押尾学がFXの商材販売?押尾学のプロフェッショナルトレーディングシステム
 この記事では、押尾学氏のプロフェッショナルトレーディングシステムのプロダクトローンチについて時系列を追ってご紹介しています。

昨日(6月2日)辺りからネット上で押尾学氏の独占インタビューが話題になっています。

押尾学氏と言えば俳優であり、ミュージシャンであり、そして人気が絶頂の時に矢田亜希子氏と結婚するも、押尾学事件で逮捕されて収監されていたことで有名ですね。

押尾学事件(おしおまなぶじけん)とは、2009年に発覚した当時俳優であった押尾学が起こした事件。

2009年8月2日、押尾が合成麻薬MDMAを服用したとして同年8月3日に麻薬取締法違反で逮捕される事件が発生した。その際、六本木ヒルズのマンションの部屋で押尾と一緒にMDMAを使用したホステスの女性が全裸で死亡していたことや、事件現場の部屋の名義が押尾の知人であるピーチ・ジョン代表取締役社長の野口美佳であったことなどにより、スキャンダラスな観点から報道がなされた。

その後、押尾に対して、MDMAを服用した罪と、MDMAを服用して意識不明となったホステスに対して適切な処置をしなかった保護責任者遺棄致死罪で裁判となった。
Wikipediaより

出所後は定期的に週刊誌のネタになるくらいでしたが、
今になって独占インタビューに応じた・・・そうです。

週刊誌の表紙の様な作りです。

oshio2

サイトを見ていくと、情報商材のセールスレターの様な長いページに加えてメルマガ登録フォーム。胡散臭さがプンプンしています。

最初は出所後の身の上話でしたが、途中から彼が月に300万円稼いでいるという話へ。
より一段と臭ってきました。

そして最後の方で稼いでいる「証拠画像」が出てきます。

oshio3

画像の画質が悪くて見にくいですが、EUR/USDや米ドルという文字が確認できます。
これはFXの取引記録ではないでしょうか?

もう一度サイトのURLを確認してみると・・・

https://oco-fx.invregister.com/op_01/

fxという文字が確認できます。
FX関連の情報商材であることは間違いないでしょう。

押尾氏だけにOCO注文を活かした手法を販売するんでしょうか(笑)

メルマガに登録してみた

メルマガに登録すると、インタビューの動画が見れるサイトのURLが送られてきます。

全5回にわたってインタビューがあるようですが、
今のところは第1話目だけが公開されています。

oshio5

1回目のインタビューでも約46分も動画があります。
一応全部見てみましたが、この時点では押尾氏の身の上の話程度のもので、FXについての話題は一切出てきません。「掴み」の段階でしょう。

今後の2回目で匂わせて、3回目くらいからFXという単語がでてくのでは?と私は考えています。

これだけ気合の入った作りですので、数万程度の商材ではないはずです。
多分、数十万円のFX塾になるのではないでしょうか?

ターゲットはFXすら知らない人

今回の押尾プロジェクトのターゲットは、
FXは知らない・やったことないが、押尾学氏に興味のある人」だと考えられます。

既にFXトレードしている人を対象にするのであれば、
最初から「FXで儲けています」と言った方が食いつきがいいはずですから。

今回の目的は、押尾氏のネームバリューによって多くの非トレーダーを集客し、
「FXは簡単で、誰でも勝てる」ことを繰り返して何らかの商材を売ったり、
FX塾に加入させることでしょう。

押尾氏は、非トレーダーを集めるための看板に過ぎません。

そして、非トレーダーを集めてFXの教材や塾を売るという事は、初心者向けの相当レベルの低い内容のモノになるのではないか?と、私は推測しています。

今後どのように売ってくるのか楽しみにしています。

6月7日追記 第2話が公開

oshio♯2

第2話「絶望と希望」というタイトルで動画が公開されました。

話は第1話の続きで、押尾氏が出所後に何をしたのか?から始まりますが、とうとう動画後半から「FXで稼いでいる」という流れに入っていきます。

ようやく本題のFXに入ってきましたね。

第2話について簡単に言うと、有名人の前科者である押尾氏が世間の目から離れて お金を稼ぐにはFXが打ってつけで、とある凄腕のトレーダーに師事したら、 押尾氏自身もFXで生計を立てられるようになった、という話です。

インタビューの中から、押尾氏はトレーダーとしてはまだ勉強中ではあるものの(それでも4か月で600万円稼いだらしいですが・・・)師匠はもっともっと凄い、という話が何度も出てきます。

また、「押尾氏くらい稼ぐ程度なら、誰でも可能」という旨の発言もありました。

ここからFXを知らない人に向けて「FXは儲かる」というフィルターを植え付けて行く流れになると考えられます。

気になるのが「師匠」の存在ですね。
この師匠が伏線になってくるのではないか?と私は予想します。

6月11日追記 第3話が公開

oshioyasu (1)

第3話、師匠と師匠が公開されました。
私の予想した通り、動画の最初から押尾氏の師匠であるYAS(ヤス)氏という方が登場します。

動画前半ではヤス氏(35歳)の身の上話から始まります。
大雑把にまとめるとこのような話です。

大学生の頃に弁護士の勉強を始めるも、24歳で弁護士を諦めてフリーターに。
フィギュアの転売をして稼いだお金で株取引を開始。
しかし大暴落によって1000万円以上の資金が100万円以下に。
意気消沈の時にトレーダーである師匠と出会って、たったの3か月の下積みで勝てる
トレーダーに変貌。以降は7年間は師匠のトレードルームでトレードしている。

現在はトレードをしながら空いた時間で人にトレードを教えているそうですが、ここでまた新たな人物であるヤス氏の師匠が出てきました。

そして話は変わって押尾氏のトレードの実績の話へ。

oshioyasu2

押尾氏はヤス氏と出会って1年弱でメキメキと実力をつけたとのことで、押尾氏のFX口座を見せてくれる流れとなっています。

動画では押尾氏がGMOクリック証券にログインして2015年9月から12月までの間に約600万円稼いだ、という事になっていますが、彼の口座かどうかは確認できません。

最後は次回へのフリとしてヤス氏の師匠が出演してくれるかも?という流れで終わります。
なかなか引っ張りますね(笑)

動画は残りあと2回。
現在は押尾学食事会も完全無料で募集しているようですが、一体何を売ってくるのでしょうか?私は個人的に気になっています。

6月14日追記 第4話が公開

oshio614

第4話「恩師と仲間」が公開されました。

私としては押尾氏の師匠であるYAS氏の師匠が出演するかと思っていましたが、今回はYAS氏の塾のスクール生へ、押尾氏がインタビューするだけで終わっています。

インタビューを受けているのは男性2人と女性一人。
どの方も塾のおかげで、「FXで勝てるようになり、人生が良い方向に変わった」と話しています。

第4回目は最終回である5回目の塾のオファーへの布石だと考えられます。
情報商材のセールスレターで言うところの「利用者の声」に相当するもので、受講者からの評価も高いことをアピールしているのでしょう。

次回が最終回です。
6月も中盤に差し掛かり、ボーナスシーズンに入ってきていますから、また近いうちにオファーの動画が公開されることでしょう。

6月15日追記 第5話が公開

oshio615

最終回である第5話「復活の狼煙」が公開されました。
今回が最後という事で、オファーの回となっています。

これまでの流れから、販売されるのはFXトレードスクールかと思っていましたが、どうやらエントリーが分かるシグナルツールの販売という事だそうです。

ヤス氏の考えをそのまま反映するので、スクールに通う必要が無く、ヤス氏いわく「ツールを使うと無駄なトレードが減る」そうです。

「絶対に勝てるツール」と言わないところが彼の最後の良心でしょうか?(笑)

ツールについては具体的な価格は明示せず、予約申し込みフォームに登録した人に直接オファーが来るようです。とんでもない価格でしょう。

ツールを購入した人には説明会を用意し、そこに押尾氏や押尾氏の人生に多大な影響を与えた人物も特別に参加するそうです。

ヤス氏いわく「彼の話を聞けるのなら100万円支払ってもいい」とのことですが、一体誰なのでしょうか?商材の価値を上げるためのフェイクな気もしますが・・・。

以上、押尾学氏のFX情報商材がらみのレビューでした。
やはりターゲットはFXをやったことが無いが押尾氏に興味のある人です。

このブログを読んでいる方の多くがトレードの経験者で、こんなものに引っかかることは無いとは思いますが、くれぐれも参加はしないようにご注意ください。

プロフェッショナルトレーディングシステムのオファースタート

6月16日午後6時に、押尾学氏が広告塔を務めるFXツール「プロフェッショナルトレーディングシステム」の販売が開始となりました。

今月の上旬から多くの注目を集めたこの押尾プロフェクトの全貌が、今日明らかになったのです。

販売ページは以下のURLです。

http://oco-fx.com/pts/

販売ページを見ると、かなり長いです。気合が入っています。
上段では、「このツールの販売は限定であり審査がある」と書かれており、「誰にでも売るわけではないのか?」と思っていましたが、途中でこのような審査条件が出てきました。

6163

自分がこれに当てはまると思ったら・・・

oshio6164

合格だそうです。バカバカしいにも程がありますね。
読み手をいい気分にさせて購入意欲を高めさせるのが狙いでしょうか。

 

販売されるのはツール

今回の押尾プロジェクトで販売されるのは2種類のツールです。
それらの名前はパーフェクトサインツールとFXラインアナリストツール。

パーフェクトサインツールについてはこう書かれています。

あなたはこのシステムを使うだけで、
FXのことを何もわからない、ど素人だとしても、
プロと全く同じ結果を出すことが可能になります。

FXラインアナリストツールはこう書かれています。

このツールがあることで圧倒的な精度で未来予測を可能にし、
収益化機会を莫大に増やすことができるようになりますので、
ものすごいスピードで資金を増やしていくことができるようになります。

パーフェクトサインツールさえあればラインアナリストツールは必要ないようにも見えますが・・・。

プロ、業界トップクラス、世界最強等の形容詞がバンバン出ている中で、どんなツールなのかについての具体的なことは一切書かれていません。チャート画像も小さなものが少しあるだけです。

oshio6165

対象はFXをやったことがない初心だからという事で手を抜いているのでしょう。

 

なんで世界最強のツールに色々とつける必要がある?

プロフェッショナルトレードシステムのメインはツールですが、ツール以外にも色々と以下の特典がついてきます。

特典1:押尾学さんが完全監修したFXトレードスクールLearning FX ZERO
特典2:Learning FX ZERO専用ポータルサイト参加権
特典3:24時間いつでも年中無休の専用サポート
特典4:直接電話コンサルティング
特典5:180日間もの徹底したサポート期間
特典6:プロフェッショナルトレーディングシステム導入説明会
特典7:プロフェッショナルW氏スペシャルセミナー

特典1と2、特典3と4と5は同じ意味ではないでしょうか?
無駄に多く見せているだけですね。

FXの基礎講座だったり、サポートだったりと色々充実しているように見せていますが、そもそもパーフェクトサインツールに従うだけでプロと同じ結果が出せるのであれば、こういった特典は必要ありません。

ツールだけでは不十分だからオンラインのトレードスクールが必要なのでは?と私は解釈します。

値段は298,000円!!!

oshio616

プロフェッショナルトレーディングシステムの値段は298,000円です。
広告塔として押尾氏を起用し、かなり手の掛かったやり方で展開していましたので、やはり・・・という価格です。

どんなものかもわからないツールに30万円も出す価値はありません。
どうせ勝てないツールであることは目に見えています。

今回のプロジェクトはFXをやったことが無い人が対象なので、このブログを見ている方は購入することは無いと思いますが、くれぐれも注意してください。

どうしても押尾氏に会いたいのなら、30万円は安いかもしれませんけど・・・。

タイプ別情報商材ランキング
基礎から学べる商材

応用的な裁量商材

メルマガやってます!

Twitterのフォローお願いします。

おすすめの記事