Black・AIストラテジーFXの検証結果 (2018年9月分)

Black・AIストラテジーFXの検証結果です。

9月分の検証は、この記事に毎週追加していきます。

 

Black AI・ストラテジーFXの検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ユーロドル、ドル円、ユーロ円

■検証ルール
商材内の「基本ルールBOOK」に忠実に従います。

基本エントリールール(逆張り)では、黄色ラインが底値圏や天井圏にあっても、水平もしくはUターンしてきてから条件を満たしていなければエントリーは見送っています。

トレンド発生時のエントリー方法については、黄色ラインがトレンド方向の底値圏か天井圏にない場合はエントリーは見送っています。

また、特典に記載してある「トレンド発生の予兆を掴み利益拡大する方法」のエントリーは裁量が入りますので、本検証は行っておりません。

利食いはマニュアル内の「長期決済」に従い、損切りについてはマニュアル内そのままに従っています。
結果はスプレッド分を差し引いて記載しています。

 

以上を通常ルールとします。

また、以上のルールでの検証に加えて、当ブログからの購入者特典である「ブラストの弱点を無裁量で避ける方法」の効果についても検証しました。

9月1日~7日までの検証結果

9月の1週目のブラストの検証通貨ペアは、どれも大きな動きはなく、日足レベルではレンジ相場が続きました。月の1週目ということで妙な動きが目立ちましたが、ブラストは利益が出せたのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips30.6pips-4.1pips38.8pips65.3pips
トレード回数913729
勝率(%)66.7%38.4%42.8%48.3%

ドル円のみがマイナスで、ユーロドルとユーロ円はプラスでした。

結果としてはボチボチかとは思いますが、ボラティリティが低いのが痛いですね。もっと動けば大きく取れるエントリーが増えて、トータルの結果も上がってくるはずなのですが・・・。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips30.6pips14.7pips38.8pips84.1pips
トレード回数910726
勝率(%)66.7%50.0%42.9%53.8%

今週はドル円でブラストが苦手とする動きが結構ありました。

その結果、特典ルールの方が効率よく負けトレードを避けられて、勝率とトータルの利益が増加しています。

9月10日~14日までの検証結果

9月2週目に入り、トルコ中銀の政策金利の上昇等のニュースによって、相場が大きく動きました。特にロンドン・ニューヨーク時間ではよく動いた印象のある1週間でしたが、ブラストはどのような結果となったのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips3.1pips28.8pips277.8pips309.7pips
トレード回数12151542
勝率(%)41.7%73.3%60.0%59.5%

ユーロドルやドル円はボチボチでしたが、メリハリのある動きをしたユーロ円が爆益となりました。
その結果トートあるでは300pipsオーバーと久々の絶好調でした。

7月、8月とブラストはあまり調子が優れない状態が続きましたが、ようやく本領発揮となったようです。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips3.1pips28.8pips241.6pips273.5pips
トレード回数12151441
勝率(%)41.7%73.3%57.1%58.3%

特典ルールでは、ユーロ円で1回エントリーを避けたのですが、それがプラスのトレードとなってしまったので、通常ルールと比べると負けています。

調子が良いときというのは、どんなところでも勝てるものです。
こんな時に勝ちトレードを逃してしまうのも残念ではありますが、調子が今ひとつの時に実力を発揮するのが特典ルールです。続けていけば、特典ルールの明確な優位性が見えてくることでしょう。

9月17日~21日までの検証結果

今週は米中の関税問題で相場が揺れることがありましたが、円高には進まず、NYダウや日経平均も好調・・・と少し予想外なリスクオンの相場でした。

そんな中でブラストはどんな結果となったのでしょうか?

通常ルールの結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips43.8pips51.8pips20.7pips116.3pips
トレード回数10121234
勝率(%)40.0%75.0%50.0%55.9%

3つの通貨ペアでプラスと好調でした。
中でも地味な上昇を見せたドル円が一番のプラス・・・と少々珍しい結果でした。

今年の7月から少し不調が見られたブラストですが、明確に調子を取り戻してきていますね。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips49.3pips51.8pips11.5pips112.6pips
トレード回数912930
勝率(%)44.4%75.0%44.4%56.7%

今週はユーロドルとユーロ円でブラストの苦手とする動きがありました。
しかし、相場の状況が良かったためか苦手な動きからのエントリーで大きな利益になったトレードもあったため、結果としては通常ルールに少し負けてしまいました。

9月24日~28日までの検証結果

9月最終週はブレグジット問題やFOMCの利上げなどで相場がよく動きました。その結果、ドル円は今年の最高値を更新し、市場の注目を集めた1週間だったと思います。

そんなよく動いた相場の中で、ブラストはどんな結果だったのでしょうか?

通常ルールの結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips13.1pips14.9pips1.8pips29.8pips
トレード回数11101334
勝率(%)36.4%60.0%38.5%44.1%

一応3通貨ペアでプラスではありましたが、厳しい1週間でした。
その理由は、どの通貨ペアでも長いトレンドが続き、ブラストが負けやすい動きが頻出したからです。

そのため、後述する特典ルールと通常ルールで大きな結果の違いが出ました。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USDUSD/JPNEUR/JPNTotal
獲得pips36.8pips19.0pips33.9pips89.7pips
トレード回数791127
勝率(%)%%%%

今週は特典ルールが大活躍で、効率よく負けトレードを避ける亊が出来ました。
そのおかげでトータルでは90pips弱と好調で、勝率も通常ルールと比べると10%以上良くなっています。

ブラストは主に逆張り用のツールですので、ダラダラと続くトレンド相場が苦手です。
特典ルールではこういった相場を無裁量で避けられるという点で、好評をいただいております。

 

Black AI・ストラテジー FXの販売サイトへ

⇒Black・AIストラテジーFXのレビュー記事へ
⇒Black AI・ストラテジーFXの検証記事一覧へ

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事