FX局所必勝パターン秘技伝授(シンジケートFXシステム)は安めだからと言って購入してはいけない。

syouritu97

具体性が乏し過ぎる

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・0点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・0点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・0点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・0点!!

対象者:誰にもお勧めできない

今回は久々にDLマーケットで販売されている商材のレビューをしたいと思います。
タイトルは、「F X 局 所 必 勝 パ タ ー ン 秘 技 伝 授 」です。

本ページのトップにも掲載しましたが、勝率97%と言う数字が目に入ります。
通常、90%以上の高勝率を謳う手法はナンピンを取り入れる傾向にあり、この商材もその一つだと思って購入しました。しかし意外なことにナンピンは必要のない手法でした。

では、本当にナンピン無しで勝率97%を達成できるのかと言うと・・・
そんなことは無理です。

そもそも手法について勝率を語るのであれば、具体的なエントリーとエグジットポイントが決まっていないといけないわけですが、この商材で解説されているのは相場の傾向についてのみ。

どこで入ってどこで出るのかは本当に非常に淡く曖昧に書いているだけなのです。
勝率97%という数字はどこから来たのかは分かりませんが、何の根拠も証拠もありません。この書き方は詐欺的と言ってもいいでしょう。

しかも面白いことに商材内でこのような記述がありました。

FXに100%は存在しない
FXの世界に理論上100%はありえません。常に不確定要素に囲まれながら蠢く巨体です。

100%はありえないが、97%ならあり得るというのでしょうか?
ほとんど矛盾しています。

PDF7ページ!!!!!

この商材の販売価格は4900円とDLmarketで販売されている商材の中でも比較的安めになりますが、PDFのページ数は7ページ

確かに価格は安いですが、DLmarketの商材らしいページ単価の高さです。

この手の商材では更に文字のフォントがありえないほど大きく、行間も非常にスペースを取っているものが多いのですが(例はこちらをご覧ください)、この商材は常識的なフォント、行間で構成されています。(文字数は全部で4000文字程度)

何が解説されているのか?

シンジケートFXシステムの手法は、ポンドドルが特定の時間において、特定の方向に向かいやすいという癖を利用します。この癖は、多少の傾向はみられるものの、日によって大きく変わりますし、これだけを根拠にトレードするには心もとないです。

そしてこの癖を利用してトレードを仕掛ける、という事になるのですが、前述したように具体的なエントリーポイントについては一切解説がありません。

せいぜいボリバンとフィボナッチを使いましょう程度のものです。どの時間軸を使うべきなのかについても解説がないのですから・・・。

つまり再現性もクソもないのです。

これで「損切り-15pips、利食い20~50pipsにしましょう」と言っても、入るポイントが分からなければ、何の意味もありません。

嘘だらけのセールスレター

さて、再度この商材のセールスレターを見ると、購入者を舐めているとしか考えられないような記述が多く見受けられます。

特に気になる部分を引用します。

?裁量トレードということでしょうか?

はい。ですが、必勝パターンに接するので何の迷いもなくストレス無しでポジションを持つことができるので、気分としては自動売買に似ています。

そんなことありません。
自動売買と言うのであれば、もっと明確なエントリーポイントを示すべきです。

 

?初心者でも実践できる内容でしょうか?

はい。私のシンジケートFXシステムは非常にシンプルで非常に明確なので初心者の方でも簡単に実践できます。

全然明確ではありません。
誰も実践できないでしょう。

 

??本当にこの手法で勝てるのでしょうか?

はい。何の間違いも無ければ勝率97%に至ります。為替の歴史が証明してくれます。

勝てません。
勝率97%を為替の歴史が証明するならばその証拠、もしくは筆者の取引履歴を出してもらいたいものです。

安いから・・・と思って買ってはいけない

黄色をバックに黒い文字で勝率97%。

黄色と黒色の組み合わせは警戒色で、ぱっと目につきやすい組み合わせですね。
更に勝率97%と書かれていたら、多くの人がクリックしてみたくなるのではないでしょうか?

しかし、甘い言葉につられて購入してはいけません。
ほとんど詐欺と言っても差し支えないレベルの酷い商材だったりするのですから・・・。

サブコンテンツ

メルマガもやっています。

このページの先頭へ