先が見通せる?ネットで見つけた面白いインジ「Futuro FX」

7de525d86a49399c8ad2febcb77c9f26_s

ネットサーフィンをしていたら、少し面白いインジケーターを見つけました。
その名は「Futuro FX」。

何が面白いかというと、過去の値動きを参照して、現在から少し先の値動きを予測して
チャート上に表示してくれる「パッと見テクニカル」なインジだからです。

futuro6

futuro7

100%当たるわけではありませんが、結構当たる感じがします。

ダウンロード方法

まずはこちらのサイトよりFuturo FXをダウンロードしてください。
(画面下のFree Downloadをクリックします)

futuro fx

ダウンロードしたファイルを解凍して出てきたフォルダの中身はこんな感じです。

futuro fx2

チャート表示方法

使い方を説明したPDFもありますが、全部英語なので設定方法まで解説します。

 

1.「Cerbero.dll」ファイルをMT4のLibrariesフォルダの中に入れる

Librariesフォルダは、MT4を起動し、左上のファイルをクリック⇒「データフォルダを開く」をクリック⇒MQL4をクリックしたところに出てきます。

2.「FuturoFX.ex4」ファイルをMT4のIndicatorsフォルダの中に入れる

「Indicators」フォルダも「Libraries」フォルダと同じ階層にあります。

 

3.MT4を再起動させるとインジリストに登録されているので、チャートに表示させる。

 

4.このような画面が出るのでDLLの使用を許可するにチェック

futuro2

 

すると、インジが表示されます。

futuro3

Futuro FXのしくみについて

Futuro FXは、過去のチャートから現在のチャートと似たような動きを複数探し出し、
それらの情報から将来の価格を予測していきます。

tomato

将来の価格推移の予測は、黄色いバーチャートと赤い帯の2種類表示されます。

まず黄色いバーチャートは、赤枠で囲われた期間と最も相関の高い動き(似た動き)
をした過去チャートのそれ以降の動きを表示しています。

赤い帯の方は、赤枠で囲われた期間と相関のあった過去チャートのその後の動きを
平均したものを表示されています。

上記のチャートでいえば、過去に最も似た動き通りに動くならば、今後上昇する。
また、過去の似た動きの平均と照らし合わせても、下げることはなさそうだ。
・・・と考えることができます。

なかなか面白いインジである

Futuro FXは、常に将来を予測するわけではありません。
現在の動きと過去の動きが、相関の高いと判断した時のみに黄色と赤の帯が表示されます。
それ以外の時は何も表示されません。

時間軸、通貨ペアに関わらずインジは動きますので、現在の手法に何か+αしたい人には
面白いインジではないでしょうか?

そもそもチャート分析は「過去の動きは繰り返される」ことが前提になっています。
そうであるならば、客観的に現在と過去の動きとを比較してくれるFuturo FXは
使い方次第では「使える」インジになると思います。

Futuro FXについてさらに詳しく解説したPDFを作成しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ