絶頂から転落へ。投機で夢を掴み、手放したトレーダーたち

l_233

以前、専業トレーダーを目指すなら、読んでおきたいブログ選
お勧めのブログをご紹介しました。
これらのブログは、トレードで勝つために必要な情報が沢山盛り込まれた良ブログです。

しかしながら、他にもトレードに役に立つブログは数多くあります。
今回は、これらのブログに勝るとも劣らない、
身に染みるようなブログ&サイトをご紹介します。

共通点は、投機で夢を掴み、手放したトレーダーのブログであるということです。

今回ご紹介するブログの方々は、トレードで大きな利益を出したものの、
利益を出し続けることはできずに、その利益のほとんどを吐き出した人たちです。

ジェットコースターのような資金曲線を描いた彼らのエピソードをご覧下さい。
(タイトルをクリックするとブログに飛びます)

ひろっちのFX-借金から資産10億円への軌跡-

有名な方ですね。
借金をしてまでハイレバで取引をして、資金44万円から4ヶ月で2億年まで
資金を増やされた方です。

最初は相対業者で取引していましたが、資金が増えると税金対策のために
くりっく365へ移行しました。(当時は相対業者での取引は雑所得扱い)

しかし、くりっく365に移ってからはかつての勢いはなくなって勝てなくなり、
何度も借金を続けて資金を失う・・・という状態が続きます。

結局最後に残ったのは借金約3550万円と3000万円の税金・・・。
当時はくりっく365と相対業者の損益の相殺はできなかったのです。

その後、一度消息を経ちますが再びFXの世界へ帰ってきて、500万円を
1億4千万円にまで増やしますが、すぐに溶かしてしまいます。

それからは鳴かず飛ばずの状態が続き、消息不明・・・です。

ISOGAI 納税ダイアリー

突然マルサがやって来た!という本も出版されている有名な方です。

この方は、サブプライムショック前の円安トレンド中に
ポンドを大量にロングし、一時は資産を10億円にまで増やされました。

おかげでヒルズ族に仲間入り。
日本で一番ポンドを持つ男として話題になったそうです。

しかし、円安トレンドが終了すると同時に資金は大きく減少。
損切りができずに10億から3000万円に!

2008年にマルサがやってきて、儲かっていた時の所得隠しで告発を受け、
所得税1億6000万円、重加算税6000万円、罰金3500万円の有罪判決に・・・。
今は本業の金属スクラップ販売で返済をしています。

大雑把な資金の推移を示したグラフです(PRESIDENT Onlineより)
isogai

税金の返済であるために自己破産はできず、1日5万の税の利息が付く中で
頑張っておられます。

こちらにもその成り行きが詳しく書かれています。

専業トレーダーの孤独な生活

この方は、FXではなく日経225で取引されていましたが、
他の方と同じく、資金を短期間のうちに爆発的に増やしたものの、
損切りができずに大損失を被って一度相場から退場されました。

以降はバイトや派遣で食いつなぎながらも定期的に相場に戻ってきては
お金を失って退場・・・を繰り返していおられます。

ニコニコ動画の方にこの方のトレードの軌跡としてまとめた動画がありますので
ご覧下さい。勉強になります。

GFF氏

GFF氏はブログをやっていませんでしたが、トレードを実況するニコニコ動画で
一躍超有名人になりました。

この方も超短期間で10万円を最大6億円にまで資金を増やしました。
しかし、それが頂点でその後は負け続けて最終的には30万円に。

最終的にはこのような資金推移となりました。(yenspaより)
kikanko_1

GFF氏の場合は、1年の間に大きな資金の増減があっただけなので、
ひろっち氏や磯貝氏のように大きな税金はありませんでした。(110万円程)

NAVERまとめにGFF氏について詳しく書いた記事があります。

以上のトレーダーに共通していることとは?

今回ご紹介したトレーダーに共通していることが2つあります。

・数ヶ月レベルで資金を何十倍にも増やした
・その後、元の水準程度まで資金を失った

こんなことが出来たのは、レバレッジ規制前だったからというのもありますが、
それでも異様な状態であるとしか考えられません。

トレードでリスクを取りすぎると、調子が良い時は爆発的に資金が増える一方で、
不調になれば、一気に資金を失うという結果につながります。

特に資金が短期間で大きく増えてしまった場合、
自分のお金の感覚が無くなってリスク管理が甘くなります。

そんな時に予想外の含み損を抱えると、感覚が現実に戻ってしまって、
損切りするのが怖怖くなり、損失を拡大させるのです。

資金が増えるときは気分がいいでしょうが、こうなるともう地獄です。

FXは資金を一気に増やすのではなく、コツコツと増やす方が向いている
投資商品です。

うさぎと亀で例えるなら、亀のようにゆっくりと着実に進む方が
結果的には多い利益を得られることの方が多いのです。

くれぐれもご注意ください。

このページの先頭へ