アドバンスド・ホーミングFXは到達レベルの高い稀有な商材だ。

homing1

本物のトレーダーによる、本物のトレード解説書!

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・9点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・27点!!

対象者:中級者・上級者

今回ご紹介するアドバンスド・ホーミングFXは、2009年に販売が開始された
ホーミングFXの進化版です。
FXの情報商材としてはかなりの長寿であり、非常に人気の高いマニュアルです。

手法は裁量トレードでオリジナリティが高く、マニュアルを読んでいて
グッ」と惹きつけられるものを感じました。
それだけ説得力があり、私自身も納得し、実際にやってみようと思える内容なのです。

先に書いておきますが、この商材は本物です。
トレードについて基本的なことを知ってはいるけど、そこから一歩進めない
とお悩みのあなたに是非お勧めしたい内容となっています。

販売者の千草氏とは?

アドバンスド・ホーミングFXの作者・販売者である千草明氏はかなり長いこと
専業トレーダーをされている方です。

千草氏のトレーダーとしての実力やトレードにおける造詣の深さは、
彼のブログであるFX意識改革ブログ読めばすぐにわかるでしょう。
トレードで役に立つことがわかりやすくまとめられていますし、
かなり教養の高い方であることがその文章からはかり知ることができます。

また、商材の販売ページを読んでみると、一般的な商材のセールスレターとは
全く違う構造になっていることに気がつきます。

通常なら、いかにこの手法が素晴らしいか、簡単に勝てるようになるかを
言葉巧みに全身全霊でプッシュして、閲覧者を興奮させようと躍起になるものですが、
本商材のレターは本当にあっさりとしています。

まずはリスクについての話から・・・というのは本物のトレーダーらしいですね。
トレードの本質を伝えたい気持ちが伝わってきます。

気になる商材の中身は・・・

さて、気になる商材の中身は以下の通りとなっています。

PDFマニュアル・・・98ページ
MT4用テンプレート
トレード動画・・・5時間弱
メールサポート
サポートブログ:千草明の相場観の閲覧権(2016年1月より無期限)

アドバンスド・ホーミングでは、まずはPDFマニュアルを読んで、
トレードルールを頭に入れてからトレード動画を見ることを推奨しています。

PDFのページ数100弱としては、一般的な情報商材の平均クラスではありますが、
内容が濃いために、私は今までには無いほどに読むのに時間がかかりました。
読んでいても、筆者のトレードの力量の高さがわかります。

また、トレード動画は5時間弱にも及ぶもので、千草氏がチャートの解説を
しながら実際にエントリー&エグジットをして利益を積み重ねる様を
見ることができます。

advanced how

PDFを読み込む⇒動画を見る⇒再度PDFを見る・・・と言った流れで何度も何度も
ポイントを整理しながら頭に叩き込むことで、情報がクリアになることでしょう。

そして、この商材はそれだけの努力をする価値があります。

「専業トレーダーの私が、ガチンコで作った至極まともなFX教材です。」
の言葉に嘘偽りのない、非常に上手に纏まったFX教材だと言えます。

使用するインジケーター及び時間軸

ホーミングFXでは、以下のインジケーターを使用します。

・10SMA
・ボリンジャーバンド30
・RSI
・フィボナッチタイムゾーン

homing1

利用するインジケーターは全て最初からMT4に内蔵されているものばかりです。

使用する時間軸は主に1時間足と5分足。
2つの時間軸をみてマルチタイムフレームで仕掛けます。

フィボナッチタイムゾーンはあまり聞きなれない指標ですが、
こんな使い方ができるのか!」と個人的には目からウロコでした。
すぐに色々と試しました(笑)

ボリンジャーバンドとMAの動きから相場の状況を把握し、臨機応変に仕掛ける手法

アドバンスド・ホーミングFXの最も特徴的なところは、相場状況を
「安定的状態」「不安定的な状態」の2種類に大きく分けることです。

各状態には、レンジ相場、トレンド相場、トレンド転換相場の3つがありますので
以下のように合計で相場を6つに分けて認識していきます。

■安定的状態
・レンジ相場
・トレンド相場
・トレンド転換相場

■不安定な状態
・レンジ相場
・トレンド相場
・トレンド転換相場

この分類に使用するのがボリンジャーバンドとMAです。
これらの形や傾き具合で判定していきますが、かなり具体的かつ明確に
判定方法が書かれているので、慣れてしまえば問題無いでしょう。

相場状況が分かったら、あとはその状況に即したエントリーをするだけです。
アドバンスド・ホーミングでは7つもの手法が解説されており、
各手法は、どの相場状況で使うかがきっちりと決まっているので、

「今は5分足が安定なトレンドだから、手法2でやればいいんだな」
と迷うことなくエントリーができるのです。

adva
(テキスト内ではこのように分かりやすく手法の特性等がまとめられています。)

相場に合った仕掛け方がわかりますので、変なトレードは格段に減るでしょうし、
トレードのストレスの軽減にもつながります。

また、本商材でもう一つ特筆しておきたいのがエントリーしたらOCOを入れる
というやり方が可能であるということです。

各手法について適切なリスクリワード値が定められており、
それに則ってOCOを入れて後は放置すれば、チャートにしがみついていなくても勝手に
決済してくれるのです。

手法全体を見ても、アドバンスド・ホーミングは、トレーダーの精神的な負担を
減らせるように出来ていると感じられます。

そして気になる手法の精度ですが、しっかりと相場状況を理解して、
それに合った手法でトレードしていけば、まず勝てると思います。

当然勝率は100%ではありませんが、使いこなせれば千草氏のように
月に数十%以上の利益を出すのも可能でしょう。

サポートブログが無期限で閲覧可能になった!

本商材のサポートブログである「千草明の相場観」は、月額2,980円と有料の
コンテンツでした。

しかし、2015年で更新は終了したため、2016年からアドバンスド・ホーミングの
購入者は無期限無料で閲覧できるようになりました。

過去ログは4年分あり、当時のリアルタイムのチャートで、千草氏がどのように
トレードプランを練っていたのかがわかりますので、ケーススタディ集としては
相当なボリュームです。

homing2

以前は「サポートブログを無料にしてくれたら・・・」と書いていたのですが、
まさか本当に無料になるとは思ってもいませんでした。

今後の更新はありませんが、アドバンスド・ホーミングを補足するための
サポート教材と考えれば本当にありがたいサービスです。

決して初心者向きではない

アドバンスド・ホーミングFXは中々高度な手法ですので、
FXの初心者にはお勧めできません。

というのも、ボリンジャーバンドやMAを使った相場状況の判断は裁量が
必要で、チャートに不慣れな方には混乱を増すだけだからです。

逆に言えば、ある程度チャートに親しんだ方には是非お勧めしたい商材です。

特にビクトリーメソッドアドバンスやマエストロFXを購入して、
しっかり勉強したけど、なかなか利益に結びつかないと悩んでいる方や、
もう少し具体的な狙い方やエグジットについて知りたい方には、
発展編として非常に有効だと思います。

相場の状況をボリンジャーバンドとMAで判断して、それに合った手法で仕掛ける。

という考えは、VMAやマエストロFXとも似ていますが、
アドバンスド・ホーミングの方がより具体的ではっきりしています。

本気で努力して、裁量トレードで勝ちたい人にお勧めしたい!

アドバンスド・ホーミングFXは、裁量トレード商材では最高峰であると言えます。
ただし、最高にいい商材だからといって、勝ちを約束するものではありません。

ほかの商材と同様に、利用者が本気で努力して行かないと利益に結びつかない
ことは言うまでもありません。

ただし、この商材は相場状況を分類しながらエントリーしますので勉強しやすく、
努力が結果に結びつきやすい手法だと思います。

本気で専業トレーダーになりたい方、本物の手法を学びたい方は是非どうぞ。

⇒アドバンスド・ホーミングFXの販売ページに行く

このブログからの購入者特典!

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

アドバンスド・ホーミングFXはインフォカートで販売されています。
インフォーカートでは特典を選択することができませんので、
購入後、当ブログへ特典Aか特典Bの申請をお願いします。

申請方法につきましては、アドバンスド・ホーミングFX購入時に
特典としてダウンロードできるファイルに記載しております。

advanced829

⇒アドバンスド・ホーミングFXの販売ページに行く

このページの先頭へ