1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・8点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・25点!!

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)を購入から検証を開始して、ある程度ツールやロジックの特徴や使い勝手が見えてきましたので、改めて点数を付けてレビューをしたいと思います。

プロトリFXの販売者や内容、ツールの紹介につきましては、以下の記事をご覧ください。

プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)は押し・戻りに特化したツールだ!

プロトリFXの概要は以下の通りです。

手法の概要

推奨通貨ペア:ドル円、ユーロ円、ポンド円
使用時間軸:5分足
エントリーポイント:トレンドの押し目買い・戻り売り

プロトリを1ヶ月近く検証していますが、確かに優位性もあり、勝率も高い優秀なロジックです。

しかし、「完璧」というわけではなく、使い手が自身の考えやライフスタイルによって、少しカスタマイズしていく必要はあるかなと感じました。そのため、「システムと言うよりはツール」と考えた方が良さそうです。

新作が出る度に成熟するツール

プロトリFXの販売元である「グローバル・ロイズ社」はこれまでにドラゴン・ストラテジーFXBlack・AIストラテジーFXモンスター・トレンドゾーンFXとシグナルツールを販売してきています。

どのツールもコンセプトや狙うポイントは異なるため、絶対的な精度を比較するのは難しいですが、「ツールとしての完成度」について言えば、明らかに後発の商材の方が良くなっています。

最新作であるプロフェッショナル・トリガーFXは、エントリーポイントだけでなく、損切りポイント、利食いポイント、追撃エントリーポイントも自動で表示されますし、トレンドの強弱や方向を示す補助ツールも備わっています。

更には現在値から損切りポイントまでの距離、それに応じたロット計算などもやってくれますので、トレーダーの負担はかなり軽減されることでしょう。

逆に言えば最初はゴチャゴチャしているように感じるかも知れませんので、ある程度の慣れは必要ですね。

ロジックについて

プロトリFXに搭載されているサインのロジックは主にトレンドの押し目買い・戻り売りです。

トレンドの転換は以下のようにチャート上に矢印で表示されます。

トレンドの転換後は、そのトレンドの方向のみに仕掛けていくルールです。
仕掛け方については3つのモードがあります。

  1. ビギナーモード
  2. 追撃ブースト
  3. エキスパートロジック

ビギナーモードがツール初心者用、それから慣れてきたら追撃ブースト⇒エキスパートロジックへと進んでいきます。

それぞれのモードについて私が検証した経験を基に解説していきます。

ビギナーモード

ビギナーモードは最もシンプルなルールです。
トレンド転換サインが出た後に、ビギナーモード用のエントリーシグナルが出たらエントリーとなります。

エントリーシグナルは、トレンドとは逆方向に動いている状況で発生しやすく、押し目買い・戻り売りの中でも「逆張り感」のイメージが強いです。上のチャートのエントリーポイントでも大きめの陰線が出たポイントでエントリーとなっています。

これに関しては少々不安に思う人もいるかも知れませんが、プロトリFXは損切り幅が結構広いので、すぐに損切りになる事は少ないです。

利食いについては、3種類の決済シグナルがあり、条件が合えば決済シグナルを無視してホールドして、トレイリングストップを入れながら利益を伸ばしていきます。

ホールドするかどうかはローソク足とボリバンの位置関係を見ます。上のチャートの場合は、決済シグナルの出た足がボリバンの中に収まっているので利食いとなります。

ビギナーモードの特徴

ビギナーモードは勝率も高めで、相場にトレンドが出れば出るほど大きな利益が狙えるのが特徴です。日足レベルで動きがあれば、最近の低ボラ相場でも200pips以上は取れます。

しかし、その分だけポジション保有時間は長いです。
5分足チャートを使いはするものの、2日以上ポジションを持つこともあります。

そしてビギナーモードの致命的な弱点として、エントリーチャンスがかなり少ないです。
私が15時~24時の間で検証した限りでは、1通貨ペアで1週間で2回程度のチャンスしかありません。もっとチャンスを狙う方は、追撃ブーストやエキスパートロジックに進むことをお勧めします。

追撃ブースト

追撃ブーストはビギナーモードの積み増し用のシグナルです。
しかし、ビギナーモードのエントリーチャンス自体が少ないですので、追撃ブーストもビギナーモードと同じく、一つのエントリーサインとして利用する方が良いかなと思います。

追撃ブーストのテンプレートを表示させると、ビギナーモードのシグナルに加えて、もう一つ矢印が表示されます。

ビギナーモードでは「エントリーサインが出たらすぐにエントリー」ですが、追撃ブーストでは2種類のボリバンの状態を見てシグナルを選別してやる必要があります(無裁量で選別可能です)。

追撃ブーストの特徴

追撃ブーストはビギナーモードと比べるとエントリーチャンスは格段に増えます。
そのため、ビギナーモードと追撃ブーストのシグナルを同列に扱ってトレードする場合は、追撃ブーストでのエントリーがほとんどとなる事でしょう。

しかし、追撃ブーストには弱点があります。
それは、損切り幅が異様に広くなる事がある点です。

上のチャートでは、エントリーポイントから損切りレートまでの値幅がかなり開いてしまっています。これだと損切りになった場合に大きなダメージを受けてしまいますので注意が必要です。

追撃ブーストの適切な損切りポイントの置き方につきましては、当ブログからの特典の一つとしています。
詳しくは記事下段をご覧ください。

エキスパートロジック

ビギナーモードと追撃ブーストは、チャート上に表示されるシグナルでエントリーするルールでしたが、エキスパートモードは「プロトリRCI」というオシレーターを利用してエントリーしていきます。

エキスパートロジックも一応明快なルールはあります。
しかし、ある程度の裁量は入ってしまうのでビギナーモードと追撃ブーストと比較すると難易度は上がります。

ですので、ビギナーモードと追撃ブーストの両方を実践して、それでも物足らない場合にエキスパートロジックを取り入れる方がいいでしょう。

基本的には裁量は必要ないが・・・

プロトリFXのビギナーモードと追撃ブーストについては、エントリーやエグジットは明確ですので基本的に裁量は必要ありません。

しかし、私は検証していてルール内に以下のような「穴」があるように感じました。

  1. ポジション保有時間が場合によってはデイトレを超える。
  2. トレイリングストップを入れたとしても結構含み益を吹き飛ばすこともある。
  3. 追撃ブーストでは損切り幅が広くなりすぎる事もある。

これらの「穴」については、利用者が自分でカスタマイズしながら、自分の好みに合わせて埋めていく必要が出てくるでしょう。(1については、トレンドを全部取る事をコンセプトとしたロジックですから仕方がないですね)

そのため、プロトリFXは「完全無裁量のシステム」ではなく、あくまでのトレードの優位性を高めるのための「ツール」として考えた方が良さそうです。

2と3の解消方法につきましては、当ブログからの購入特典にしてあります。

プロトリFXが得意な相場・苦手な相場

得意な相場

プロトリFXが得意な相場は、出来れば日足レベル、少なくとも1時間足レベルで勢いのあるトレンドが発生している時です。

このような時は正に「入れ食い状態」になるでしょう。

上の二つのチャートを見てもらうと分かりますが、「上げっぱなし」「下げっぱなし」の時は、トレンド転換シグナルが出て無駄な逆張りエントリーをすることがありません。
トレンドをゴッソリと取る事が出来ます。

月に1回でもこのようなトレンドを取る事が出来れば、その月は「勝ち確定」になるほどのインパクトがあります。

苦手な相場

プロトリFXが苦手とする相場は、主に1時間足レベルでのレンジです。

上のチャートのように、ボリバンの上下を突き破ってもすぐに戻ってくるような動きでは、利益が出しにくいですし、損切りに合うこともよくあります。
しかし、トレイリングストップを上手に利用することで、損失を極力減らすことは可能です。

1時間足レベルのレンジは苦手ですが、5分足レベルでヨコヨコのレンジ相場では、シグナルも出にくく、損切り幅も広めなためにボコボコにやられることはありません。

プロトリFXのメリット・デメリット

メリット

  • 追撃ブーストまでなら初心者でも使いやすい
  • 大きなトレンドが取れる優位性のあるロジック
  • トレンドフォローだが勝率が高めで続けやすい
  • 日足レベルのトレンドが出たら無敵
  • 必要な情報が全てチャート上に表示されていて便利

プロトリFXはツールとしてかなり洗練されています。
トレードに必要な情報がすぐに分かるのはかなり便利だと思います。

また、前述したようにトレンドを一気に取れるロジックです。
相場が動意付いているときにはその優位性が最大限に発揮されるでしょう。

デメリット

  • そこそこ上下するレンジ相場が苦手
  • デイトレ用のツールではあるが、ポジション保有時間が長くなることもある
  • 追撃ブーストでは損切り幅が広くなりすぎることがある
  • トレイリングストップを入れても結構含み益を飛ばすことがある
  • ロジック非公開

トレンドフォローなのでレンジは苦手です。
また、ルール内にちょっとした「穴」があるために、多少は自分でカスタマイズしていく必要はあるかと思います。

ルールの「穴」を埋めるテクニックをPDFにまとめました

本レビュー内で書いているように、プロトリFXは優れたトレンドフォローロジックを搭載しているのにちょっと残念なポイントがあります。

それは以下の二つです。

・追撃ブーストでは損切り幅が広くなりすぎることがある
・トレイリングストップを入れても結構含み益を飛ばすことがある

これらについて私が考えた改善案をPDFにまとめましたので、当ブログからの購入者様に特典として差し上げます。
PDFの内容を参考にすることで、ビギナーモードでも追撃ブーストでも、損失を最低限に抑える早い損切りが実行できるようになり、更には利幅を極力減らさずに決済出来るようになると思います。

プロフェッショナル・トリガーFXの販売サイトへ

このブログからの購入者特典!

プロフェッショナル・トリガーFX専用特典

1.正太郎制作のプロトリ用PDF

2.販売者様より提供していただいた特典

  • 利益率大幅アップ!簡単利確テクニック(PDF)
  • 勝率90%の賢い相場戦略の導き方(PDF)
  • コウスケ徹底相場生解説 -利益率400%超えを可能にするパーフェクトな決済手法-(動画)

通常特典もあります

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で商材のご購入をお願いします。

プロフェッショナル・トリガーFXの販売サイトへ