4DFX -錬金スキャルロジック-の検証結果(2016年7月4日~7月8日まで)

今週も4DFXの検証についてまとめたいと思います。
今週はFOMCや雇用統計を中心とした様々な指標発表があり、
どう動くかよくわからない相場でした。

そんな中で4DFXはどのような結果となったのでしょうか?

⇒これまでの4DFXの検証記事

検証内容

■検証商材
・4DFX

■検証期間
2016年 7月4日~7月8日 時間は日本時間の15時~24時まで


■検証通貨ペア

USD/JPN、EUR/USD、AUD/USD(雇用統計の直前直後は含まない)
(推奨通貨ペアです)

検証結果には、USD/JPNに0.4pips、EUR/USDに0.6pips、AUD/USDに1.2pips
のスプレッドを加味しています。

検証ルール

出来る限り機械的にするために、以下のルールで検証しました。

■エントリー
シグナルに従います。(押し目3つ目以降はエントリーを避けます)

■利確
・トレンド相場:次のSweetBandの上下限まで
・BOX相場:Renko_Hedge_VNまで

■損切り
・15pips逆行したらどんな状態でも損切り
・エントリー後SweetBandまで戻す
・トレンド継続ラインに達する

4DFXの検証結果

今週の4DFXの結果は以下の通りです。

獲得pipsトレード回数勝率プロフィットファクター
USD/JPN58.3pips1553.31.88
EUR/USD45.9pips1266.72.30
AUD/USD6.2pips1266.71.18

今週はドル円及びクロス円が良く動く週でしたが、ドル円の1分足単位では波が大きく、
4DFXの得意とする流れにはならず前半は不調で、後半から盛り返しました。

またユーロドルは安定した結果となったものの、オージーはそこそこ不調で、
損小利小のトレードが結構続いたために良好とは言えない結果となりました。

検証して気づいたこと

結構長く検証を続けていますが、全体的な勝率は約7割弱と言ったところです。
しかも、4DFXは損小利大の手法ですので総合的な期待値は非常に高く、
本当に勝てる手法だなと感じています。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

関連キーワード
メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事