FX INNOVATION CLUBを購入しましたのでとりあえず中身を紹介します。

前回レターレビューしたFX INNOVATION CLUBですが、購入者の方から「是非レビューしてほしい」というメールを頂きましたので、私も購入しました。

メールくれた方の感想としては「FX情報商材を初めて購入したけどいい商材なのか悪い商材なのかよくわからない」とのことでした。

とりあえず私の方も商材内の資料は全部目を通しましたので、今回の記事では中身をご紹介したいと思います。

商材の中身は?

FX INNOVATION CLUBを購入すると、以下のようなメンバーサイトにログインすることが出来ます。

メンバーサイトには本編から特典までの動画が全て置いてあり、このサイト内でトレードについて学んでいく事になります。

セールスレターでは「カリキュラム」と言う形で3か月間かけて学ぶと書かれていますが、購入直後からすべてのコンテンツを視聴することが可能です。

各月のカリキュラムについてざっとご紹介します。

1か月目のカリキュラム

本当に上記のタイトルの動画が掲載されています(笑)
煽りの強い修飾語はセールスレターだけかと思っていました。

内容としては、FX初心者向けのコンテンツです。
外国為替市場やトレードにおける基本的な考え方やMT4の使い方などについて解説した動画になります。

勿体ぶったタイトルばかりですが、別に目新しいことはありませんでした。

2ヶ月目のカリキュラム

ここから徐々にFXトレードに関する解説が始まってきます。
トレンドやレンジの違い、通貨ペアの考え方、ファンダメンタルズ等の解説があります。

他にも、トレードノートのつけ方についての説明がありましたが、これについては結構良い内容だと思いました。

3ヶ月目のカリキュラム

正直な所、1ヶ月目や2ヵ月目は基本的過ぎるコンテンツでした。
ようやく3ヶ月目で具体的な手法が来る!と思っていたのですが、3か月目の解説で出て来たのはチャートパターンやダウ理論、エリオット波動についての教科書的な解説のみ。
(何が法律スレスレだよ!)

それらの情報をどうやって組み立てて手法として活かすかについては一切言及されていません。

結果的には他の商材で本題に入る前に提供される「初心者向けコンテンツ」が本商材のメインコンテンツだったようです。
今までに色々と商材を見てきた私も「嘘だろ?」と愕然としました。

本編を視聴して、「パンローリングの本はおろか、トレードについて基礎的な解説をしているトレーダーブログの方が圧倒的に勉強になる」と感じたことは否めません。

そして気になる具体的なエントリーポイントについても一切解説がありませんでした。
分かったのはダウ理論の第3波を狙うのが良い、という事だけです。

セールスレターであれだけ他の販売業者を「悪質業者」と罵っておきながらこの仕上がりとは・・・。「10億円ファンドで圧倒的実績を実証済みの最新ロジック」とは一体何だったのでしょうか?

この内容なら「有名な投資家たちが逆上してヒットマンを雇い狙撃に来る」ことは絶対ありません。

特典の方がメインか?

「本編」と銘打つには酷過ぎるレベルで「こりゃ酷いな」と思いながら「特典」の方を見ていくと、特典中の「FX 神 Trade Master Program Advance」の中に本編よりも少し詳しいトレード手法解説がありました。

「FX 神 Trade Master Program Advance」で使用するチャートはこのようになります。

このチャートで5分足と1分足を使ったトレード手法の解説があることはあるのですが、エントリー例が非常に少なくあまり参考になりません。

コンテンツを3ヶ月以上実践して50万円以上に利益が得られなかったら返金してくれるそうですが、そもそも手法自体が曖昧であれば「実践」のしようがありませんね。

また、本編や特典全体を見ても、販売者が以前出していた商材のRichesse Life FXで解説されたとされる「ウォルフ波動」への言及は一切ありませんでした。

ウォルフ波動を利用する手法はバックエンドとして提供される可能性が高いと思います。

情報量は確かに多いが、それは購入者が求めるモノではない。

以上、FX INNOVATION CLUBの内容のご紹介でした。

セールスレターから読み取れることではありましたが、全体として超初心者向けで、コンテンツとしてのまとまりも悪く、ネット上で手に入る表面的な情報ばかりなので、少なくとも私は読者の方にお勧めすることはできません。

確かにコンテンツの量は多いですが、購入者が求める「具体的な手法」が曖昧であっては話になりません。

後日改めて評価の点数をつけた記事を書きたいと思います。

⇒評価記事へ

このページの先頭へ