warning

黒船再来FX、白舟誕生FX、FXリベンジャーズ、鬼ヶ島FXなどの情報商材を
販売してきた株式会社チャートマスターが、本格的に動き出して来ています。

チャートマスターは実際のセミナー、webセミナー、情報商材を販売する
金融商品取引業登録業者です。長く営業を続けていますので、ご存知の方も
多いのではないでしょうか?

私がFXコーチをしていた頃、チャートマスターの会員だった人からここの話を
聞いたことがありますが、決して悪くはない印象でした。

しかし昨年、関東財務局より株式会社チャートマスターに対する行政処分が下り、
約半年間の営業停止が命じられました。

なぜ行政処分に?

チャートマスターが行政処分を受けた理由を簡単にご説明します。

1.自動売買ソフトを販売した顧客に、FX取引用の海外業者の口座を開設させ、
自身の海外法人に海外業者からマージンが入るようにした。

これは外国証券業者と国内顧客間におけるFX取引を媒介する行為となりますので
金融商品取引法違反です。自動売買ソフトとはPAチャートのことでしょうか?

 

2.無登録の金融取引業者に名義貸しを行った。

無登録業者への名義貸しも言うまでもなく金融商品取引法に違反しています。

これらの違反のおかげでチャートマスターは平成26年6月6日から12月5日の
半年間、業務停止命令を受けました。

また、これよりも前に話になりますが、投資詐欺の裁判で敗訴しています。
100万円が半年で2倍にするという投資商品を宣伝したものの、
元本すら全額返済されなかったという理由で損害賠償請求されたようです。

こうやって並べてみると、かなりダーティーな会社ですね。

チャートマスターの顔は根崎優樹氏

chart

株式会社チャートマスターの顔といえば、根崎優樹氏です。
根崎優樹氏は大学中退後、アメリカのConcorde Forex GroupでFXを学ばれたそうです。

チャートマスターの方でサイトの方では、CFGのことを
投資大国アメリカの投資家育成組織の超名門」と謳っています。
さっそくCFGのサイトを覗いてみると・・・。

concorde

超名門にしてはちょっと寂しいWebサイトではないでしょうか?

また、CFGについて検索してみると、CFGについてレビューしてあるサイト
見つけました。こちらの評価ではかなり低いですね。
一部を翻訳します。

「冗談じゃない!こんな会社が存在することにビックリだ!
どこにでもカモはいるってことか!」

 

「私が今まで受けたコースの中で最悪でした。
習ったのはマルチタイムフレームとオシレーターで補助する
MAクロスオーバーシステムだけです。
ネットでもっと使えるシステムがありますよね。
価格はすごく高いのに、サポートはほとんど無い。
私にとって初のFXコースだったのですが、ボラれてしまいました。
近寄っちゃだめだぞ!」

などなど、結構辛辣な言葉が目立ちます。
ここの学校に通ったことを自慢するコメントは一つもありませんでした。

チャートマスターの販売方法は上手い

チャートマスターは商材やセミナーの売り込み方が上手です。
色々と商材も出していますが、大体は以下のパターンです。

・根崎氏の経歴紹介&自慢
・ちょっと信じられない成績が出せる手法の紹介
・しかも簡単にマスターできたとの利用者の声
・アフィリエイト報酬の高さでアフィリエイターを囲い込む。
・購入者にバックエンドのPAチャート(月25,000)を売り込む。

誇大広告と高額報酬で大勢のトレーダーを集めて、PAチャートで稼ぐという
ビジネスモデルです。クロスリテイリングと似ていますね。

PAチャートというのは有料のチャートソフトの一つで、
日本ではチャートマスターが独占販売権を所有しています。

有料だから絶対的に優れているというわけではありません。
かつてのチャートマスターのサイトではMT4を「ゴミチャート
と書いていました。
MT4がゴミレベルなら、PAチャートはもっと普及してもいいはずですが・・・。

現在のチャートマスターは「FXの乱 下克上」と「フリスタFX」というセミナーや
メールセミナーを同時にやっているようです。
どちらとも入口は無料のようですが、全部タダでというわけではないでしょう。
途中から何かのオファーが必ずやってくるはずです。

誇大広告にご注意!

チャートマスターはクロスリテイリングと同じく誇大表現が多いです。

1週間1~3回程度のトレードなのに毎月資金は1.8倍
勝率7割!リスクリワード1対10!

フリスタFXより

 

チャートすら知らないFX素人でも1年以内に億を目指す

FXの乱 下克上より

あなたはこれらのコピーを見てどう思いましたか?
グッと惹かれた方は要注意です。