10月が良く動く月って本当?検証してみた。

invest

少し遅れてしまいましたが、10月4日は投資の日でした。

語呂合わせで「とうし」となるわけですが、私はなかなか良い時期に投資の日がやってくるものだなと感心してしまいました。

その理由は、1年の中でも10月と11月は比較的相場が良く動く時期だからです。
これから投資やトレードを始めようと思う方にとっては、秋のシーズンは丁度いい時期だと私は思っています。

しかし、これは私の経験則に依存する意見で、実際に秋のシーズは他のシーズンと比較してどれだけよく動くものなのか?という疑問が生じました。

「気になったらすぐ検証!」
これが私のトレードにおけるモットーですので、早速過去のデータを利用して秋のシーズンの動きについて検証しました。

検証内容

■目的
1年の中で、10月、11月は本当によく動くのかどうかを調査する

■検証通貨ペア
ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円

■検証方法
月足データを用いて、各月でどれだけの変動率だったのかを求める。
これを2005年から2015年までの10年分行い、各月の平均を求めグラフ化する。

※変動率の算出方法は、(月の高値-月の安値)÷始値とする

検証結果

各通貨ペアにおける10年平均の月別変動率は以下の通りとなりました。

usd

eurusd

eurjpn

gbpusd

gbpjpn

最後に、今回調査した5つの通貨ペアの平均です。

zen

考察

同じ通貨ペアでも年によってバラつきもありましたし、10年平均で見ても通貨ペアによってグラフの波の形、変動率自体も大きく違いますが、全体の傾向としては6月から8月は落ち込む時期、10月から1月まではよく動く傾向にあると言えるのではないでしょうか?

また、他にもこの検証から分かる事として以下の点が挙げられます。

・ドルストレートよりも合成通貨であるクロス円の方が変動率が高い。
・月足の変動率で見ると、12月の変動率も高い水準にある。

ドルストレートよりもクロス円の方が変動率が高いのは当然ですね。

例えばユーロ円はユーロドルとドル円の2つの通貨ペアの動きの影響を強く受けますから、両方が同じ方向に動いた時は必然的に大きな動きになります。

一方で12月の変動率が高い水準になるのは意外でした。

1日単位の値幅は小さいイメージが大きいのですが、流動性が低下している時に一気に動くこともありますし、クリスマスが終わって大晦日までもよく動きますから、そういったことが要因で高い変動率になっているのでしょう。

今回作成したグラフは、各通貨ペアにおいて、毎月の戦略を立てる際に役立つと思います。

よく動く月は頑張って、そうでない月は程々にしておいて・・・と緩急をつけてトレードをしていく事も長くトレーダーとしてやっていくためには必要なことかもしれませんね。

サブコンテンツ

メルマガもやっています。

このページの先頭へ