ドラスト、ブラスト、モントレ、プロトリでおなじみのグローバル・ロイズ社より新商材の「未来予知FX -デイトレism-」が販売されました。

グローバル・ロイズ社の商材と言えば、「MT4で稼働するシグナルツール」という印象が強いですね。未来予知FXもこれまでの商材と同じくシグナルツールがメインです。

しかし、他と違うのは1時間足を利用する点と、エントリー方向に何pips動くかをパーセンテージで示してくれる点です。

今回は未来予知FXについて詳しくレビューしていきます。

未来予知FX -デイトレism-の概要

使用時間足1時間足(デイトレ~スイング)
推奨通貨ペア特になし(どれでも可能)
内容MT4専用のシグナルツールがメイン
販売元グローバル・ロイズ株式会社
価格32,184円

未来予知FXの中身について

未来予知FXを購入すると購入者サイトにログイン出来るようになります。

このサイト内で、必要なインジケーターや解説PDFをダウンロードしたり、解説動画を視聴して使用方法を学んでいきます。

インジケーターはインストラー付きでリック一つでMT4にインストール可能です。
また、MT4を使ったことがない方を対象に、未来予知FX設置の遠隔代行サポートもついています。使いこなせるか不安な方でも安心して利用できるようになるでしょう。

トレードルールの解説は動画形式とPDF形式の2種類があります。
最初は動画を見てじっくり学んで、あとはPDFを読んでトレード手法を確認する、といった使い方をおすすめします。

動画ではこのようにFX探偵が初心者の女性に分かりやすくツールの使い方を教えていく、という対話形式で解説が進んでいきます。

未来予知FXで利用するツールについて

未来予知FXで使用するツール群をMT4に表示させると以下のようになります。

左側に目立った表が出現して、ローソク足、シグナル、バンド、そしてチャート下にはMACDのようなものが表示されます。

ではそれぞれについて解説していきます。

ターゲットフューチャー

未来予知FXの看板的なインジケーターがチャート左に表示されるターゲットフューチャーです。

これは表示させている通貨ペアや現在のレート、足が確定するまでの残り時間を示すほかに、現在のレートからターゲットのpipsまでどれくらいの確率で到達するか?を示します。

使い方としては、例えばロングエントリーする際はLongのパーセンテージを見て、50%以上の確率で到達する値幅分を利食い幅にする、と言った形になります。

(右の画像の状態でロングエントリーする場合は、10pips(73.5%)で利食いするのが良いことになります。)

Future Sight

エントリーシグナル、イグジットバンド、ローソク足によるトレンド表示が一つになった多機能なインジです。

未来予測FXは、矢印が出たらその方向にエントリー、逆向きの矢印が出たら決済&ドテンが一番の基本ルールになります。


(矢印のリペイントはありません)

しかし、これだけでは必ずしも効率が良いわけでは無いため、バンドで全体の流れを確認したり、前述のターゲットフューチャーを利用したり、バンドタッチで利食いをしたり・・・と複数の指標を利用してエントリーを厳選していきます。

また、ローソク足の色もトレンド状況に色わけされ、

  • 上昇トレンドであれば緑色
  • 下降トレンドであれば赤色
  • レンジであれば白色

で表示されます。

次に紹介するTRENDMASTERと同じく、上昇を緑色、下落を赤色で統一していますので、色々とサインは出るものの、見やすいチャートに仕上がっています。

TRENDMASTER

MACDのようなインジケーターに見えると思いますが、実はMACDです。
ただ、ヒストグラムがゼロラインを超えると緑色になり、ゼロラインを割ると赤色になります。

未来予知FXでは、エントリーフィルターとして利用します。

こんな動き方をします

未来予知FXは以下のような動き方をします。

未来予知FXトレードルール

エントリールール

未来予知FXのエントリールールは、前述の通り矢印が出たらエントリーです。
エントリー動画をご覧ください。

サイン点灯時はアラートやメールで知らせてくれる機能が付いています。

基本は無裁量ですが、勝率を上げるためにイグジットバンドで大きな流れを読んだり、TRENDMASTER(MACD)でエントリー方向をフィルタリングするノウハウが解説してあります。

利食い

利食いは大きく以下の3点を参考にして行います。

  • ターゲットフューチャーの示すこれから進んでいく可能性が高い値幅分で利食う
  • イグジットバンドにタッチで利食う
  • 反対の矢印が出たら利食う

この中で一番利大となるのが反対の矢印が出現したポイントでの利食いになります。
逆にターゲットフューチャーを利用する場合は小さくコツコツ利食いする形です。

ですので、ターゲットフューチャーで50%以上の値幅で半分利食い、残りを反対の矢印が出た地点で利食う、というやり方も良いかなと思います。

損切り

損切りはエントリーポイントの直近の高値や安値、もしくは反対側のイグジットバンドに設定します。

損切りポイントはエントリー時に分かりますので、逆指値注文を入れることが可能です。また、ターゲットフューチャーを参考にして利食う場合は、エントリーしてからOCO注文であとは放置も可能です。

未来予知FXを完全無裁量で使うか、半裁量で使うか

未来予知FXは完全無裁量でも半裁量でも使う事のできるツールです。

しかし、無裁量で使うにしても、シグナルのフィルタリング方法や、利食い・損切りルールを複数の選択肢の中から決めておく必要があります。

無裁量トレードルールの例
  • エントリーフィルターとしてTrendMaster(MACD)を使う
  • 利食いはターゲットフューチャーで50%以上のところで利食う
  • 損切りは直近の安値高値で行う

また、半裁量で使用する場合は、主にエントリーシグナルが点灯した時に実際に入るか否か、どこで利食うか?をその時の相場の状況によって判断することになります。

いずれにしても事前に検証しておく必要はあるでしょう。

 未来予知FXのシグナルは過去のチャートを振り返ることで検証可能です。

未来予知FXは勝てるのか?勝てないのか?

未来予知FXはトレンドフォローの手法です。

その中でエントリーフィルター、利食い、損切りについて、様々な選択肢の中からトレーダー自身が自分に合ったルールを組み立てて行く必要があります。

利大を目指すか、それとも利小でコツコツ取っていくか。
このような点についてもトレーダーに委ねられます。

そういった意味では、未来予知FXはトレードツールとしての意味合いの方が強いと言えます。

ただ、エントリーシグナルとTrendMAster(MACD)の組み合わせは相性が良く、無裁量ながらもトレンドに沿った形でエントリーできますのでオススメします。

また、未来予知FXは1時間足を使います。
1時間足は5分足と比較すると足の進み方が圧倒的に遅くなりますが、チャートに張り付く必要がない、という非常に大きなメリットがあります。

チャートに張り付く必要がなければ、他の事に時間を有効に使えますし、値動きを見てイライラする必要もありません。また、数分程度エントリーに遅れたとしても、トータルの結果としてそれほど大きな影響はありません。

未来予知FXにどれほどの優位性があるかについては今後検証していきますが、少なくともルール通りに取引していけば大きく負ける事は無いでしょうし、1時間足を使ったトレンドフォロー手法の入門編としては良いツールだと思います。

未来予知FXをオススメできる人

  • 1時間足でシグナルトレードをしたい人
  • チャートを監視し続けるのが苦手な人
  • 短い足のトレードで消耗してしまった人
  • スイングのトレンドフォローをしたい人

未来予知FXは様々な機能を持ったツールです。
また、1時間足に対応した数少ないシグナルです。

短い時間足のトレードでなかなか勝てない・・・と思っている人でも、大きな時間足に変更すると一気に成績が良くなるケースもあります。

スイングトレード用として作り込まれたツールであることには間違いありませんので、これから私の方でもフォワードで検証していきたいと思います。

このブログからの購入者特典!

未来予知FX 専用特典

  • 最強のトライアングルの法則で月の利益を数倍にふくらませる方法PDF
  • デイトレーダー必見マニュアル!通貨ペアと利益率の高い相場を厳選する方法PDF(トレードチェックシート付き)
  • トレンド相場の未来を見抜いて高勝率なサインを見分ける方法(動画)

通常特典もあります

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で商材のご購入をお願いします。

メルマガやってます!

おすすめの記事