atchart

先日レビューしたあゆみ式 A Teachert FX Academyですが、
「フォワードの検証もしてほしい」
というメールを沢山いただきましたので、これから検証していきたいと思います。

かなり注目度の高い商材になっていますね。

検証内容

■検証商材
・あゆみ式 A Teachert FX Academy

■検証期間
2016年 6月26日~7月1日 時間は日本時間の15時~24時まで


■検証通貨ペア

EUR/USD、AUD/JPN、GBP/JPN
(推奨通貨ペアです)

検証結果には、EUR/USDに0.6pips、AUD/JPNに1.0pips、GBP/JPNに1.2pips
のスプレッドを加味しています。

検証ルール

出来る限り機械的にするために、以下のルールで検証しました。

■エントリー
エントリーシグナルに従います。
損切りポイントまでの距離が20pips以上あるなら見送ります。
直前の1時間足が「トレンド」状態で確定していたらエントリーします。

■利確
色々な利確目標がありますが、今回は客観性と再現性を重視するために
直近の高値安値を利確目標にします。

このやり方は、大きなトレンドが出た時に取れる利益は小さくなりますが、
一方で勝率は高めになります。

また、直近の高値に届かず戻ってきた場合はサブラインを割った時点で決済します。

■損切り
損切りルールに従います。
最大損失は-20pipsとします。

あゆみ式 A Teachert FX Academyの検証結果

今週の結果は以下の通りです。

通貨ペア 獲得pips トレード回数 勝率 プロフィットファクター
 EUR/USD 67.4pips 11回 72.7 3.22
 AUD/JPN 27.9pips 9回 66.7%  1.78
 GBP/JPN 46.7pips 1回 100%

初っ端から全部でプラスで好調です。
今回の検証での決済ルールが直近の高値安値なので、
利幅は小さくなってしまいがちですが、それでもいい結果を出したと言えます。

もっと上手に利を伸ばせていたら、更にpipsは増えていたことでしょう。

ポンド円のトレード回数が1回だけなのは、
「損切りラインまでの距離が20pips以上あれば見送る」というルールのためです。
これが無ければもっとトレード回数もあって、pipsも取れていましたが、
ブレグジットショックでボラティリティが高まっている中でのポンド円では
損切り幅を20pipsに抑えられるエントリーポイントは1回しかありませんでした。

検証して気づいたこと

やはり良い手法ですね。
1時間足の流れに沿って5分足で仕掛けるのは道理に合っていますし、
エントリーポイントも誰にもわかるほど簡単なのに精度が高いです。

今かなり売れている商材なのも頷けます。

また、メンバーサイトではQ&A集の中身が追加されていたりして、
コンテンツが更に充実してきています。
今後が楽しみな商材になりそうです。

⇒あゆみ式 A Teachert FX Academyの販売サイトを見る

このブログからの購入者特典!

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

tokutensho

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。

⇒あゆみ式 A Teachert FX Academyの販売サイトを見る