こんにちは、正太郎です。
今回も「ドルスキャワールドFX」の検証をしていきたいと思います。

今週のドル円相場は、108円台後半から109円台後半までのレンジ。
週末のジャクソンホール会議が意識されたためか動意は薄く、警戒感がありました。

結果として上のチャートのように、ドル円の日足はほぼ同じレートで陰線と陽線が繰り返されるものとなりました。

その中でドルスキャワールドFXはどのような結果だったのでしょうか。

ドルスキャワールドFXの検証方法について

ドルスキャワールドFXの検証は、出来る限りマニュアルに忠実に、そして裁量が入らないように行いました。

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で以下の時間帯にはエントリーしない
・9:00~10:00
・15:00~17:00
・23:00~0:00
・4:00~8:00
・土曜日の午前2時以降
・重要指標発表(ヤフーファイナンスの★★★)の3時間前から発表まで

■検証通貨ペア
ドル円

■検証ルール
商材内のマニュアルに従います。

以上を通常ルールとします。

これに加えて、当ブログからの購入者特典である「大負けを事前に防ぐための逆指値の損切り」を適用した場合でも検証を行いました。
これを特典ルールとします。

ドルスキャワールドFXの検証結果

獲得pips

トレード回数

勝率

プロフィットファクター

通常ルール 19.0pips 31回 64.5% 1.21
特典ルール 3.4pips 31回 61.3% 1.03

今までにないような不調でした。
検証を開始してかからずっと勝率は7割を超えていましたが、今週は6割台。
日足のローソク足がほぼ同じレートで停滞すると厳しいものがあるようです。

それでも何とか週単位ではプラスとなりました。
これもなかなかなことだとは思いますが、来週以降からは復活してほしいものです。

夜中はトレードしない方が良い?

7月よりドルスキャワールドの検証をしていますが、どうも深夜帯(0時~4時)のエントリーはパフォーマンスが悪いように感じていました。

具体体には、大きな損切りに合う事が多かったり、勝つにしても負けるにしてもポジション保有時間が比較的長かったり・・・と他の時間帯と比較すれば決して良くない印象でした。

そこで7月から8月現在にかけての深夜帯の結果(通常ルール)をまとめてみると驚きの結果となりました。

エントリー時間

獲得pips

トレード回数

勝率

0時~1時 -37.5pips 14回 57.1%
1時~2時 -51.2pips 14回 64.2%
2時~3時 -20.5pips 10回 50.0%
3時~4時 -2.7pips 8回 75.0%

深夜帯は勝率が低めです。
更に大きな損切りに合う頻度も高めなので結果としては全部マイナスです。(合計で約-112pips)
これを見る限りでは、深夜帯にはエントリーはせずに潔く寝る方が結果としてはプラスになることになりますね。

ただし、これは7月と8月の結果のみに焦点を当てた場合です。
もっと長いスパンで見れば深夜帯でもパフォーマンスを発揮するのかもしれませんが、個人的には夜中に無理してエントリーポイントを待つ必要は無いのかなとは思います。

⇒ドルスキャワールドFXの販売ページへ

⇒ドルスキャワールドFXのレビュー記事へ

⇒ドルスキャワールドFXの検証記事一覧へ

このブログからの購入者特典!

1.ドルスキャワールドの弱点を解消するPDFをプレゼント!

ドルスキャワールドFXの大きな弱点は、エントリー時に損切りの逆指値が入れられない事です。しかし、私が検証する過程で、勝率をキープしながらも事前に大負けを避けられる逆指値ポイントを見つけました。
(特典ルールはこのやり方で検証しています)

また、検証の中でドルスキャワールドFXの出すシグナルの中でも特に勝率が高いポイントも見つけました。

それらをPDFにまとめましたのでプレゼントします。
詳しくはこちらをご覧ください。

2.通常特典もプレゼント

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

特典Aと特典Bのどちらを選ばれてもドルスキャワールドFX専用特典は送付させていただきます。

必ずご確認ください

ドルスキャワールドFXはインフォカートで販売されています。
インフォーカートでは特典を選択することができませんので、
購入後、当ブログへ特典Aか特典Bの申請をお願いします。

申請方法につきましては、ドルスキャワールドFX購入時に
特典としてダウンロードできるファイルに記載しております。

⇒ドルスキャワールドFXの販売ページへ