トレーディングでは、「資金管理で勝つ」という考え方があります。

極端な言い方をすれば、1万通貨で100pips取って、1000通貨で100pipsの損失ならpips的にはプラスマイナスゼロですが、金額的な利益は大きくプラスです。

このように上手に資金管理をしてやれば、例え獲得pipsが少なかったり、マイナスであったとしても、しっかりと利益を出すことができるのです。

そんな色々とある資金管理戦略の中でも、最も有名で悪名高いのがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法はWikipediaにて以下のように説明されています。

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。
多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

負ければ倍プッシュを繰り返すシンプルかつ分かりやすい方法です。

負けが続いたとしても、その後に必ず勝てるのであれば、最後の最後で負けの分を取り戻すことが可能となるやり方です。

しかし、いつ勝てるのかについては不明ですから、その時までに資金を残しておく必要があります。倍倍で掛け金を増やすとなれば、負け続けるほど膨大な資金が必要になるのですが、予想外に負けが続いて次に賭けるお金が尽きて破綻してしまう・・・という話もよくあります。

そのため、一般的なギャンブルやトレーディングではマーチンゲール法は破滅をもたらす可能性があるとして、あまり推奨はされていません。

しかしここ数年で、マーチンゲール法とナンピンを組み入れたEAや手法が少なからず商材として販売されています。

ナンピンとは、Wikipediaで以下のように解説されています。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。これが「ナンピン買い」である。空売りした後で株価が上昇した場合に、上昇後の値段でさらに売り増しする「ナンピン売り」もある。

通常なら損切りするところで、逆にポジションを取るという戦略です。

ドル円を100円でロング⇒99円まで下げてきたので再度ロング・・・
といった感じで自分のポジション方向に逆行するたびに新規にポジションを入れていきますので、ポジションの平均取得価格は下げられるものの、ポジション自体は大きくなっていきますので、下落が続けば強制的に決済されるリスクもあります。

このやり方もトレーダーによって大きく好き嫌いの分かれる方法です。

嫌われ者のナンピンとマーチンを組み合わせるとどうなるか?

ナンピンもマーチンゲールも、「無計画」で行うとかなり危険です。
負けた怒りに任せて、損切りをせずに新規に倍のポジションをとるのは自殺行為です。

でも、しっかりと計画を立てた上でのナンピン・マーチンならどうでしょうか?
しっかりと手法を明確化して、「最後の損切り」までを決めてやれば大丈夫かもしれません。

そうなると、かなり低いロットで最初のトレードを始めないといけないために、資金効率的にどうなんだろうか?という考えが私にはあります。

小銭を稼ぐために潜在的に大きなリスクを取るのはあまり効率的ではないと思います。

私個人の考えで書かせてもらえば、
「毎回のトレードで傷が浅いうちに早めに損切って利益が出てきたら伸ばす」
これを繰り返していくのが一番いいと思います。

ナンピンやマーチンを否定はしませんが推奨もしません。
ひとつだけ確かなのは、「私はやりたくない」ということだけですね。

メルマガやってます!

おすすめの記事