取っつきやすそうで実は難しい手法

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・6点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・2点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・20点!!

今回ご紹介するFXスキャルピング革命は、ちょうど一年前の2016年10月にクロスリテイリング社より販売開始された商材です。

当ブログでも販売直後にレターレビューをしましたが、明らかに盛りに盛ったセールスレターに嫌気がさして購入には至りませんでした。

FXスキャルピング革命は話が出来過ぎている気が・・・【レターレビュー】

その後しばらくしてFXスキャルピング革命は販売終了となったのですが、先日再販されましたので購入してみました。

講師はクロスリテイリング創業者のFX-Jin氏。
彼自身はクロス社のセールスレターに幾度となく参上していましたが、それは手法の考案者や講師というわけではなく「プロデューサー」と言う立場でした。

しかしこのFXスキャルピング革命は、恋スキャFX以来ひさしぶりにFX-Jin氏が講師を務め、しかも「かつてシグナル配信をしていた頃の手法」とのことで多くの注目を集めたのは確かだと思います。

「彼が本当にシグナル配信をしていたのか?」「本当に1700人の会員資産を10倍にしたのか?」といったツッコミは置いといて(笑)、解説されている手法が有効かどうかを中心にレビューしていきたいと思います。

2つのロジックが解説してある

FXスキャルピング革命では2種類のトレードロジックが解説してあります。

一つ目がFX-Jin氏がシグナル配信をしていた頃に使用していた手法をロジック化したスピードスキャル、2つ目が初心者の高橋氏の要望に応えてFX-Jin氏が新たに考案したカウンタースキャルです。

両者とも5分足を使用することは共通していますが、考え方や使用するインディケーターは全く違ったものになります。

では詳しく見ていきましょう。

スピードスキャル

スピードスキャルはブレイクアウトを狙うトレンドフォロー型のロジックです。

推奨通貨ペアはユーロドル、ポンドドル、ポンド円、ユーロ円、ドル円
使用するインジはローソク足とストキャスティクスのみのシンプル設定です。

テンプレート通りにチャートを設定すると以下のようになります。

エントリー方法は以下の通りです。

  1. ストキャスティクスとローソク足の波形が条件を満たしたらエントリー準備。
  2. 高値や安値をブレイクしたらその方向にエントリー。

エントリー後は利食いと損切りの注文を入れます。
利食い幅は10pips固定ですが、損切り幅はその時の状況によって変わります。
そのため、場合によっては損小利大の時もありますし、損大利小になる時もあります。

ロジックとしてはシンプルです。
ただし、ローソク足の「波形」の見方に結構裁量が入りますので、再現性はそこまで高いとは言えません。しっかりと波形を見極めるための検証をしなければ、無数にエントリーポイントが見えるような状況になりかねません。

しかし、波形が分かった上で損小利大になりやすいポイントで重点的にエントリーしていけば、高勝率で損小利大のトレードが狙えると思います。
動画内でも解説がありますが、1時間足と組み合わせてマルチタイムで相場分析していけば、更なる高勝率も期待できます。応用できる幅は広いですね。

ポジション保有期間は短めですので、チャート監視時間が限られている方でも問題なくトレードできるでしょう。

 

カウンタースキャル

カウンタースキャルはその名前の通り5分足の逆張りロジックです。

推奨通貨ペアは、ポンド円、ポンドドル、ドル円、ユーロドル
使用するインジはスピードスキャルとは少し違って、SMA、MACD、ストキャスティクスを使います。

テンプレート通りにチャートを設定すると以下のようになります。

エントリー方法は以下の通りです。

  1. SMAでロングするかショートするかをフィルタリング。
  2. MACDが条件を満たし、ローソク足も波形を満たしたらエントリー。

利食いはストキャスティクスを参考にし、場合によっては伸ばして大きな利益を狙います。
損切りポイントは事前にチャートから分かりますので、逆指値を入れられます。

カウンタースキャルのロジックは、5分足だけで見れば逆張りになりますが、大きな時間時の向きを示すSMAの方向にエントリーしますので、ピンポイントで「押し目買い」や「戻り売り」を狙う事になります。そのため、場合によっては多くの利益を得ることも可能です。

私も確かに理にかなった手法だと思います。

しかし、ここで問題になるのが「波形」です。
スピードスキャルでも「波形」が出てきましたが、カウンタースキャルでも「波形」が重要です。「波形」と言っても、スピードスキャルの「波形」とカウンタースキャルの「波形」は違うものになります。

どちらの波形の見極め方が難しいかと言うと、明らかにカウンタースキャルの方です。

曖昧になりやすい波形についての解説もあるのですが、個人的には「もっと多くのチャートを出してほしかった」と思います。

FX-Jin氏もまずは「スピードスキャルの習得から」と言われていますので、カウンタースキャルはスピードスキャルを学んだ後に検証していく方が良いと思います。

「波形」をモノにできるかどうかが勝負の分かれ目

以上、FXスキャルピング革命で解説されている2つの手法についてご紹介しました。
この手法で勝てるようになるかどうかのカギは「波形」を理解できるかどうかだと思います。

波形の解釈はどうしてもトレーダーの「目」に依存します。
慣れていない方がいきなりスピードスキャルとカウンタースキャルの両方でトレードしようとすれば、かなりの高確率で混乱するでしょう。

セールスレターに書かれてある「未経験者がいきなり2つのロジックを使いこなし・・・」と言うのは相当なセンスが無いと厳しいと思います。

まずはスピードスキャルをしっかりと検証して手ごたえを感じられるようになったらカウンタースキャルへ・・・という流れで学んでいくのが効率的です。

そんな意味では、「ステップアップしていけいる商材」と言えますね。

取っつきやすそうで実は難しい手法

FXスキャルピング革命の2つのロジックは、解説を見るだけなら非常に簡単そうに思えるのですが、いざ実際にやろうとするとなかなか難しいと感じる手法です。

しかし、ロジック自体は悪いものではなく、使い方次第では勝てると思います。
セールスレターに「未経験者でも楽にマスターできる」といった文言がありますが、しっかりと使いこなせるようになるためには、検証や練習が必要不可欠です。

ロジックの意図するところを理解し、「波形」を見極められるようになるための努力ができるのであれば、購入する価値はあるかなと思います。

⇒FXスキャルピングFX革命の販売ページへ

当ブログからFXスキャルピング革命の限定特典!

scarev6

当ブログよりFXスキャルピング革命をを購入された方へ特別特典をご用意しています。

FX-Jinが伝える、成功した投資家に共通する3パターン投資の可能性を知り、あなたの未来を広げる動画

FX-Jinがこれまで出会ってきた成功している投資家に共通するパターンとはどういった部分なのかお伝えしていきます。
成功している多くの投資家が行っていることを参考にしていただき、あなたが投資で成功した未来を今からイメージしていきましょう。

稼げるトレーダーになるための情報教材の選択と活用方法~情報教材の今と昔~

こちらの動画では、稼げるようになるために、どういった観点から情報教材を選べば良いのかという取捨選択と、その活用方法をどう行っていくのかという内容を情報教材の過去と現在を比べてお伝えしていきます。 ぜひご覧になってください!

 

さらに当ブログオリジナル特典もプレゼント!

以上の特典に加えて、当ブログオリジナル特典も期間限定でお付けしています。

特典には特典Aと特典Bがあり、どちらかを選んでいただく形となります。

各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。
(特典Aと特典Bのどちらを選ばれてもFXスキャルピング革命の専用特典は入手できます。)

⇒FXスキャルピングFX革命の販売ページへ