こんにちは、正太郎です。
今回も「ドルスキャワールドFX」の検証をしていきたいと思います。

今週は12月の雇用統計発表後でクリスマスシーズンではあるものの、アメリカのFOMCを中心にユーロ圏やイギリスの重要指標が連続しました。

しかし、ドル円は水曜日のFOMC後に下げたくらいで、それ以外では目立つ動きはありませんでした。やはり12月相場だからでしょう。

そんな中でドルスキャワールドFXはどんな結果となったのでしょうか?

ドルスキャワールドFXの検証方法について

ドルスキャワールドFXの検証は、出来る限りマニュアルに忠実に、そして裁量が入らないように行いました。

検証ルールは以下の通りです。

■時間帯
日本時間で以下の時間帯にはエントリーしない
・9:00~10:00
・15:00~17:00
・23:00~0:00
・4:00~8:00
・土曜日の午前2時以降
・重要指標発表(ヤフーファイナンスの★★★)の3時間前から発表まで

■検証通貨ペア
ドル円

■検証ルール
商材内のマニュアルに従います。

以上を通常ルールとします。

これに加えて、当ブログからの購入者特典である「大負けを事前に防ぐための逆指値の損切り」を適用した場合でも検証を行いました。
これを特典ルールとします。

ドルスキャワールドFXの検証結果(12月11日~12月16日まで)

獲得pips

トレード回数

勝率

プロフィットファクター

通常ルール 39.1pips 22回 77.3% 2.68
特典ルール 16.9pips 22回 68.2% 1.39

ドル円の動き自体は決して良いとは言えませんでしたが、ドルスキャではプラスになりました。ボラティリティが低かったために獲得pips自体は少ないものの、通常ルールでは勝率が77%で大きな負けも無く好調でした。

一方で特典ルールの方ですが、相場のトリッキーな動きにやられてしまって、通常ルールよりも勝率が落ちてしまいました。

その理由としては、下のチャートに示すように、特典ルールで損切りになった後に、大きく戻して通常ルールでは利食いになるケースが2回あったからです。

約半年ほどドルスキャワールドを検証していますが、通常ルールと特典ルールの勝率が違うことはほとんどありませんでした。
しかし、12月の流動性の低下する相場では、突拍子もない動きをすることがあるため、それが事前入れた損切りにヒットしやすい傾向にあるようです。

今年に販売が開始されたドルスキャワールドFX。
販売開始後も少々波はありましたが、順調に高勝率を保ちながら利益を積み上げられました。
12月の残りは、クリスマスシーズンで相場も動かないと思いますので、2017年の検証はこれで終了したいと思います。

2018年にも期待したいですね。

 

ドルスキャワールドFXを特典付きで購入する

 

⇒ドルスキャワールドFXのレビュー記事へ
⇒ドルスキャワールドFXの検証記事一覧へ

このブログからの購入者特典!

ドルスキャワールドFXを120%使いこなすために豪華な特典をプレゼントしています。

1.ドルスキャワールドの弱点を解消するPDFをプレゼント!

ドルスキャワールドFXの大きな弱点は、エントリー時に損切りの逆指値が入れられない事です。しかし、私が検証する過程で、勝率をキープしながらも事前に大負けを避けられる逆指値ポイントを見つけました。
(特典ルールはこのやり方で検証しています)

また、検証の中でドルスキャワールドFXの出すシグナルの中でも特に勝率が高いポイントも見つけました。

それらをPDFにまとめましたのでプレゼントします。
詳しくはこちらをご覧ください。

2.通常特典もプレゼント

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

特典Aと特典Bのどちらを選ばれてもドルスキャワールドFX専用特典は入手できます。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で商材のご購入をお願いします。

ドルスキャワールドFXを特典付きで購入する