MT4には、ストラテジーテスターという機能が付いています。

これは元々EAのバックテストに利用するための機能でしたが、過去の相場の動きをリアルタイムのように動かせる事から、専用のツール(EA)を利用することで、裁量トレードの練習にも利用することができます。

現代においては、裁量トレードも過去の相場を動かして検証と練習をするのが基本です。

そこで今回の記事では、

  • MT4用の検証ツールとは何か
  • 検証ツールを使うメリット・デメリット
  • 有料・無料のMT4用の検証&練習ツールにはどんなものがあるか

について解説していきます。

MT4用の検証ツールとは?

MT4用の検証ツールを利用することで、MT4の機能の一つである「ストラテジーテスター」を利用して、過去の相場をリアルタイムのように動かしながら仮想売買をする事ができます。

百聞は一見に如かずですので、チャートを動かしている動画をご覧ください。

これは後半でご紹介する「ワンクリックFXトレーニング」という検証ツールの動画です。

MT4には様々な検証ツールがありますが、基本的にはストラテジーテスターを利用することに違いはありませんので、チャートの動かし方などの操作方法はどれも同じになります。

ストラテジーテスターの設定画面は以下のようになります。

Forex Testerとはどう違う?

検証ツールとして有名なソフトにForex Testerシリーズがあります。
これは、MT4ではなくForex Testerという有料のソフトを利用して過去の相場を動かします。

Forex TesterはMT4とは異なり、トレードの検証&練習をするために作られたソフトですので、検証ツールとしての性能や使いやすさにおいてはForex Testerの方が優秀です。

しかし、MT4専用のカスタムインジケーターはForex Testerでは稼働しません。
また、ソフト本体や詳細な価格データは有料になります。

そのため、

  • 有料無料問わずネット上でダウンロードしたインジケーターを使って検証したい
  • できるだけお金をかけずに検証したい

と言う場合は、MT4の検証ツールを利用する方が良いでしょう。

FT4のコンバート機能について
最新版のForex Tester4ではMT4のカスタムインジもFT4用にコンバートする機能が付いていますが、全てのインジケーターを完璧にコンバートできるわけではありません。

私が様々なインジで試した限りでは、ex4ファイルは読み込めない、一部のmq4ファイルも読み込めない、コンバートできない、読み込めたとしても全てが表示されるわけではない、という状況です。あまり期待しない方が良いと思います。

MT4用の検証ツールのメリットとデメリット

MT4用の検証ツールのメリット

メリット
  • 土日でもトレードの練習ができる
  • 速度調節ができるので、数時間で数週間・数ヶ月分のトレード練習ができる
  • 裁量トレードの「裁量技術」を身につけられる
  • 負けても失うものはない
  • リアルトレードの見直しをする時に、相場の動きを再現できる
  • 検証・練習結果がグラフやデータで表示される
  • MT4で使えるインジなら表示させることができる
  • いつもと同じチャートでトレードの練習ができる

MT4用の検証ツールを利用するメリットはかなり大きいです。
過去のチャートを実際に動かして練習できますので、後付け解釈なしで検証できます。

また、オフラインチャートを使用するため、相場が動いていない土日でも、ネット環境が無くても(価格データさえ入っていれば)検証可能です。

もう紙に印刷したチャートの右側を隠して検証する時代ではないのです。

MT4用の検証ツールのデメリット

短所
  • トレードのメンタルまでは鍛えられない
  • 1分足スキャルをやる場合は注意が必要

検証ツールを使っても、リアルに口座資金が増減する時の精神状態までは再現できません。
そのため、検証ツールで勝てるようになったとしても、必ずしもリアルでの勝ちを約束するものではありません。

しかし、自分のトレード手法について優位性を確認したり、自分の裁量技術を磨くという目的においては、やはり検証は必要であることは言うまでもありません。

また、MT4はティックの動きを再現できることにはなっていますが、それはあくまでもボリュームの数字を元にランダムに動かしているだけです。1分足トレードなどの小さい足で、ローソク足の確定を待たない形でエントリー&エグジットする手法の場合は再現度が落ちますので注意が必要です。

MT4用検証ツール紹介

それではMT4用の検証ツールをご紹介していきます。

MT4用の検証ツールは数多くありますが、ストラテジーテスターを利用するため

  • 速度調節方法
  • 検証期間の指定方法
  • 通貨ペア・スプレッドの指定方法
  • 結果レポートの表示方法

などは共通しています。

検証ツールによって違うのは、注文方法の種類やエントリー&エグジットの操作パネル、そして複数の時間足が使えるかどうかになります。

無料ツール

検証ツールは基本的には有料のものが多いですが、中には無料のものもあります。

無料ツールは、注文方法の数が少なかったり、マルチタイムに対応していなどのデメリットはあるものの、とりあえずやってみたいと言う方はこちらから利用することをお勧めします。

Manual_Backtest

トレーダーでありプログラマーのロンドさんが開発されたツールです。
チャート上に注文パネルが表示されて、売り買いのボタンをクリックする事でエントリー&エグジットができます。

ロット調節、指値・逆指値注文といった最低限の操作に加えて、それまでの勝率やPFまでが分かりやすいイチに表示されます。

シンプルな機能ですが、感覚的に使える操作方法と分かりやすい日本語の解説が付いています。初めての方はManual_Backtestをオススメします。

 

ManualBacktest_v4_beta5

Forex Factory内で開発が進んでいるツールです。

英語のみの表示になりますが、ロット変更や指値・逆指値注文の他にも

  • トレイリングストップ注文
  • ロングポジションのみ決済
  • ショートポジションのみ決済
  • 指値注文や逆指値注文の削除

などの豊富な機能が備わっています。
正直なところ、下手な有料ツールよりも優秀です。残念な点としては操作パネルが大きいところでしょうか。

 

MBO_Binary_Options_Simulator

少し脱線しますが、バイナリー用の検証ツールもあります。

このツールは、元々リアルで動く相場でバイナリーオプションの練習をするためのMT4インジケーターです。

しかし、ここでご紹介している練習ツール(EA)を稼働させて、MBO_Binary_Options_Simulatorを表示させると、過去の動きの中でバイナリーオプションの練習ができます。

1回の賭け金やペイアウト率や判定時間の変更ができますので、バイナリーの練習に非常に役立つでしょう。

有料のツール

有料ツール=無料ツールよりも絶対的に優れている
と言うわけではありません。

上記の無料ツールで十分であれば有料ツールを購入する必要はありません。
ただし、有料ツールの中には使い勝手が良かったり、複数の時間足を同時に動かしながら検証出来る機能が付いているものもあります。

どうしてもマルチタイムで検証したい!と言う方は有料ツールを選択した方がいいでしょう。

ワンクリックFXトレーニング

決済に関して痒いところに手の届く検証ツールです。
基本的な機能に加えて、マイナスポジションだけ、もしくはプラスポジションだけを決済といった細かな決済注文を出すことができます。

同時に複数のポジションを取るスタイルの場合、操作しやすいです。
操作パネルも小さいためチャートのを見るときの邪魔になりません。

ワンクリックFXトレーニングの販売ページへ
(マルチタイムには対応していません)
 

トレードギア

クロスリテイリング社から販売されている検証ツールです。
価格は4万円と非常に高価ですが、その割りに合わない性能のツールです。

注文方法等についても必要最低限ですし、何よりマルチタイムに対応していません。
これを購入するくらいなら、無料ツールで十分です。

 

裁量トレード練習君プレミアム

有料ツールで一番オススメなのが裁量トレード練習君プレミアムです。

このツールの一番の特徴はマルチタイムに対応しており、一度に4つの時間軸を同時に動かすことができます。複数の時間足を見ながらトレードする手法の場合は必須の機能と言ってもいいでしょう。

他にも基本的な注文方法に加えて、ロングやショートポジションの全決済、分割決済、指値注文の分割削除など使える注文方法が沢山揃っています。

また、練習君プレミアムの操作パネルはMT4上で固定されるものではないため、自由に移動させられます。

補足:指標の確認

トレードの検証をしていて、その日にあった指標についても気になることがあると思います。

そんな時に役立つのが「Back_to_the_Economic_Indicator」というインジです。
これをチャートにセットして、キーボードの「C」ボタンを押すだけで、ヒロセ通商のサイトに飛んで、その日あった指標の一覧を見ることができます。

指標を気にしながら検証する場合に大いに役立ちます。

まとめ

以上、MT4を使った検証ツールについての解説でした。

検証ツールは無料と有料のものがあり、最低限の検証であれば無料のツールで十分です。
しかし、こだわった注文方法をしたり、マルチタイムで大きな流れを見ながら検証したい場合は有料のツールが必要になってきます。

有料ツールとしては裁量トレード練習君プレミアムが一番オススメです。
これさえあれば、ほとんどのトレード手法に対応できますので、どれか迷った際は練習君プレミアムを選ぶといいでしょう。

メルマガやってます!

おすすめの記事