3次元ベータトレード3期の募集が始まった!

beta16

これから夏にかけてFX関連のセミナーや塾が盛んになってくる時期ですね。
そんな中、一際目を引く商材に、「3次元ベータトレード」というものがあります。

これは2014年から始まったFXトレードの手法を教えるセミナーで、
2014年の第1期では500名、2015年の第2期では200名が参加。
この手の商材にしては大好評と言ってもいいのではないでしょうか?

販売ページを見てみると、FX商材にしては珍しく女性が!

3d2

限定募集ということで時間はありまりありませんが、
レターレビューをしてみたいと思います。

持田有紀子氏とは?

商材の販売ページで大きく目を引かせる女性。持田有紀子氏。

この方が3次元ベータトレード手法の考案者であり、セミナーの講師のようです。

経歴としては元野村證券勤務、その後は投資情報サービス会社を設立して
現在は同社の代表取締役とのことです。

セールスレターの中では野村証券自体のエピソードが色々と出ていますが、
これも商材に「箔」をつけるための事でしょう。

三次元ベータトレードには、一切の修行やトレーニングが必要ない?

私は、セールスレターのこの言葉を見てびっくりしました。

3次元ベータトレードには、
修行やトレーニングが必要ないのです。

更に、3次元ベータトレードの特徴として以下の事が挙げられています。

sanjigen2

つまり、全くの初心者でも、スグに月利40%ものパフォーマンスを叩出し、
それが50年、100年と続けられる。
ということになります。

あなたはこんなにうまい話が信じられますか?
月利40%ならば、1年間複利運用すれば資金は約57倍に膨れ上がるのです。
10万円で始めたら、1年後は570万円です。
更にもう1年続けたら3億214万円です。

初心者でもこんなことが可能ならば、誰が相場で損失を出すのでしょうか?
それだけ3次元ベータトレードには他の市場参加者には知り得ない、
とてつもない優位性があるというのでしょうか?

どんな手法が学べるのか?

3次元ベータトレードFXで学べる手法は、通貨、株式、債券、コモディティの4つの
マーケットから6つの金融商品間に見られる相関を利用するものだそうです。

beta4

例えば、日経225とドル円では相関があるといわれていますが、
この相関からエッジを引き出すということになります。

と言ってもサヤ取りのような手法と言うわけでもなく、
さまざまなマーケットから得られる情報を利用して片張りでエントリーするようです。

トレードで勝っている人の多くが、色々な市場のチャートを見ているのは事実です。
このセミナーでは、どうやってそれらの市場を把握して、
優位性のあるトレードができるかを解説してくれるものと推測します。

しかし、セールスレターの内容は話半分で理解しておくのが正しいように思えます。

多少高いが、他に似たようなノウハウは無く、独自性は高い!

3次元ベータトレードは価格は約25万円と一般的な商材よりもお高いです。

sanjigen3 (1)

この価格であっても、勝てるノウハウが身につくのならば安いものですが、
商材レターを見る限り、初心者向けでは無い様に感じられます。

また、ネットで3次元ベータトレードの感想を検索してもなかなか出てこないんですよね。
過去に購入経験のある方、ご意見を頂ければ幸いです。


⇒販売ページを見てみる

このブログからの購入者特典!

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

tokutensho

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ