ニュートンFXはどんなレベルのトレーダーでも使える幅広さがある!

newton

物理学とかわからなくてもOK

1.実際に利益が出せるノウハウで再現性はあるのか?・・・・・7点/10点

2.コストパフォーマンスは?・・・・・・・・・・・・・・・・5点/5点

3.サポートはどうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

4.販売者の信頼性は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

5.売り文句と現実のギャップは?・・・・・・・・・・・・・・3点/5点

合計・・・・・・・・・・・・・・・・・21点!!

対象者:初心者~上級者

昨今では元ディーラー、元みずほ証券のなど、金融業界に関わった人もFX情報商材に
名前を連ねるようになっていますが、今回は「物理学者」考案のシステムのご紹介です。

その名もニュートンFX

天才物理学者のニュートンの名前を拝借した商材です。
アイザック・ニュートンと言えば、南海泡沫事件によって約2万ポンド(現在の約1億円)
の損失を被って、

「天体の動向なら計算できるが、人間の狂気までは計算できなかった」

という名言を残したことで有名です。
ニュートンは偉大な人物ですが、何故FXの商材でこの名前を使ったのか?
個人的には疑問です。

開発者のHalu氏とは?

newton2

開発者のHalu氏は「天才物理学者、物理の探究者」とレターには書かれていますが、
具体的にどのような「物理学者」としての活動をしているのかはわかりません。

物理学者として出すのであれば、出身大学、所属していた機関・研究所、論文等も
掲載してくれれば一層箔が付くと思われますが、それをやらないのは何故でしょうか?

天才物理学者」だけの肩書では面白くありませんね(笑)

どんな手法?

ニュートンFXを購入すると、購入者サイトへアクセスが出来るようになり、
そこで動画やPDF、インジケーター等をダウンロードすることになります。

推奨通貨ペアはドル円とユーロドル、時間軸は15分足となっており、
マニュアル通りにインジケーターをチャートにセットするとこのようになります。

newton3

基本はシグナル型のチャートになるわけですが、マニュアルでは
3段階のステージでトレード手法を解説しています。

ステージが上がるごとにトレードの難易度も上がり、裁量の適応範囲も広がります。
各ステージについてご説明していきます。

ファーストステージ(順張り手法)

ファーストステージでは、チャート上に出るシグナルに従ってトレードします。
ルールはこの通りです。

newton4

newton5

シグナルが出たらすぐにエントリーするのではなく、指値注文を入れて
レートがそれに達したらエントリーとなります。

利確目標も損切り値も明確なのでロット計算もしやすいのが良いですね。

ただし、損益比は1:1ですので勝率が5割以上でないと負けてしまいます。
私が客観的に検証した結果、勝率60%くらいでしょうか。
無裁量にしては上等だとは思います。

また、シグナルだからIFO注文を入れてほったらかし・・・のように思えますが、
注文をキャンセルする条件等もありますので、発注後もチャートを見ておく必要があります。

セカンドステージ(レンジブレイク手法)

セカンドステージはレンジブレイクを狙う手法です。
このステージではチャート上に出現するシグナルは利用せず、メインチャート下の
オシレーターであるUPDPBarとローソク足を利用して仕掛けます。

newton6

セカンドステージでは、ファーストステージからは少しチャート設定を変更する必要が
あります。慣れれば大丈夫でしょうあ、なかなか面倒ですね。

しかし私個人としてはセカンドステージのブレイク狙いは良い手法だと思います。
レンジより生じるブレイクを狙うための条件がしっかりしていますし、ブレイクを狙う
にしては結構高勝率です。

サードステージ(トレンド逆張り手法)

サードステージは行き過ぎたトレンドからの逆張りを狙います。
ここでもセカンドステージと同じく、チャート上に出るシグナルは無視して、
ローソク足とオシレーターを使って仕掛けます。

newton 7

この手法もなかなか面白い発想で、上手くいくと大きく取れますね。
特に1時間足の押し目を狙ったりするのに応用するとかなり使えそうです。

レベルによって使い方を変えられるのは良い

以上のように、ニュートンFXではトレーダーのレベルによって3つのステージが用意
してあります。

ファーストステージはシグナルに従うだけですが、セカンド、サードになるにつれて
徐々に裁量が入ってきます。裁量と言ってもかなり再現性は高いので、しっかりと検証
すれば問題ないでしょう。

また、どのステージでもエントリーする時点で損切りポイントが明確になっているのも
この商材の良いポイントだと思います。しっかりとしたリスク管理が可能です。

逆に少し不満な点としてはドル円とユーロドルのみが推奨通貨ペアということですね。
ただし、3つの手法を使いこなせるようになると、2つだけでも十分チャンスはあります。

シグナルが好きな人から、裁量でトレードしたい人まで幅広いトレーダーを満足させられる
商材だと思います。


⇒ニュートンFXのセールスページを見てみる。

このブログからの購入者特典!

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

tokutensho

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。

⇒ニュートンFXのセールスページを見てみる。

このページの先頭へ