Black・AIストラテジーFXの検証結果です。

11月分の検証は、この記事に毎週追加していきます。

 

Black AI・ストラテジーFXの検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ユーロドル、ドル円、ユーロ円

■検証ルール
商材内の「基本ルールBOOK」に忠実に従います。

基本エントリールール(逆張り)では、黄色ラインが底値圏や天井圏にあっても、水平もしくはUターンしてきてから条件を満たしていなければエントリーは見送っています。

トレンド発生時のエントリー方法については、黄色ラインがトレンド方向の底値圏か天井圏にない場合はエントリーは見送っています。

また、特典に記載してある「トレンド発生の予兆を掴み利益拡大する方法」のエントリーは裁量が入りますので、本検証は行っておりません。

利食いはマニュアル内の「長期決済」に従い、損切りについてはマニュアル内そのままに従っています。
結果はスプレッド分を差し引いて記載しています。

 

以上を通常ルールとします。

また、以上のルールでの検証に加えて、当ブログからの購入者特典である「ブラストの弱点を無裁量で避ける方法」の効果についても検証しました。

11月1日~9日までの検証結果

11月序盤は、アメリカの雇用統計、中間選挙、FOMCと重要イベントが続きました。
中でも4年に一度の中間選挙は、トランプ大統領の過激さもあって、かつてないほどの多くの注目を世界中から集めたものになり、為替市場にも動きがありました。

そんな中でブラストはどんな結果となったのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips 35.2pips 4.7ips 180.9pips 220.8pips
トレード回数 19 14 20 53
勝率(%) 36.8% 42.8% 60.0% 47.2%

動きが今ひとつだったユーロドルやドル円の結果は今ひとつでしたが、11月に入ってからよく動いたユーロ円で大きく取れるトレードが続いたため、結果は200pipsオーバーでした。

ユーロ円は上昇する動きながらも、その過程ではダイナミックに上下したのがブラストのロジックとピタリとはまったのが良かったようです。

正にブラスト好みの相場だったと言っていいでしょう。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips 26.6pips 4.7pips 180.9pips 212.2pips
トレード回数 18 14 20 52
勝率(%) 33.3% 42.9% 60.0% 46.2%

ユーロドルでブラストの苦手とする動きがありましたが、結果として避けたエントリーは勝ちトレードとなったので、今回は通常ルールに負けています。

11月12日~16日までの検証結果

今週はイギリスのEU離脱や政局懸念で、主にポンドが大きく動きました。
それ以外の通貨ペアもロンドン時間やニューヨーク時間でそれなりのボラティリティを伴った相場となりました。

その中でブラストはどんな結果となったのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips -33.3pips 112.4ips 16.6pips 95.7pips
トレード回数 9 13 12 34
勝率(%) 22.2% 46.2% 33.3% 35.3%

週を通して上げ続けたユーロドルが足を引っ張るという少し意外な結果ではありましたが、それでもトータルでは90pipsオーバーとそこそこの結果でした。

好調だったのはドル円。
負けは小さく、勝ちは大きく・・・と理想的な損小利大のトレードが続き、ドル円にしては珍しく100pipsオーバーの利益になりました。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips -9.5pips 112.4pips 39.6pips 142.5pips
トレード回数 6 13 10 29
勝率(%) 33.3% 46.2% 40.0% 41.3%

今週はユーロドルとユーロ円でブラストが苦手とする動きが連続しました。
特典ルールではそれらを避ける亊が出来ましたので、トータルの結果も勝率も向上しました。

Black AI・ストラテジー FXの販売サイトへ

⇒Black・AIストラテジーFXのレビュー記事へ

⇒Black AI・ストラテジーFXの検証記事一覧へ