2019年4月分のプロトリ検証結果です。

プロトリFXの検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円

プロフェッショナル・トリガーFXの検証ルール

裁量の入らないビギナーモード追撃ブーストモードで検証します。

ビギナーモードはマニュアル通りに検証し、建値決済ルールやトレイリングストップ等も入れていきます。

追撃ブーストはビギナーモードの積み増し用として用いることも出来ますが、本検証では追撃ブーストのシグナルはビギナーモードとは関係のない独立したエントリーポイントとして検証していきます。

追撃ブーストは、ビギナーモードと同じく建値決済ルールを入れますが、3つのうちのどの決済シグナルが出ても決済します(利食いを伸ばさずにコツコツ取る)。

簡単に言えば、ビギナーモードでは利食いを伸ばす、追撃ブーストモードでは利食いは早めに行う、というルールにしています。

また、損切りやトレイリング条件に当たっていなくても、トレンドが切り替わればポジションは決済します。

その他細かなルールにつきましては、当ブログからの購入者特典にて詳しく記載しております。

4月1日~5日までのプロフェッショナル・トリガーFXの検証結果

4月序盤は市場が停滞気味で、ボラも小さく面白みに欠ける1週間でした。

その中でも一応はドル円が上昇したり、ポンド円が上げたり下げたりしましたが、プロトリはどんな結果となったのでしょうか。

 

USD/JPNEUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips15.3pips14.6pips54.7pips84.6pips
トレード回数25310
勝率(%)50.0%60.0%66.7%60.0%

(建値決済となったエントリーは勝ちトレードとして勝率を計算しています。)

一応全通貨ペアでプラスではありますが、本調子という感じでは内ですね。

この期間は5分足レベルでもレンジ相場が目立ったためエントリーチャンスは少なめで、ボラも低くトレンドも出にくかったために利食い幅も小さいものとなりました。

そういった意味では今はまだ利益を出せる時期ではないのかなと感じます。
しかし、いずれ大きな動きが出たときにプロトリが本領発揮してくれると思います。

それまでは少し辛抱なのかもしれません。

4月8日~12日までのプロフェッショナル・トリガーFXの検証結果

今週も前週に引き続き低ボラな相場に悩まされた1週間でした。
それでも木曜日から金曜日にかけてドル円やクロス円が上昇を見せましたが、プロトリはその上昇を取る事ができたのでしょうか?

 

USD/JPNEUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips32.3pips26.8pips118.5pips177.6pips
トレード回数36817
勝率(%)66.7%66.7%75.0%70.6%

(建値決済となったエントリーは勝ちトレードとして勝率を計算しています。)

どの通貨ペアでもプラスで、特にポンド円が好調でした。
やはり週終わりの上昇の一部を取れたのが要因ですね。

ドル円やユーロ円も週終わりに上昇しましたが、これらはサインがでなかったために見送りとなりました。

4月15日~19日までのプロフェッショナル・トリガーFXの検証結果

今週の相場は、動きの悪かった前週を更に上回るボラの低さでした。
その中でプロトリはどんな結果となったのでしょうか。

 

USD/JPNEUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips-9.1pips43.1pips38.9pips72.9pips
トレード回数551020
勝率(%)60.0%80.0%90.0%80.0%

(建値決済となったエントリーは勝ちトレードとして勝率を計算しています。)

意外にもプラスでした。
大きな動きが無かったためにビッグトレンドを取る事は出来ませんでしたが、コツコツと小さな動きを取ることでそれなりの結果を出してくれました。

プロトリはこんな動きの相場でもプラスで終えられるんだなぁ・・・と驚いています。

4月22日~25日までのプロフェッショナル・トリガーFXの検証結果

4月終盤はGWが意識されたためか全集に引き続き、動きの乏しい状態が続きました。

日足レベルで動く相場が得意なプロトリにとっては厳しい状況が続きます。
その中でどのような結果となったのでしょうか?

 

USD/JPNEUR/JPNGBP/JPNTotal
獲得pips-3.9pips-5.2pips-10.9pips-20.0pips
トレード回数53210
勝率(%)20.0%33.3%50.0%30.0%

(建値決済となったエントリーは勝ちトレードとして勝率を計算しています。)

やはりマイナスとなりました。
唯一の救いは低ボラが故に大きな負けが無かった事でしょうか・・・。

相場が動き出すまでは待つ必要がありそうです。

⇒プロフェッショナル・トリガーFXのレビューへ
⇒プロフェッショナル・トリガーFXの検証記事一覧へ

メルマガやってます!

おすすめの記事