Futuro FXの解説書を作成しましたので配布します!

当ブログの人気記事の一つに、無料インディケーターであるFuturo FXをご紹介した記事があります。

先が見通せる?ネットで見つけた面白いインジ「Futuro FX」

改めてFuturo FXについてご説明しますと、これはチャートの右側に将来の値動きの予測を表示してくれる「ぱっと見テクニカル」なインジです。

チャートにFuturo FXを設定し、条件を満たすと、上のチャートのように予測領域が表示されます。チャートを見ると、黄色のバーは上向き、赤色の帯もどちらかと言えば上向きの予測をしています。

その後の実際の動きがどうなったかと言いますと、下のチャートのような動きになりました。

このケースでは当たっているのではないでしょうか?
もちろん毎回必ず当たるわけではありませんが、非常に面白いインジです。

このFuturo FXの予測の仕組みは、現在のチャートの値動きと過去のチャートの値動きの中から相関の高いパターンを複数探し出すことにあります。

チャート分析の土台となる考え方は、「同じ値動きを繰り返す」ですから、現在の動きと過去の動きの中で相関のある動きを求めるのは妥当な考えだと思います。

Futuro FXは、過去の中で最も相関の高かったパターンの先の動きを黄色いバーチャートで示し、相関のあったパターンの平均的な動きを赤色の帯で示しています。

Futuro FXについての予想外の反響

以上が基本的なFuturo FXの考え方ですが、昨年にFuturo FXを紹介する記事を書いて以降、読者の方から様々な意見を頂きました。

特に多かったのが、「凄いツールなのは分かるけど、使い方がよくわからない」、「解説書がついてるけど英語で書かれている」という内容でした。

残念なことにFuturo FXは日本語の解説が全くないために、戸惑う方が多かったようです。
そこで、私が英語版の解説を翻訳しつつ、私の考えを交えながら新たに解説書を作成しました。

解説書には、Futuro FXのダウンロード&インストール方法から各表示の意味、パラメーターの設定方法および使用方法まで詳しく網羅しています。

 

少し応用的な利用方法ですが、Futuro FXでは将来の予測表示に標準偏差(ボリバン)等も表示させることが可能です。

実際にいじってみると、かなり高性能なツールであることが分かります。
他にも色々な表示が可能ですし、ローソク足が1本進むごとにチャート画像を保存してくれるスクリーンショット機能も備わっています。

これらの応用的な設定方法につきましても、しっかりとまとめております。

(Futuro FXはMT4で動きますので、裁量トレード練習君で表示させることも可能です)

Futuro FXの解説書の配布方法につきまして

Futuro FXの解説書は、私のメルマガに登録されたかたに無料でプレゼントしたいと思います。(既に登録されている方にはダウンロード先のURLをメールしています)

Futuro FXを使ってみたい!と思われる方は登録をよろしくお願いします。

このページの先頭へ