今週のモントレの検証結果です。

今週も相場が大きく動きました。
FRBの新議長であるパウエル氏の議会証言、ブレグジット問題、そしてアメリカの鉄鋼やアルミニウムの輸入品に対する関税・・・と多くのファンダメンタルズ要素が合わさって、ドル円とクロス円はまた大きく下げました。

そんな大きく動いた相場の中で、モントレはどんな結果となったのでしょうか。

モンスター・トレンドゾーンFXの検証方法について

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で15:00~24:00まで

■検証通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円

■検証ルール
商材内の「基本ルール」に忠実に従います。

ただし、エントリーポイントが多くあるため、ポジションを持っているときは更にポジションを取らないルールにしています。(1ポジルール)
また、利食いや損切りについては、マニュアル内そのままに従っています。

 

以上を通常ルールとします。

また、以上のルールでの検証に加えて当ブログの専用特典である「勝率を高め、損益率を上げる方法」についても検証しました。
(モントレの性能を知ることが目的ですので「適切な通貨ペアの見極め方」を利用した検証は行っておりません。)

2月26日~3月2日までの検証結果

通常ルールの結果

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 93.2pips -17.7pips 258.0pips 333.5pips
トレード回数 7 10 11 28
勝率(%) 71.4% 40.0% 45.4% 50.0%

ユーロ円がマイナスでしたが、他の通貨ペアは好調でトータルでは300pipsオーバーとなりました。

一番調子のよかったポンド円は、2月28日のショート1回で200pips以上の利益となりました。
通常ルールは結構長めにホールドするため、今週のように大きく動く相場では利益が出しやすいですね。

勝率を高め、損益率を上げる方法を適用させた結果

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 60.3pips 3.4pips 103.0pips 166.7pips
トレード回数 8 8 10 26
勝率(%) 62.5% 62.5% 50.0% 57.7%

特典ルールは残念ながら通常ルールの半分程度の結果となりました。

その要因は2月28日のポンド円ショート。
特典ルールでは通常ルールよりも早めに利食うことが多いため、早めの決済となったのがこれだけ大きな差を開けられた要因です。

特典ルールは守りを固めたルールなので、相場が大きく動くときはどうしても通常ルールに差を付けられがちですね。

ただし、検証時間帯にレンジの動きが多かったユーロ円については、特典ルールの方がいい結果となりました。

モントレ販売終了

モントレは3月5日(月)25時59分で販売が終了となるそうです。
販売開始後から好調な結果を出しているだけに残念です。

販売再開の予定はあるようですが、具体的な日時は未定とのこと。
過去の事例から見ても、販売再開までには3ヶ月以上の期間が開くと思いますので、気になる方はお早めにどうぞ。

モンスター・トレンドゾーンFXのレビューへ