アダムセオリーとFuturo FXを比較してみた

robo

先日クロスリテイリングより販売が開始された岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールですが、多くのブログで取り上げられており、未だかつてない程に「アダムセオリー」が注目を浴びているようです。

さぞやワイルダーもビックリしていることでしょう。

さて、前回の記事では「アダムセオリーとは何か?」について私見も交えて解説させていただきました。

アダムセオリーを一言でいえば「チャートをひっくり返したものが将来の値動きになる」という理論です。究極のトレンドフォロー理論ですね。

前回の記事を書いていて思い出したのですが、当ブログでは以前に「Futuro FX」という将来を予測するMT4のインジをご紹介しました。

アダムセオリーもFuturo FXも将来を予測することが出来る(と言っている)・・・。
ではどっちが優秀なのだろうか?

今回の記事ではアダムセオリーとFuturo FXのどちらが使えるのか比較してみました。

アダムセオリー vs Futuro FX

まずはアダムセオリーとFuturo FXの2つについて簡単に解説します。

■アダムセオリー

アダムセオリーは、「現在までの動きを左右反転したものを将来の予測とする」もので、Futuro FXと比較するとかなりシンプルです。

adams12

今回の比較では、MT4上で簡単に表示させるインジを利用しました。
このインジを使う事で、チャート上に黄色いバーで予測を示してくれます。
こちらからダウンロードできます。

 

■Futuro FX

私が以前たまたまネットで見つけたインジです。
futuro6

このインジは、現在の値動きが過去の動きと似たような動きをしている時のみに、過去の値動きを現在のチャートの右側に「予測」として表示します。
予測は常に行われるわけではなく、現在の動きが過去の動きとある程度の相関がある時のみチャート上に黄色の足と橙色の帯が表示されます。

こちらからダウンロードできます。

両者とも過去の値動きを参照して将来の動きを予測していることに変わりありません。
大きな違いは、過去の直近の動きを反転させているだけなのか、過去の多くの動きの中から近いものを探し出しているのか、です。

比較した結果は?

今回の検証では、2台のパソコンとMT4裁量トレード練習君を用いて過去のチャートを動かしながらどちらが優れているかを比較していったのですが、両者ともローソク足が進むたびに予測の黄色いバーが変わっていくために定量的に比較するのは無理でした。

感覚としては両者とも予測がピタリと将来の値動きと一致することは稀なのは確かです。
しかしながら将来の大まかな傾向を捉えていることはそれなりにありました。

両者を比較したチャートの一部をご紹介します。

比較例1

■Futuro FXの予測
a1

 

■アダムセオリーの予測
a2

 

■実際の値動き
a3

両者ともある程度上昇することを予測してはいましたが、アダムセオリーの方が直近の精度としては高いケースです。

 

比較例2

■Futuro FXの予測
b1

 

■アダムセオリーの予測
b3

■実際の値動き
adamb

今回のように、Futuro FXの黄色のバーと橙色の帯が一致している場合、予測が当たる可能性がかなり高いです。
一度下げてから反転の兆しを見せるところまでしか予測範囲はありませんでしたが、結構高い精度だと思います。

 

比較例3

■Futuro FXの予測
c1

 

■アダムセオリーの予測
c2

 

■実際の値動き
c3

このケースでもFuturo FXの黄色いバーと橙色の帯が一致していますが、やはり精度は高いと思います。一方でアダムセオリーは・・・ですね。

どちらかを使うのであれば、Futuro FXを使いたい!

今回、2つのインジを比較してみて、「どちらが絶対的に優れているか」の結論は出せませんでしたが、私が使うとすれば圧倒的にFuturo FXです。

その理由は2つあります。

・過去にあった動きと相関がある時のみ表示される
・黄色いバーと橙色の帯が重合している時は精度が高い

Futuro FXは使いどころが分かりやすいのが良いですね。
一方でアダムセオリーの方は使いどころは難しいですし、いつ精度が高いのかも分からないのが痛いところですね。

今回比較した2つのインジは両方とも無料でダウンロードできます。
気になる方は検証されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ