ニュートンFXの検証結果2016年10月分

newton

先日、読者の方から、
「ニュートンFXが凄いらしいので、検証してもらえませんか?」
と言うメールをいただきました。

そういえば裁量の必要のないニュートンFXの検証記事は今までに書いたことが無く、
面白そうだと思いましたので、検証を始めることにしたいと思います。

検証内容

■検証商材
ニュートンFX


■検証通貨ペア

ユーロドル、ドル円、ユーロ円、ポンド円

■検証方法
ファーストステージのみの検証を行います。

■検証時間
日本時間の15時から24時まで

検証結果には、各々のスプレッドを加味してしています。

10月3日~10月7日までの検証結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 16.1 52.7 -63.4 89.1 94.5
トレード回数 5 5 7 7 24
勝率(%) 60.0 80.0 28.6 71.4 58.3

(雇用統計日は除外してあります)
ユーロ円が足を引っ張りましたね。
それ以外の通貨ペアは勝率も高く、安定してプラスを積み上げていました。

15分足を使ったトレード手法ですのでトレード回数は少ないですが、
シグナルに従うだけですし、ローソク足が確定したらすぐにエントリーではなく
指値注文を入れて待つスタイルですから、再現性はかなり高いと思います。

10月10日~10月14日までの検証結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 45.6 -16.4 35.2 76.8 141.2
トレード回数 5 4 6 10 25
勝率(%) 80.0 50.0 66.7 50.0 60.0

今週はドル円がマイナスでしたが、他はプラスでした。
ドラゴンストラテジーとは違って爆発力はありませんが、
堅実でコンスタントに取って行くため、波が小さい手法ですね。

無裁量でこれだけの結果になるのは素晴らしいと思いますし、
更にステージ2、ステージ3の手法を加えることでもっと利益を出せることでしょう。

このまま好調が続けば、評価をもっと上げなくてはいけないと思っています。

10月17日~10月21日までの検証結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 34.2 -22.6 17.3 -23.0 5.9
トレード回数 3 4 4 4 15
勝率(%) 100 25.0 75.0 25.0 53.3

10月17日から21日の週は相場が停滞したためにトレンドフォローには
厳しい動きでした。

そのため、前週までは好調だったニュートンFXもトータルではトントンと不調。
正直なところあの動きでならトータルでマイナスにならなかっただけ優秀かなとも
思えます。

また、この週ではトレード回数が他の週と比較すると極端に少なめで、
相場が硬直している時にシグナルが出にくいシステムであることが分かります。

苦手な相場ではエントリーチャンスは少ない、と言うのは優秀なだと思います。

トレンドフォローの手法は、レンジ相場で如何に取引を避られるかが重要です。
そういった意味では、ニュートンFXはしっかりとエントリーを避けられていると
私は思います。

10月24日~10月31日までの検証結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips -26.0 36.3 53.0 7.6 70.9
トレード回数 2 6 5 8 21
勝率(%) 0 83.3 80.0 50.0 61.9

10月終盤はドル円とユーロ円が頑張ってくれました。
大きな動きに乏しい相場で15分足だとレンジな状態が多かったですが、
その中では健闘したのではないかと思います。

10月トータルの結果

EUR/USD

USD/JPN

EUR/JPN

GBP/JPN

Total

獲得pips 69.9 50.0 42.1 150.5 312.5
トレード回数 15 19 22 29 85
勝率(%) 66.7 63.1 59.1 51.7 58.8

色々とあった10月ですが、ニュートンFXはどの通貨ペアでもプラスとなりました。
勝率としては推奨通貨ペアのドル円とユーロドルが高いですが、
獲得pips数で言えばボラの大きかったポンド円が一番でした。

総じて安定していますね。
今後も検証を続けていきたいと思います。

ニュートンFXのレビュー記事へ

このページの先頭へ