クインシデンスFXは分かりやすいが、もう少しボリュームがあれば・・・

coincidence

初心者向けのスイング手法

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・6点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・2点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・4点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・18点!!

対象者:初心者
2016年12月に販売が開始された1時間足を使うスイングトレード手法「クインシデンスFX」のレビューをしたいと思います。
「クインシデンス」とは英語でCoincidenceと綴られ、「同時に起こる事、一致、偶然の一致」と言う意味になります。

Coincidenceという単語を商材名に利用した明確な理由は分かりませんが、インジケーターの条件が一致した時にエントリーを決める手法だからかな?と私は解釈しました。

それではレビューしていきたいと思います。

販売者の元木浩稀氏とは?

coincidence3

販売ページを読んでいただくと分かるかと思いますが、紆余曲折の人生だったようです。

2ヵ月でトレード技術を身に着けたのはかなり凄いことですが、それを裏づけするトレード結果が掲載されていないのが少々残念ですね。

商材の中身は?

商材を購入すると、会員サイトへアクセスすることが出来るようになります。

coincidence2

会員サイトには解説動画が置いてあり、これらを視聴して手法を学んでいく事になります。
動画は大きく2つに分かれており、

基礎編:動画7本
応用編:動画7本

の合計約200分で構成されています。
ボリュームとしては最近の商材としては少し寂しいですが、特典動画を購入者のリクエストに合わせて追加する予定だそうなので、今後に期待ですね。

内容については以下の通りです。

■基礎編

  • レードの心構え
  • チャートの設定方法及びインジケータの解説
  • トレード手法の解説

■応用編

  • 勝率の高いエントリーポイント解説
  • エリオット波動の第3波を狙い撃ちする方法
  •  1時間足以外でトレードする方法
  • トレンドが発生するサイン
  • トレンド転換を察知するラインの引き方
  • レンジ相場の判断方法
  • 資金管理方法

全体としましては、基礎編でトレード手法について解説し、応用編で細かなテクニック等を解説していく流れになっています。

初心者向けの商材という事で、全体的にかなり丁寧で分かりやすい印象を受けました。
講師の声も聞き取りやすいですし、話の構成も上手だと思います。

どんな手法?

クインシデンスFXは主に1時間足を利用するスイングトレード手法です。
推奨通貨ぺはドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル、オージー円、オージードルとのことですが、汎用性の高い手法ですので、トレンドの出る通貨ペアなら何でも大丈夫だとは思います。

トレード手法自体は日足や4時間足を見て、そのトレンド方向に1時間足で仕掛けるトレンドフォローです。チャートを設定すると以下のようになります。

coincidence4

基本的なエントリー方法としましては、長期足のトレンド方向を見てロングを狙うかショートを決め、執行時間軸である1時間足のインジケーターが条件を満たしたらエントリーとなります。

損切りポイントも予め分かりますし、利確ポイントも最初に利食うところ、次に利食うところの2か所が提示してあり、分割決済しながら利益を伸ばすことが可能となっています。
(この辺りがスイングの醍醐味だと私は思っています。)

エントリーもエグジットもルール自体は明確に決まっていますので、再現性も高く初心者でもちゃんと理解することが可能でしょう。

私も検証しましたが、2016年の11月から12月にかけてのドル円やクロス円の相場のように日足レベルで明確かつ大きなトレンドが発生している時期だと、かなり勝つことが出来ます。

しかし、日足レベルでの動きが乏しい時は苦戦する時もあるかと思います。

こういったことに対応するために、応用編では更に勝率の高いポイントや他の狙い方等も解説していあります。

特に「エリオット波動の第3波を狙い撃ちする方法」については、曖昧な解釈になりやすいエリオット波動を、初心者でもしっかりと第3波を認識できる解説がされていると感じました。

もう少しケーススタディがあれば・・・

クインシデンスFXを最初から全部視聴した感想としては、「全体的によくまとまっている」です。

FX情報商材の中でもスイングトレード用の教材が少ない中、「結構良いモノが出てきたなぁ」と思えたのですが、それだけにもっと多くのエントリー&エグジットポイントを提示する「ケーススタディ」や「トレード動画」等のコンテンツが無いのが残念だと思いました。

他のエントリーポイントを提示することで、購入者の手法への理解は大きく高まりますし、商材の価値も大きく上がると思います。

あれ?販売終了?

レビュー記事を書いている途中に気づいたのですが、2017年に入ってからクインシデンスFXの販売が終了したようですね。

セールスレターへ飛んでもヤフージャパンのサイトへリダイレクトされるようになっています。また再販されることを期待してこの記事は掲載しておこうと思います。

このページの先頭へ