kyo

トレードの考え方、何が大切かを教えてくれる一品

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・4点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・2点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・15点!!

対象者:中級者

以前ご紹介した専業トレーダーを目指すなら、読んでおきたいブログ選
の中の一つである「FX教育委員会」のFXラスティさんが執筆された商材です。

このブログは非常に参考になることが多く書かれていたのですが、
残念ながら現在はブログはお休みされているようです。

さてこの商材、ブログの販売ページにも書かれているとおり、
読めば誰もが勝てるようになる魔法のレポートではありません。

他の優良商材のように、丁寧にトレード手法について体系的にまとめて
わかりやすく解説したものではありませんし、このレポートだけのオリジナルな
テクニックが書かれているわけでもありません。

そのため、「FX商材」として考えた場合は高い評価点にはならないのですが、
トレード手法を考える上で大切にすることは何なのか?」ということを教えてくれる
ということで考えると、かなりの高評価になります。

何がかかれているの?

このレポートで書かれている内容は、ズバリ相場環境の認識方法です。
ダウ理論、水平線、トレンドライン、チャネルラインをベースとして、
筆者がどのように相場環境を認識しているかが中心となります。

使うチャートはこのようなものになります。

kyoiku
画像はメルマガのアーカイブより

上でも書いたように、このレポートでは具体的な手法解説をしているわけでは
ありませんので、トレード手法に関する情報はかなり少ないですし、
ケーススタディ的なものもありませんので、「手法」を求める方には向きません。

筆者がどういった目線、考え方でトレードしているかを例にして、
「どんなトレードをしていくべきなのか」を読者が自分で考えるため
書かれたものであると私は解釈しています。

そう考えると、トレードで参考になることは多く書かれており、
FXラスティ氏のトレード哲学が詰まった正に「レポート」であると言えるでしょう。

どんな人にお勧め?

FX教育委員会レポートは、勝てる手法を求める方には向かないと思います。

FXの初心者向けではなく中級者以上で、トレード経験を積みながらも
思うように行かず行き詰まった人に、新たな考え方や取り組み方を教えてくれる
ものではないかなと感じました。

少し値段が高いですが、FX教育委員会のブログを読んで筆者の考えに同意し、
感銘を受けた方なら読んで損は無いと思います。

⇒『FX教育委員会レポート〜相場状況の認識によるトレード〜』の販売ページを見る