通貨以外でも表示できる?MT4で個別株を表示させてみよう!!!

mt44

MT4は非常に優れたチャートソフトです。
使いやすさ、表示性はトップクラスと言ってもいいでしょう。
その上、世界中のトレーダーやプログラマーが開発したインジケーターやEAまで
表示できるのですから、一度使い始めたら離れられません。

しかし、MT4で表示できるのは基本的には通貨ペアのみ。
CFDのブローカーによっては日経平均やダウ平均などの指数まで取り扱うところも
ありますが、個別株等までは表示できないのが現状です。

私は株取引もやるので、MT4で個別株が表示できれば・・・と常々思っていました。

突然ですが、下のMT4で示したチャートは何の銘柄を示しているでしょうか?

kabu1

このチャートはなんでしょうか?
価格が通貨とは思えないですよね?

これは、最近燃費表示不正をした三菱自動車(7211)の株価をMT4に表示させた
ものです。通常ではこんなことは出来ないのですが、とあるやり方を実行することで、
個別株のチャートもMT4で表示できるのです。

しかしこれが出来るのはあくまでもオフライン状態でのみ。
リアルタイムで個別株のチャートをMT4で表示させることはできません。

そのためデイトレードには使えないかもしれませんが、日足を使ったトレードならば、
前日までの個別株の日足をMT4で表示させて様々なインジを表示させて分析する、
といったことが可能になります。

今回はそのやり方について解説していきたいと思います。

なお今回の記事は「おすすめMT4インディケーター集で楽勝FX~日経225~バイナリ」
というブログの個別株のMT4表示方法!株でシステムやインジケーターを活かし儲ける!
と言う記事を参考にさせて頂きました。

必要なものと手順の流れ

■必要なもの

・MT4(できればインストールしたての新しいMT4)
・株式データ:こちらより任意の銘柄・時間軸のデータをダウンロード
秀丸エディタ:有料ソフトですが、無料で使えるお試し期間があります。

 

■簡単な手順

1.MT4をオフライン化し、既存のヒストリーデータを削除する。
2.株式のデータをMT4用に変換する。
3.株式データをMT4にインポートする。

では詳しく解説していきます。

1.MT4をオフライン化し、既存のヒストリーデータを削除する。

■MT4のオフライン化

まずは新しくMT4をインストールします。(今回はFXTFのデモでやります。)

MT4が立ち上がったら、メニューバーのツール⇒オプションをクリック。

kabu2

「サーバー(S)」、「ログインID」、「パスワード」の欄に適当な文字を
入力し、「プロキシサーバーを有効にする」にチェックを入れます。

kabu3.1

こうすることでMT4が通信ができなくなり、オフライン状態となります。

 

■既存のヒストリーデータの削除

次に、MT4のメニューバー⇒「ファイル」⇒「データフォルダを開く」をクリックします。

kabu4

データフォルダが出てきたら、「history」⇒「サーバーの名前の付いたフォルダ」を
クリック。(FXTFの場合はGAINCapitalJapan-Demoとなっています。)

フォルダをクリックすると「○○.hst」というファイルがあるので、
それらをすべて削除します。(画像の赤い四角で囲ったのファイル)

kabu5

以上が終わったら、一度MT4を閉じてください。

2.株式のデータをMT4用に変換する。

まずはこちらより任意の銘柄・時間軸のデータをCSV形式でダウンロードしてください。

今回は三菱自動車の日足でやっています。

kabu6

次に秀丸エディタをダウンロードし、先ほどのCSVファイルを秀丸エディタで開きます。

上部に出てくる株式データ以外の列(「銘柄、日付、始値・・・」などの文字が
表示される列)は必要ないので削除します。
下の画像の青い部分です。

kabu7

 

次に秀丸エディタ上で「ctrl」+「R」キーを押すと「置換」のウィンドウが出てきます。

kabu8

ここで、以下の操作を行います。

1.「正規表現」のチェックボックスにチェックを入れます。

2.「検索」に以下をコピー&ペーストします。
  ([0-9]{4})-([0-9]{2})-([0-9]{2})

3.「置換」に以下をコピー&ペーストします。
\1\.\2\.\3\,00:00

最後に「全置換」をクリックすると、MT4で読みこめるデータとなります。

最後にデータを保存します。
ファイル名はMT4で表示される通貨名にしてください。

kabu11

3.株式データをMT4にインポートする。

先ほど作成した株式データ(CSV)をMT4に入れていきます。

まずはMT4のメニューバーの「ツール」⇒「ヒストリーセンター」をクリック。

手順1ですべてのデータを削除したのでデータは表示されません。

kabu10

今回はUSDJPNのところに、三菱自動車のデータをインポートします。
日足データなので「日足」のところをクリック⇒インポートをクリック。

 

kabu12

手順2で作成したCSVファイルを読み込ませます。

以上が完了したら、新規チャートからUSDJPNを表示させると三菱自動車のチャートが
表示されます。

kabu1

最初は少し大変ですが、慣れると簡単です。
日足の場合、毎日更新されますので継続する場合は直接ヒストリーセンターから
手入力するのが一番簡単です。

このやり方の利点・欠点

最後に、MT4で個別株を表示させるやり方のメリット・デメリットをまとめておきます。

利点
・MT4で使えるインジを株式チャートにも使える。
・MT4で日足分析ができる。
・MT4で個別株のデイトレの練習ができる(次回解説します)

欠点
・リアルタイムで表示することは出来ない。

MT4だけで表示できる、とあるインジがあれば株でも勝てるのに・・・と思っている方、
MT4で個別株のチャート分析をしたい方には是非お勧めします。

このページの先頭へ