儲けているシステムトレーダーのエピソード

system2

私はもう長いこと裁量トレーダーとして取引を続けています。

たまに「正太郎さんはシストレとかはやらないんですか?」

という質問をもらうこともあるのですが、私は自分で考えながら
トレードしたいというポリシーのようなものがあって、それを
貫いています。

いや、あまりシストレに興味がないという方が正解なのかもしれません。

しかし、シストレは「勝てない」と言うつもりはありません。
実際にシストレで大きな利益を出している兼業トレーダーの方を
知っていますので。

今回は、その方のエピソードを紹介したいと思います。

兼業システムトレーダーNさんのエピソード

system

システムトレーダーNさんは、8個程のEAを同時に稼働させて自動売買を
しています。

半分は購入したものらしいですが、残りの半分は自分で制作したもの。
元々プログラマーという職業だったため、シストレの敷居は高くなかった
そうです。

彼は、8つのEAを同時に稼働させて、1ヶ月ごとにパフォーマンスを
チェックして、賞味期限が切れたと思ったものを新しいEAと交換する
というスタイルを長く続けています。

彼曰く、
「1つや2つ程度のEAだけで儲けるのは厳しい。
やっぱり5つ以上は同時に稼働させてやらないと安定はしないね。
あ、当然エッジのあるEAじゃないとダメだから。」

エッジがあるEAを選択するのは当然ですが、彼がEAを選定する際に
どんなにエッジがあっても使わないと決めているものがあるそうです。
それが、

・ナンピン・マーチン型
・スキャルピング型のEA

その理由は非常にシンプルで、どんなにバックテストのデータが良くても
大きな損失を孕む可能性が非常に高いからだそうです。

ナンピン・マーチン型がダメなのは当然として、短期間のトレードを
繰り返すスキャルピングも突発的な動きで想定外のマイナスになることが
多く、結果的に損小利大の1時間足以上で稼働するEAが結果的には安定しやすく、
EAとしての寿命も長い傾向にあるとのことです。

彼の話を聞いていると、シストレの難しさや大変さを実感します。
どのタイミングでEAを交換するか、ロットを変えるか等、システムトレード
であっても、使う側の「裁量」が必要なことには変わりありません。

シストレは簡単に儲かるという考えは捨てたほうが良いでしょうね。

このページの先頭へ