Black・AIストラテジーFXの検証結果です。

6月分の検証は、この記事に毎週追加していきます。

 

Black AI・ストラテジーFXの検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ユーロドル、ドル円、ユーロ円

■検証ルール
商材内の「基本ルールBOOK」に忠実に従います。

基本エントリールール(逆張り)では、黄色ラインが底値圏や天井圏にあっても、水平もしくはUターンしてきてから条件を満たしていなければエントリーは見送っています。

トレンド発生時のエントリー方法については、黄色ラインがトレンド方向の底値圏か天井圏にない場合はエントリーは見送っています。

また、特典に記載してある「トレンド発生の予兆を掴み利益拡大する方法」のエントリーは裁量が入りますので、本検証は行っておりません。

利食いはマニュアル内の「長期決済」に従い、損切りについてはマニュアル内そのままに従っています。
結果はスプレッド分を差し引いて記載しています。

 

以上を通常ルールとします。

また、以上のルールでの検証に加えて、当ブログからの購入者特典である「ブラストの弱点を無裁量で避ける方法」の効果についても検証しました。

6月1日~8日までの検証結果

6月1週目は全体的に5月の下落からの「戻り」の値動きながらも、途中ではそれなりの上下が見られました。

ブラストは一方的に動く相場よりは、今週のようなある程度の上げ下げが見られる相場が得意なのですが、優位性を発揮できたのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips 70.4pips 66.2pips -4.6pips 132.0pips
トレード回数 14 16 15 45
勝率(%) 57.1% 50.0% 40.0% 48.9%

前週に引き続き比較的好調な結果となりました。
特にユーロドルやドル円は勝ち負けを繰りかえしながらも損小利大で利益を積み上げられた1週間でした。

一方でユーロ円はレンジ的な動きに阻まれて負ける事が多くてマイナスで終わりました。
金曜日がなければプラスだったのですが・・・。

6月8日金曜日は他に検証している商材でもマイナスとなっており、シグナル泣かせの相場だったようです。

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips 70.4pips 66.2pips 13.6pips 150.2pips
トレード回数 14 16 14 44
勝率(%) 57.1% 50.0% 42.9% 50.0%

今週はブラストが苦手とする動きがユーロ円に1回だけありました。
そこで損失を避けられたおかげで、何とかユーロ円もプラスにして終わることができました。

 

6月11日~15日までの検証結果

この週は、米朝首脳会談、FOMC、ECB、日銀と市場関係者が注目するイベントが連続しました。

そのおかげで相場にも緊張感のある動きとなり、わかりにくい状況が多かったですが、ブラストはどのような結果となったのでしょうか。

通常ルールの結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips 54.9pips 4.1pips -18.6pips 40.4pips
トレード回数 11 11 10 32
勝率(%) 36.4% 36.4% 40.0% 37.5%

今週も全体としてはプラスでしたが、勝率が低く厳しい1週間でした。

ブラストも東京オンリーやプラチナムターボⅡの結果と多少なりともリンクするように感じられます。今週の相場は多くのシステムにとって「合わない」値動きだったようです。

その中でもプラスだっただけ優秀と言っていいでしょう。

 

ブラストの弱点を避ける方法を適用させた結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

Total

獲得pips -16.3pips 13.0pips -18.6pips -21.9pips
トレード回数 9 8 10 27
勝率(%) 33.3% 37.5% 40.0% 37.0%

今週はユーロドルとドル円でブラストが苦手とする動きがありました。

残念なことに、ユーロドルで見送ったトレードの中に大勝ち(+90pips以上)になるものも含まれていました。その結果ユーロドルもマイナスとなり、トータルでもマイナスになってしまいました。

今まではこれほどまでに特典ルールが通常ルールに差を開けられることはなかったのですが、このような事もありますね。

来週以降は「普通の相場」に戻ってくれることを期待したいです。

 

Black AI・ストラテジー FXの販売サイトへ

 

⇒Black・AIストラテジーFXのレビュー記事へ
⇒Black AI・ストラテジーFXの検証記事一覧へ