勝ち組に這い上がった人の言葉

854e611c8d22f28602d193aca8ebb3f3_s

こんにちは。正太郎です。

先週の土曜日に、トレーダー仲間と会ってきました。
その方は、元々私の塾の生徒のAさんです。

Aさんは、FXで生活費の補填が出来れば・・・という理由で塾に通われて
いたのですが、気づけば退職前に会社も辞めて現在は専業トレーダー。

彼とは私が塾のコーチを辞めてからも親交があり、定期的に会って
相場に関する意見交換をしています。
私と年は離れているものの、本当に親しい友人の一人です。

そんな彼も今は知人にFXを教えているそうで、
FXで勝つためには?という話で盛り上がりました。

ちょっとご紹介します。

 

Aさん(以下A)
「FXで勝つためには2つのことを知らないといけないと思うんですよ。
ひとつは相場のこと。もう一つが自分自身のこと。」

 

正太郎
「ほうほう」

 

A
「普通の人は相場のことについては躍起になって調べたり勉強する
けども、自分のことを全然知ろうとしない。だから、勝つのが難しく
なるんじゃないかなってね。」

 

正太郎
「そうですね、どんなにいい手法をもっていたとしても、自分の
性格に合わなければ勝てないだろうし・・・。
時間軸を一つとってもそう。
スキャルピングに向かない人がどれだけスキャルピングで勝とうと
頑張ってることか!」

 

A
「スキャルピングなんて私には絶対無理ですわ!
だって1日何回も取引したら卒倒しますもん(笑)

私も最初はデイトレで稼ぎたかったんですけど、正太郎さんの勧めで
スイングから始めて、それでスイングで勝てるようになると、
あれ、俺ってスイングが向いてるのかも・・・って(笑)
それからはずっとスイング一筋ですから。」

 

正太郎
「スイングはライバルが少ないからトレードしやすいんですよね。
僕は多くの人にスイングを勧めてるんですけど、なかなか聞いてくれない(笑)

あ、話はズレちゃいましたけど、自分の性格に合う手法もそうだし、
自分がどんな精神状態の時に失敗しやすいのか知らなかったり、
自分の精神状態を知ろうとしない人も多いですから、自分自身のことを
知らないっていうのは大きなハンデになりますよね。

 

A
「そう!私の知人もテクニカルのことばかり勉強しててねぇ。
で、「全然勝てない、こんなに努力してるのに・・・」って
いつも私に言うんですよ。

だから、言ってやったんです。東進の林先生(今でしょ)の名言を!

努力は裏切らないっていう言葉は不正確だ。
正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない

というやつですよ。(ニヤリ)

今思うと、FXで勝つための努力というのは、自分を見つめ直して、
それに合わせたトレードスタイルや手法を構築していくもの
だと思うんです。
ま、言うのは簡単で、実際は沢山時間をかけないとダメですけどねぇ。」

 

正太郎
「多分、そのことに気付けるのが、新規参入するトレーダーの2割程度で、
実際にその通りに努力し続けられるのがその中のごく僅かでしょうね。」

 

A
「どんなに綺麗事を言っても、これが現実なんでしょうなぁ・・・。」

 

 
いかがでしょうか?
トレードは努力の積み重ねです。
しかも林先生の言うように正しい方向と場所で十分にやらないと結果は出ません。
ぜひ心に留めておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ