クロスリテイリングより新たに販売された商材である「スマート・プロフェッショナルFX(スマプロFX)」を購入しました。

セールスレターによると今作のウリは、「個人トレーダーには明かされることの無かった機関投資家の技が、スマホだけで簡単に出来てしまう!」と言う点にあるかと思います。

私自身はスマホだけで相場分析からエントリーとエグジットを完結させることに抵抗を感じる人間なのですが、そうじゃない人もそれなりにいるという事なのでしょうか?

スマホだけでは必然的に表示領域が少なくなりますし、誤タップ等もあるので私としては出先でのポジション確認等でしか使っていません。

しかし時代の流れを考えると、パソコンで取引する人たちが「オールドプレーヤー」になる可能性も否定できませんね。

最初から話がずれましたが、スマプロFXの内容と軽い感想をまとめていきたいと思います。

講師は藤田昌弘氏

藤田氏は20代前半である証券会社のFXの立ち上げに関わり、そこでは顧客対応、電話対応をしていたそうです。
その業務の中で色々と葛藤があったため退職。
その後は個人投資家、機関投資家を経て現在は再び個人投資家をされているようです。

トレード歴は12年という事で講師としてのキャリアは十分ではないかと思います。
しかしセールスレターでは取引履歴が一切掲載されておらず、あくまでも月単位、年単位でどれだけのpipsが取れたかを示しているだけなのが少々気になります。

また、動画を見て「藤田氏は少々独特な喋り方をするなぁ」と思いました。
緊張しているのかは分かりませんが、ちょっとオネエっぽさを感じます。

商材の内容について

スマプロFXを購入すると、下のような専用サイトにアクセスできるようになります。

このサイト内で動画を視聴したり、必要な資料をダウンロードしていく事になります。

スマプロFXでは

「スタンダード講座」
「ステップアップ講座」
「プロフェッショナル講座」
「特典」
「リアルトレード」
「フォローアップ」

と動画講座が分けられており、トータルとしてのボリュームはそれなりにあります。

しかし、相変わらず「FXとは?」から始まる初心者向けのコンテンツが多く、「それをやるならもっとトレード例を出してほしい」と感じました。

クロスリテイリングの商材は必ず「初心者向けコンテンツ」を講師ごとにわざわざ作成しています。初心者向けコンテンツは誰が喋っても同じですから、クロスリテイリングの共通コンテンツとして、FX-Jin氏が代表して作成して、どの商材を買っても見れるようにしておけばいいのに・・・と、いつも思います。

その一方で、各講義のページには質問を書き込める欄があり、他の購入者の質問とクロス社からの回答が表示されているので、他の人がどんなところで疑問を持ったのかが分かって便利です。

スマプロFXの手法とは?

ではスマプロFXの手法についてご紹介していきます。

手法の概要

■推奨通貨ペア
AUD/JPY、AUD/USD、USD/JPY、EUR/USD、EUR/AUD

藤田氏によると、「豪ドル円」と「豪ドル米ドル」が初心者におすすめとのことです。

■使用時間軸
メインは15分足、応用的なスキャルロジックで1分足

 

エントリーは本当に簡単!

スマプロFXはスマホだけで相場分析とエントリー&エグジットが簡潔出来ることを謳うだけあって、本当にシンプルかつ再現性が高いです。

トレードの基本はボリンジャーバンドの±2σ、もしくは±3σからの逆張り。
これに第三の分析としてあるレートに水平線を引き、水平線よりレートが上ならロング、逆にレートが下ならショートで仕掛けていきます。
この第三の分析ラインの引き方ははとても簡単で、一度説明を見れば誰もが実践できるはずです。

エントリーポイントの例を掲載していきます。

上のチャートはロングポイントの例です。
レートが第三の分析ラインよりも上にあるのでボリバンの-2σにレートが当たったところで仕掛けます。
チャート上の水色の四角はボリバンの-2σにタッチしたら点灯するシグナルです。
(当ブログの購入者特典にしています。)

 

上のチャートはショートポイントの例です。
レートが第三の分析ラインの下にあるので、ボリバンの2σにレートが当たったところで仕掛けます。
チャート上の赤色の四角はボリバンの2σにタッチしたら点灯するシグナルです。
(当ブログの購入者特典にしています。)

 

エントリーが終わったらOCO注文を入れてあとは放置

エントリーが終わったらすぐに利食いと損切りのOCO注文を入れられるのがこの手法の良いところです。

利食いと損切りの幅は通貨ペアやその時のボラティリティ関わらずpips固定で、そのリスクリワード比は5:6と損切り幅の方が広めです。ですから、勝率は最低でも54.5%以上は無いと利益が出せないことになります。

理想としては6割以上の勝率が欲しいところでしょうか。

 

一応他にも色々と解説はしてあるが・・・

以上がスマプロで解説されている藤田流のメインロジックでした。

他の方はどう思うか分かりませんが、私の率直な感想は「え?これだけ?」でした。
一応他にも利食いを伸ばす方法やオマケ的な扱いで1分足トレードの手法についても書かれていますが、どうも無理矢理追加したした感は否めず、メインはやはり上記のロジックです。

確かにセールスレターにあるようにスマホ1台で簡単にトレードすることが出来ますし、再現性は文句なしで高いのは間違いありません。しかし第三の分析を使うとは言っても、ボリバンの±2σからの逆張りでエントリーしていく事にどれだけの優位性があるのかは疑問が残ります。

更に検証してレビューしたいと思います

以上、スマプロの内容のレビューと私の感想でした。

もう少し詳しく検証してから点数を付けて記事にする予定ですが、現時点で感じていることとしましては、以下の4点です。

  • メインロジックは勝つ時と負ける時の差が激しい
  • メインロジックに裁量を入れて勝率を高める方法の解説が乏しい
  • 本当に勝率7割?
  • エントリーするまでチャートにはりつく必要がある(スマホで出来るってこういう意味?)

上の中でも特に「これで勝率7割は無いだろ・・・」と思っていたら、購入者の中で同じ質問をされている方がいらっしゃいました。
その方の質問に対する回答は、「勝率7割は基本ロジックだけでなく応用編のロジックや裁量が含まれた実績」とのこと。

メインロジックに忠実に従うだけで勝率7割は無理のようです。

続きのレビューは以下をご覧ください

スマート・プロフェッショナルFX(スマプロFX)で勝つのは困難かと・・・

⇒スマート・プロフェッショナルFXの販売ページへ

当ブログからスマート・プロフェッショナルFXを購入者された方にプレゼント

1.ボリバンのタッチを表示するインジ

スマプロFXのエントリーのトリガーはボリバンタッチです。
ボリバンタッチでエントリーするのはじっとチャートを見続けないといけない難点がありますが、このインジを表示させるとボリバンの±2σ、3σにタッチした時にシグナルとアラートが鳴ります。

これを使う事でエントリーポイントが明確になりますし、過去の検証をする際にも便利だと思います。

 

2.販売者様より頂いた特典もあります

他にも、販売者様より頂いた特別特典もご用意しております。

  • 元機関投資家・藤田が解説する、資金管理の重要性と、お金を守るための考え方
  • FXの最大の敵!ポジポジ病の克服方法をプロが解説!
  • 元機関投資家が解説!2017年前半相場の振り返りと、2017年後半相場の予測

 

さらにさらに当ブログオリジナル特典もプレゼント!

以上の特典に加えて、当ブログオリジナル特典も期間限定でお付けしています。
特典には特典Aと特典Bがあり、どちらかを選んでいただく形となります。

各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

 

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。
(特典Aと特典Bのどちらを選ばれてもスマプロFXの専用特典は入手できます。)
⇒スマート・プロフェッショナルFXの販売ページへ