【絶対に買うな!】逆転!矢田式リバーサルFX【評価とレビュー】
ツール最初から付けてくれよ。
  1. 実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・5点/10点
  2. コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点
  3. サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2点/5点
  4. 販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0点/5点
  5. 売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・1点/5点

合計:11点!!(やめとこう)

逆転!矢田式リバーサルFXをレビューします。
この商材では、主に15分足を使った逆張り型の手法を解説しています。

販売者は矢田丈氏。
トレード歴はかなり長いようで、ブログを見るとずっと勝ち越しているようです。

そんな逆転!矢田式リバーサルFXですが、今回はちょっとあり得ないことが起きて驚いています。

なんと、販売ページでは専用インジケーターを配布すると書いているのにも関わらず、未だに配布されていないのです。

信憑性ゼロです。

 2020年2月3日にようやくインジケーターが配布されました。
1ヶ月以上も遅い配布でした。

逆転!矢田式リバーサルFXの概要

使用時間足主に15分足
推奨通貨ペア主にドル円
内容トレンドからの反転を狙う手法
販売元株式会社ambiance
価格24,800円

逆転!矢田式リバーサルFXの長所

長所
  • シンプルな逆張り手法が学べる
  • 初心者でも実践できる

逆転!矢田式リバーサルFXの短所

短所
  • あくまでも裁量手法なので個人差が出る
  • 販売ページに記載してあるインジが開発途中でダウンロードできない
  • 動画の音声が聞き取りづらい
  • ダマシを避けるテクニックは必須
  • 損切り値が固定ではないのでロット管理が難しい

矢田氏について

矢田氏はブログ「FXで10万円を無理なく稼ぐ投資生活」を運営されています。

そこでは毎日のトレード結果を掲載されており、その勝率の高さに驚きます。
しかしその割りにはトレードリスクはあまり取らないようで、1回のトレードの利益は数千円程度とかなり控えめです。

これだけの精度でトレードできるのであれば、もっとリスクを取っても良いような気もしますが、この辺は個人の金銭感覚やリスク感覚によって異なりますので、他人がどうこう言える筋合いはありません。

ただ、購入者側から見れば、セールスレター内で1000万円、700万円といった数字を出す割りには、それほど稼いでないのかな?・・・と感じるのも仕方がないかなとも思います。

コメント回りが大好き

そんな矢田氏のことを知っている方は意外にも多いかもしれません。
というのも、矢田氏は「矢田@医療職兼業トレーダー」という名前で様々なジャンルのブログへのコメント回りに精を出しまくっていたからです。


(詳しくは「矢田@医療職兼業トレーダー」でググって見てください)

自分の名前には必ずブログのリンクを付けて、コメントの最後には必ず「応援しておきました。ポチッ」。

コメント回りは自分のブログを知ってもらうための一つの営業活動です。
決して悪いことではありませんが、矢田氏の場合、ほとんど感情のこもっていない&超短文で、「あからさま過ぎな被リンク稼ぎだなぁ・・・」と以前から感じていました・・・。

 以前、私が趣味でやっているFXとは全く関係ないブログにも矢田氏からのコメントが来てギョッとしたことがあります。

矢田式リバーサルFXの中身について

矢田式リバーサルFXを購入すると以下のようなサイトにアクセスできるようになります。

サイト内では、主にFX初心者向けの基礎知識からトレード手法までを動画とPDFで解説しています。

動画量としてはそれなりにありますが、そのほとんどが初心者向けなので、経験者にとってはトレード手法の解説以外は得るものが少ないかと思います。

動画内の音声が致命的

個人的な感想ですが、動画内の矢田氏の声が聞き取りづらい点がかなり気になりました。

音量が小さめでボソボソと聞こえる上に、周りの雑音(ガチャガチャと食器を洗う音?)も入っていて、正直なところ動画を視聴するのが辛いです。

更には「さ行」の音だけは異様に強くなっていて、「性能の良いマイクやポップガード等に投資していないのかな?」と疑問に感じました。

また、特別提供として「20年間の投資経験の極意書」という大量の音声ファイルがありますが、同じ理由で、これらをも聞くのがしんどいです。

専用インジケーターはダウンロードできません!

セールスレター内では、先行特典として12月16日まで先着100名限定でリバースFX専用インジケーターをプレゼントすると書かれていました。

しかし、購入者ページをいくら探しても専用インジケーターはありません。
そこで矢田氏に連絡してみると、インジケーターは現在開発中で配布は12月末~1月初旬になるとのこと。

確かに「いつ」プレゼントするかは明記されてはいませんでしたが、こういった場合は購入したらすぐに入手できるようにしておくのが普通です。

私もかなり呆れてしまって下のようなことをつぶやいてしまいました。

もうこの時点で矢田式リバーサルFXに対する信用はゼロになりました。

 2020年1月13日時点でもツールは配布されていません。
一般的に「初旬」とは月の10日までを指しますので、明らかにツール配布時期も遅れています。
というか、ツールを配布するというのは嘘なんじゃないかと疑っています。
 2020年2月3日にようやくツールが配布されました。
2019年12月16日までに購入した人限定での配布となっていますが、大して優位性の無いこの手法を使っている人がどれだけ残っているのか疑問です。

逆転!矢田式リバーサルFXのロジックについて

矢田式リバーサルFXは基本編と応用編に分かれています。

「まずは基本編だけを学んで実際にトレードをして、利益を出せるようになったら応用編に進む」というカリキュラムになっています。

 中途半端な知識と技術のまま応用編を見ても混乱するからという理由です。

それでは基本編と応用編それぞれについて解説していきます。

基本編

基本編では、ロジックの核となるポイントを学びます。

誰もが知っている2つのインジケーターを利用して、逆張りを狙って行くやり方です。
かなりシンプルなやり方で、チャートを掲載すると簡単にネタばれになってしまうレベルです。

しかし逆に言えば簡単にシグナル化できる手法ですので、私の方でシグナルインジを作ってみました。矢印の出ているところがエントリーポイントになります。

逆張りエントリーですので、レンジ相場であれば勝率は上がりますし、逆にトレンド相場だと負けが連続します。

利食いポイントは2段階設定してあり、ある段階まで来たら半分利食い、そして残り半分は損切りを建値において、次の利食いターゲットまで伸ばします。

 利食い&損切り値は価格の推移と共に変わっていくため、エントリー後OCO注文を入れて後は放置・・・というトレードはできません

上手く行くと下のような感じになります。

最初の利食いポイントはエントリーポイントから近いことも多いため、勝率としては高めにはなります。

その一方で損切りは最初の利食いポイントと比べたら広めになることが多いため、損大利小の手法になります。(2つめの利食いターゲットまで伸ばすと損小利大になるもののその分だけ勝率は落ちます)

応用編

応用編では、基本編の手法の精度を更にアップさせるためのノウハウが公開してあります。

具体的には、勝率の高いポイント、ダマシとなりやすいポイントの解説や、マルチタイムフレーム分析を使ってより勝率を上げる方法などになります。

解説によっては分かりやすいものもありますが、マルチタイムフレーム分析+ラインを使った解説はかなりあっさりとしすぎていると感じました。

基本編だけで勝てるか?

応用編の冒頭では「基本編で利益を取れるようになってから読んでください」という注意書きがあります。

この文言の背景には、「基本編のやり方をシステマチックにやれば当然勝てる」という意味合いが含まれているのですが、正直なところ基本編だけで利益が出せるとは思えません。

というのも、この手法は比較的勝率は高いのは確かなものの、その分だけ利幅が小さいこともありますし、場合によっては下のチャートの2回目のロングエントリーのように損切りが異様に遅れる事もあります。

このようなトレードで勝てるのか甚だ疑問です。
実際に私が検証したところ、ほぼトントン(スプレッド負け程度)で終了しました。
(確かに勝率は68%ほどありましたが・・・)

また、損切り値が価格の推移と共に変化する本手法はロット管理が難しく、常に同じトレードリスクを取る事が困難になる点も一つのデメリットだと思います。

総合して考えると、この手法で勝ち越すためには応用編をマスターして裁量を入れてトレードする事が必須になるでしょう。

逆転!矢田式リバーサルFXがお勧めできる人

逆転!矢田式リバーサルFXがオススメできる人
  • 15分足のデイトレをやりたい人
  • 分割決済のトレードをやりたい人
  • 逆張りで1日に何度もエントリーしたい人
  • 応用編まで読んでしっかりと検証できる人

矢田式リバーサルFXは、それほど優れた手法でもない、というのが私の感想です。

セールレター内には「期間限定で専用インジケーターを提供する」と書かれているのにも関わらず、肝心のインジは開発中でダウンロードできなかったり、解説動画内の声が聞き取り辛かったりと致命的な欠陥もあります。

そのため、手法そのものだけでなく、商品としての完成度も低いと言わざるを得ません。
確かに価格は安めですが、他に優れた手法を解説した商材がありますので、わざわざこれを買う必要もないと思います。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事