チャートマスターの赤本FXはどんなだ?(レターレビュー)

akahon2

FX情報商材、FX塾の草分け的な存在である「チャートマスター」による新しい
商材が販売されました。その名も赤本FX

赤本と言えば学生時代にお世話になった人もいるかと思います。
FXの教科書・参考書という位置付けだと思いますが、悪くない名前ですね。

販売元のチャートマスターと言えば、塾の質や商材のサポートには定評がある一方で、
ダーティーなことをやって金融庁から業務停止命令を受けた過去があります。

過去の事件やチャートマスターの「顔」である根崎氏についてはこの記事
取り上げました。ご存じない方は是非ご覧ください。

さて今回の商材はいつもと違って、セールスレターに根崎氏の顔が一切出てきません。
代わりに出ているのがチャートマスター副社長の笹田喬志氏

今までは表に出ず、サポートに徹していたようですが、
満を持して今回の商材発表となったようです。

手法としてはスキャルやデイトレではなくスイング。
スイングトレーダーの私としては気になっているところです。

ではレターレビューをしていきたいと思います。

笹田喬志(ささだ たかし)氏とは?

前述したように、笹田氏はチャートマスターの副社長です。
チャートマスターの講師・スタッフ紹介のページを見ると、会社設立にも携わって
いるようです。2013年まではブログも書いていました。

トレードの実績はセールスレター内に表示していありますが、凄い実績です。

akahon5

しかし、記載されている期間は2015年8月後半から9月上旬まで。

この期間はチャイナショックで市場が一方的に動きましたので、
トレンドに乗れれば誰でも勝てた・・・と穿った言い方もできます。

こういった時期では大きく勝つ人とと大きく負ける人の両極端に
なりやすいですね。

関連:8月中盤からの円高トレンドで一部の投資家が大ダメージ!

一時期だけではなく、見せるのであればもう少し長い期間の
実績を見せて欲しいかなと思いますね。

どんな手法か推測してみる

チャートマスターと言われたらPAチャートを連想する人は多いでしょう。

しかし近年ではMT4を使って取引する商材を販売する方針に変えたようで、
月課金式のPAチャートは必要ないようです。

さて、どんなところを狙っていくかと言うと、このようなポイントだそうです。

akahon4

トレンドの初動を狙う方法であり、逆張りでもあります。
具体的なルールについても伏字を入れながらもレター内で解説しているので、
そこからどう狙っていくのかを推測したいと思います。

1.押し目や戻りの無い一方的なトレンドを見つける。

「押し目や戻り」が無いトレンドか否かは、フィボナッチを利用して判断するようです。

 

2.高値の切り上がり、安値の切り上がり」を確認する。

ここではダウ理論を利用するのでしょうか。
トレンド転換を見極めるためのセオリーでもあります。

 

3.反発を確認してエントリーする

伏字から推測するに、反発してきたかどうかを決めるのもフィボナッチのようです。
以前、チャートマスターに通っていた人からも聞いたことがありますが、
この会社は「フィボナッチ」をよく利用する手法を提供するそうです。

 

以上をまとめると、特に大きな押し目や戻りの無い、一方的に動いたトレンドからの
逆張り手法ではないかと考えられます。

少しFlashZone FXと似ているかも・・・と思いました。

利確については言及されていないので何とも言えませんが、これで勝率85%だそうです。
この数字は誇張されているように感じられますが、いかがでしょうか?

先行販売は4月25日まで

赤本FXは4月25日まで先行販売中で、価格が24,800円とお安くなっています。
以降は値上げのようです。

中身もそれなりに充実していますね。

akahon6

定期的に笹田氏がどんなトレードをしたのか、そのトレードポイントの解説
までやってくれるとこの商材の価値も上がりそうですが、サポート期間が3か月
ということを考えると、それは無さそうです。

⇒赤本FXの販売サイトを見る

このブログからの購入者特典!

このブログより手法に関する情報商材(インフォトップ、インフォカートの商材のみ)
を買われた方を対象に超豪華な購入特典を無料でお付けしています。

特典にはAとBの2種類があり、どちらかを選んでいただく形となります。
各特典の内容につきましてはこちらをご覧ください。

必ずご確認ください

このブログからFX情報商材をご購入される際は、購入確認画面に
下の画像のように「紹介者からの特典」が表示されるか必ず確認してください。

tokutensho

そして、特典Aか特典Bのどちらかのラジオボタンをチェックされた上で
商材のご購入をお願いします。

⇒赤本FXの販売サイトを見る

サブコンテンツ

メルマガもやっています。

このページの先頭へ