最近の流れでしょうか、FXの情報商材にも「返金保証」の波がやってきています。

一般的には詐欺、胡散臭いと思われがちな情報商材に対しての信用度を上げるための「返金保証」ですが、ひとつ気になったことがあります。

それは

本当に「返金」をしてくれるのか?

ということです。

実際のところどうなのかについて調べるために、FX情報商材を販売しており、利益を出せなかったら返金保証をすると謳う5社に、「返金保証について」メールで聞いてみました。

5社中4社から返信をいただきました

残念ながら1社からは無視されたようですが、4社からは丁寧な返信メールをいただきました。

こういうところでしっかりとした返信をくれない販売業者は信用できませんね。
返信をしてくれなかった業者の名前を出すことは出来ませんが、ネットでググってみるとあまり評判の良くない商材の販売会社のようです。

販売業者によって対応が全然違ったりしますので、気になったところにはメールをしてみるといいかもしれません。

そして、頂いた返信についてですが、どの販売業者からも
しっかりと返金に対応している」というコメントをいただきました。

これは想定の範囲内。
セールスレターに返金保証と書いておいて、本当かどうかの確認メールを送ったら「返金しませんよ!」とは言えないでしょうから・・・。

返金に応じてくれるのなら、具体的にどうすれば返金してくれるのか?
という質問もしたのですが、これも4社とも同じ回答でした。

簡単に言えば

「取引履歴を送ってもらって、販売側で手法通りの取引をしているかを吟味して返金するかどうかを決める」

ということでした。

4社の中で、一番丁寧に回答をくれた業者に以下のような更に突っ込んだメールをしてみました。

「もしルール通りの取引をしていて、明らかにメンタルの崩壊が見られるようなトレードがあった場合の返金についてはどう対応されていますか?」

すると早速、このような回答をいただきました。

「そういった場合は当社の商品通りの取引をされていないという解釈をさせていただくことになりますので、返金に関しましては対応致しかねます」

何らかの理由でルール通りの取引が出来ていないと判断されれば返金はできないようです。
まぁ当然と言えば当然でしょう。

実際に返金を求める人は多いのか?

先程の業者さんに更に質問しました。

「返金を求める人の割合は何%くらいでしょうか?」

かなり込み入った質問ですが、これも丁寧に答えていただきました。

「大体全体の2%未満です。その中で実際に返金しているのは約半分程度です」

返金を求めた2%以外の人は利益を出しているというわけではないと思いますが、私は案外少ないという印象を受けました。

たとえ利益を出せなかったとしても、返金の申請をするのが面倒だったり、恥ずかしかったりするからではないかと思います。

以前、どこかで「返金保証をつけると売上がかなり上がる」という文章を読んだことがあります。

この販売者さんの場合、返金するのは全体の1%程度ですので、それ以上の売上が「返金保証」によって見込めれば得になるということになると思います。

返金保証によるリスクとリワード。
この辺を考えて販売者側は返金保証を謳うのでしょうね。

メルマガやってます!

おすすめの記事