未来予知FX-デイトレism-の検証結果(2019年7月分)

今月より未来予知FX-デイトレism-の検証を始めます。

未来予知FXにつきましては以下をご覧ください。

未来予知FX -デイトレism-の検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■検証通貨ペア
ユーロ円、ポンド円、ポンドドル

■検証方法

エントリーは矢印に従います。
しかし、フィルタリングとしてチャート下のヒストグラムであるTrendmaster(MACD)が同じ方向を示しているときのみエントリーします。

利食いは未来予測のインジケーターが50%以上を示す値幅にて行い、損切りは直近の高値安値とします。

利食い方法については複数のやり方がありますが、「未来予知」のインジケーターを利用した検証をしていきたいと思います。

7月1日~5日までの未来予知FXの検証結果

7月1週目はG20明け&月初ということで結構トリッキーな動きが多い印象でした。

hまた日やセッションによって全く動かない日もあれば、動くときもあり、なかなかトレードしにくい一週間だったと思います。

その中で未来予知FXはどのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNGBP/USDTotal
獲得pips0pips-31.8pips20.0pips-11.8pips
トレード回数-213
勝率(%)-0%100%0.33%

ユーロ円はトレード無し、ポンド円とポンドドルはチャンスがあったもののトータルではマイナスになりました。

さすがにこの相場で勝つのは難しかったようです。
現在は少しレンジ性の強い流れなので、日足レベルで明確な動きが出たら、未来予知FXの調子もよくなるかと思っています。

7月8日~12日までの未来予知FXの検証結果

7月2週目は前週に引き続き動きの乏しい相場でした。
1時間足を使う未来予知FXにとっては非常にもどかしい流れではありました。

どのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNGBP/USDTotal
獲得pips16.0pips-7.7pips40.0pips16.1pips
トレード回数3227
勝率(%)66.7%50.0%100%71.4%

一応どの通貨ペアでもチャンスはありました。
しかし、利食いは伸ばしにくかったためにある程度含み益が出て損切りに合ったり・・・と嫌な流れが続きました。

やはり厳しい相場でしたね。
それでもポンドドルが2連勝したおかげでトータルではプラスです。

トレンドフォロー型の手法にとっては歓迎したくない低ボラ相場が続きます。
早く未来予知FXの得意とする相場が見てみたいものです。

7月15日~19日までの未来予知FXの検証結果

7月三週目はポンドが一時的に大きく下落して、ポンド円やポンドドルが安値を更新しました。

その後、ポンドドルは大きく反発しましたが、なかなか目立った動きを見せてくれました。久しぶりに動いたと思える1週間の中で未来予知FXはどのような結果となったのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNGBP/USDTotal
獲得pips60.0pips58.8pips-21.1pips97.7pips
トレード回数2316
勝率(%)10066.7%0%66.7%

ポンドドルがマイナスとなってしまいましたが、下げた期間の長かったポンド円やユーロ円が好調だったため、トータルでは100pips弱のプラストなりました。

今週はボラティリティが拡大したためか、未来予知インジケーターの示す利食い幅が広かったため、1回のトレードでそれなりに多くのpipsが取れたのも好調な要因です。

未来予知インジは相場のボラやトレンドを感知して利食い幅を決められるので結構便利だと思います。

7月22日~31日までの未来予知FXの検証結果

7月終盤はポンドが大きく動きました。
ハードブレグジットが濃厚となったことでポンドがかなり暴落しましたが、未来予知FXはこの下落を予知できたのでしょうか。

 

EUR/JPNGBP/JPNGBP/USDTotal
獲得pips69.0pips-18.8pips90.0pips140.2pips
トレード回数42410
勝率(%)75.050.0%100%80.0%

トータルで140pipsオーバーと良好な結果でした。
7月終盤にポンドドルやポンド円は暴落しましたが、その下げはあまり取れなかったのが残念な点です。

これは私の利食いルールが早いためだったのですが、伸ばしていたらかなり取れていましたね。

 未来予知FXの検証は7月で終了させて頂きます。
メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事