプルなものです。

赤と青いラインに挟まれた価格帯がトワイライトゾーンと呼ばれ、80%の確率で価格がゾーンの中に入るようにリスクとリターンの関係が計算されています。

注目ポイントは、トワイライトゾーンはローソク足が8本経過したら次のゾーンが形成される点です。

逆に言えば、新しいゾーンが形成されたら、ローソク足が8本進むまではゾーンは固定されることになります。

実際の動きをGif動画でご確認ください。

このような動きをするインジケーターを利用してトレードしていきます。

トレードルールについて

トワイライトゾーンを利用したトレード手法の基本は非常にシンプルで、ゾーンを上か下にブレイクしたらその方向にポジションを取るというものになります。

利食いはゾーンの幅の半分以上を目指し、損切りはゾーン幅の半分離れたところに置きます。
そのため、リスクリワードレシオ的には1以上になります。

また、もう一つの決済ルールとしてゾーンが終了するまでに決済するというものがあります。
ゾーンは足が8本確定するたびに更新されますので、例えば15分足でトレードする場合は最大でもポジション保有時間は2時間となります。(5分足だと40分)

エントリー時から利食いと損切りのレートが明確なのでOCO決済が使えますし、しかもポジション保有時間も限られていますので、トレードする時間があまりない方にも取り組みやすいルールになっていると思います。

使用する時間足や通貨ペアには制限はありませんので、例えば日足を使って最大で1週間ちょっとポジションを持つスイングトレードをやることも出来ますし、5分足~1時間足を使ってデイトレをすることも可能です。

  応用的な使い方として、マルチタイムを利用したやり方についても解説してあります。

シグナルツールを作ってみた

トワイライトゾーンはシンプルなルールですので、私の方でエントリールールに従ってサインの出るインジケーターを作成しました。

このインジケーターでは以下の3つの情報が表示されます。

  • エントリー条件を満たしたらサインが点灯
  • ゾーンの中間値に破線を表示
  • ゾーンの値幅の半分をpipsで表示

エントリーポイントだけでなく、決済で利用するゾーンの幅の半分の値も表示するようにしましたので、毎回のトレードで利食いと損切り幅を求めるためにゾーンの幅を測って2で割って・・・という作業を省略できます。

 このインジケーターは、当ブログよりトワイライトゾーンを購入された方にプレゼントします。

実際の使い方

ツールを使った実際のトレード方法は以下の通りです。

エントリーサインが出て足が確定した所でエントリーします。
そしてチャート右下に表示されるHalf Width(ゾーンの幅の半値)に示されるpips分が利食い幅&損切り幅となります。

エントリーポイントと利食い幅・損切り幅が一目でわかるので便利です。

更にシグナルを改良してみた

トワイライトゾーンの手法をシグナル化して分かったことがあります。
それは、「トータルでの優位性はあるが、大きな流れに逆らう逆張りをして負けることもある」という点です。

動画内で勝率を上げるためにテクニック等も解説してあるのですが、私なりにシグナルを選別するルールを加えて改良版も作ってみました。


(見やすくするためにトワイライトゾーン自体は表示させていません)

シグナル改良版の方が、サインが厳選されていることが分かるかと思います。

 このインジケーターも、当ブログよりトワイライトゾーンを購入された方にプレゼントします。

トワイライトゾーンの優位性について

トワイライトゾーンは奥村氏の考えが反映されたオリジナリティの高い手法です。

ダウ理論などよく知られた手法とは異なる考え方でトレードしますが、確かに優位性はあります。

どの時間足でも有効に利用できるとのことですが、私が検証した感じでは1時間足以上が特に優位性が強くなります。

ユーロ円4時間足

ポンド円1時間足

もちろん15分足でも勝てますが、この場合はロンドン時間やニューヨーク時間など相場が動きやすい時間帯を厳選してトレードすることで、勝率を上げられます。

 私の検証では、15分足で日本時間15時~24時の間で検証していますが、かなり勝てています。

トワイライトゾーンは、エントリールールも明解ですし、エントリー時にOCO決済も入れられて、時間決済のルールも含まれているのでトレードが長丁場にならないというメリットがあります。

その一方でリスクリワードは1程度(利食いと損切り幅を同じルールでトレードした場合)となりますので、派手に大きくとるトレードにはなりません。どちらかと言えば勝率重視でコツコツと口座資金を増やしていくタイプの手法となります。

実際の検証結果は以下をご覧ください。

トワイライトゾーンがお勧めできる人

トワイライトゾーンがオススメできる人
  • 金融工学の裏付けのあるトレード手法を学びたい人
  • シンプルにトレードしたい人
  • できれば早くトレードの決着をつけたい人
  • オリジナリティの高いロジックを学びたい人
  • 本当に投資の実績のある人から学びたい人
  • FXで勝てなくて悩んでいる人

「マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”」は見た目はシンプルながらも、その裏にはマーケットの統計から得られた歪みを利用する優れた手法です。

トレードにおける新たな考え方を学びたい方や、シンプルながらも優位性のある手法を求めてる方にお勧めします。

 

これまでの検証記事は以下からご覧ください。
トワイライトゾーンの検証記事

このブログからの購入者特典!

トワイライトゾーンFX専用特典

トワイライトゾーンのシグナルツール4種類

本記事でご紹介した、私の作成したトワイライトゾーンのエントリーポイント等を示すツールを当ブログからの購入者様にプレゼントします。

ツールは通常ルールでサインが出るものと、私の解釈を取り入れた改良版の2つをお付けします。

更に、あと2つトワイライトゾーン専用の自作シグナルツールもプレゼントします。
特典の詳細については以下の記事をご覧ください。

合計で4種類のシグナルツールがありますので、考え方や用途に応じて使い分けてみてください。

 どれもアラートやメール送信が可能です。
4時間足や日足で使用される際は、メール送信機能を使うと便利です。
 2020年8月31日にトワイライトゾーンのインジケーターがバージョンアップしました。
当サイトからの特サインツールも新バージョンに対応しています。

ゾーンの半分の値幅の推移を示すオシレーター

利食いや損切りの参考として利用するゾーンの半分の値幅の推移を示すオシレーターです。

過去検証時に役立ちます。

ゾーンを利用したスイングトレード手法

スイングトレードについて解説した動画になります。

マーケットセンサー

アメリカの金利とドル円の金利感応度を計測するツールです。
このツールを利用することで、マーケットが正常か異常かが一目でわかります。

(マーケットが異常な場合はテクニカルの精度が落ちるため、異常な時間帯を避けることでトレードの精度が高まります。)

ダマシを回避して勝率を高める手法

トワイライトゾーンに加えて、とあるテクニカル分析を加えてダマシを回避するノウハウです。

通常特典もあります

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で商材のご購入をお願いします。

特典の受け取り方は以下のリンクからご覧ください。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事