スイスフランショック後の国内業者の追証問題について考える。

481928106_1280x720

2015年1月15日起きたスイスフランショック。
スイス国立銀行が2011年9月から維持していたEUR/CHFの下限を1.2000と
していたものを突然撤廃し、市場は大きな騒ぎとなりました。

この超サプライズのおかげでEUR/CHFは1.0000を割り込み、
短い時間で2000pips以上の値動きをしました。

繝輔Λ繝ウ

この結果、イギリスの大手FX業者のアルパリ、ニュージーランドのExcel Markets
が破綻しました。

また、アメリカに拠点を置くFXCMも2億5000万ドルの損失を出しましたが、
Leucadia National Corporationから3億ドルの資本注入を受けて何とか
営業を続けています。

これらの業者が大きな損失を被った理由は、顧客の損失額、追証が大きすぎて
回収できない状態にまで陥ったからです。

真面目に顧客の注文をインターバンクへカバーしていたためにこのような
結果となってしまったのです。

しっかりとFXのブローカーとして職務を全うしているのに関わらず・・・です。
想定外の動きだったということでしょう。

国内業者はどうだったのか?

では、国内業者はどうだったかというと、どの業者でも大きな影響は受けずに
営業を続けています。

しかし実際には顧客への追証は発生しており、国内業者でスイスフランを中心に
取引していたトレーダーは、突発的なレートの動きによって、置いておいた
ストップロスに引っかからず大損をした方もいるようです。

その中で、ユーロスイスの逆指値注文が取り消され、ロスカットも数分遅延した
おかげで追証5,000万円を訴えられた方がいます。

その方のブログがこちらです。

この方のブログによると、スイスフランショック発生時、使用していた
ライブスター証券はレートの配信を停止し、その間のストップロスは
引き伸ばされたというのです。

この事実について、しっかりとレート配信を続けたSBIFXはこちら
他社を痛烈に批判しています。

インターバンク市場では、スイス円、ドルスイス、ユーロスイスなどのレート配信を一時的に中断した銀行も存在したようですが、市場でのレート配信がまったく停止した事実を確認されていません。SBI FXトレードは投資者保護の観点に立ち、レート配信をできる限り通常どおりに配信するよう努めました。お客様第一主義の経営理念に立てば至極当然の責務であります。

レート配信を一定時間にわたって停止したB社、C社、D社では、お客様のロスカット判定レートをレート配信再開時のレートを適用しているものと思われます。すなわち、インターバンク市場がレート配信を完全に停止した事実が確認されていない中、意図的かどうかは確認するすべはありませんが、リスクプレミアムをお客様に付け替え自社の都合でレート配信を一方的にストップし、何の根拠も明確にしないままレート配信を再開し、ストップロス判定のレートとして適用する、といったことが複数確認されています。

これでは、お客様自らが損失を限定させるために発注したストップ注文(逆指値)が効かず、損失は拡大する一方です。マーケットの状況に関係なく業者の都合でレートが配信、約定することになりますので、意図的かどうかは無論知る由もありませんが、結果としてお客様にリスクプレミアムを転嫁することになってしまった事実は、今後に課題を残してしまった可能性があるように思います。さらには、金商法の立法趣旨である公正な価格形成等を図り、投資者保護を資するという、観点から問題視されるのではないかと考えます。

SBIFXの言う通り、インターバンクでの取引が続いているにも関わらず、
勝手にレート配信を停止し、その間に出た顧客の損失は全て追証とさせる
というのはかなり身勝手なことであると私も思います。

スイスフランショックの一件で、カバーすらしておらず、顧客のロスカットを
ずらして大きな利益を出した業者もあるでしょう。

今回のスイスフランショックの追証問題は国内のFX業者のレート配信の
透明性を疑わせる結果となりました。

FX業者はスプレッドと約定力だけで選んではいけないことが浮き彫りになりました。
急な動きの時もトレーダーの資金を守るためにしっかりとレート配信を続けて、
注文を受け付けてくれる業者こそ本当に信用できるところであると思います。

このページの先頭へ